ピクシブ百科事典

神谷コウスケ

かみやこうすけ

神谷コウスケとは、「ダンボール戦機」の登場人物である。
目次[非表示]

CV:古島清孝

概要

所持LBX:ルシファー→シャドールシファー(W、烈伝)
神谷籐五郎の息子で天才LBXプレイヤー。LBX工学を学ぶために海外に留学していたが、イノベーターの切り札である灰原ユウヤが失われたために帰国した。
かなり独特な美意識を持っており、尚且つナルシストで自分が神に選ばれた男だと嘯く。

ゲーム本編では、終盤に登場しただけにあまり掘り下げられなかったが、アニメ版・漫画版ではある程度描かれている。
例)
アニメ版:初戦闘でルシファーに傷を与えたバンに敬意を称し、警備員には突き出さずに最も警戒の薄いダクトシュートから全員を逃がしている。

漫画版:バンの新しいLBXオーディーンを美しいと称し、それを言ってしまった自分を恥じて八つ当たりしている。ちなみに作者の絵柄のせいでモロ女性みたいな顔つきである。

余談だが、漫画版3巻カバー下にて女装(というか彼女のコスプレ)をしている。

続編の『W』ではスレイブ・プレイヤーにされていた。
ストーリーモードではここくらいしか出てこないが、彼に関するクエストはちゃんと存在し、風摩キリトとの究極のLBX談義は自身の美意識全開なので必見。
アニメ版ではミゼルとの決戦時にさらっと混じっている。

外伝作品『LBX烈伝』では、イノベーター事件後の神谷重工のその後が語られており、彼はクリスターイングラム社に買収された神谷重工ブランドの責任者になっている。
美意識は全く変わっていないが、かつてバンとジンが見せたアルテミス決勝戦に感銘を受けている事を吐露する(ちなみに半壊の美学はここからきている)。
一方でイノベーター時代の灰原ユウヤの様に操られるだけの存在を嫌悪しており、自身の最高傑作「エンペラーM5」を奪われ、テロの先兵にされた時は自分の手でケリを付けようとする等、自分の意志を貫いている。


ルシファー

神谷重工の技術の粋を結集して作り上げたコウスケ専用のLBX。アーマーフレームのタイプはナイトフレーム。背中の推進機は常に浮遊した状態であり、余計な重量となっていないのが特徴。



pixiv内では

コウスケに向けてー…


ネタキャラとして扱われやすく、ファンからの愛され方も他のキャラに比べ若干歪んでいる傾向がある。それというのも、


……など、外見・性格・ネタ的にシリーズ屈指のキャラの濃さを誇っているが故であると思われる。
そんなわけで、ファンからも愛ゆえのぞんざいな扱いを受けていたりする。愛ゆえなら仕方ないかもしれないが、不快感を覚える人もいるかもしれないので、まあ何事もほどほどに。

関連イラスト

ダディー!
ダンボール戦機


三位一体!!
かみや


関連タグ

ダンボール戦機 ダンボール戦機W

pixivに投稿された作品 pixivで「神谷コウスケ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 360220

コメント