ピクシブ百科事典

ウォーリアー(LBX)

うぉーりあー

「ウォーリアー(LBX)」とは、「ダンボール戦機」に登場するLBX(Little battler experience)である。
目次[非表示]

概要

タイニーオービット社が発売した騎士型のLBX。フレームはナイトフレーム。

LBX入門用に最適なLBXで、その汎用性とカスタマイズのしやすさから使用ユーザーも多い。
ゲーム「ダンボール戦機」のOPでは、LBXが禁止になる前から出ているLBXになっている描写がある。
それもあってか根強い人気を誇っており実際、主要キャラクターの一人、青島カズヤが序盤で使用していたり、LBXプレイヤーの頂点を決める戦い「アルテミス」にもウォーリアーのエキスパートである森上ケイタが出場していたりする。Wでは、ビルニッジ天文台防衛戦で大空ヒロが使用している。
基本装備は剣「ブロードソード」と盾「ライトバックラー」、ケイタ機は棍「水月棍」と盾「オーバルシールド」を装備している。

関連・派生機体

ウォーリアー(カズ専用機)

LBX AX-00&ウォーリアー


(※画像右の機体)
青島カズヤが物語冒頭で所持していたウォーリアー。
緑色にリペイントされている他、照準機能が強化されており、射撃精度が向上している。
郷田ハンゾウとの戦いの中で、彼の駆るハカイオーの攻撃からバンアキレスを庇って破壊された。
装備は、片手銃「アサルトAR3」。

ゲーム版『ウォーズ』では、ウォータイムのとある場所でのフラッグ制圧ミッションでマップ上の敵を全滅させる事によって、そのマップの増援として出現する。
……しかし、これが全くのノーヒントであり、同作におけるLBXの全機コンプリートを阻む要素のひとつとなっている(他には、黄カラー版のサラマンダーもコンプリートを阻んでいる)。

ウォーリアーSP

ゲーム版にのみ登場。
上記のカズ専用ウォーリアーをベースとしているが、機体性能が大幅に強化されており、迷彩模様が追加されている。

グラディエーター

ウォーリアーをベースに装甲を強化したLBXであり、アーマーフレームのタイプはブロウラーフレーム
そのフォルムから絶賛するプレイヤーもいれば、ウォーリアーに比べて機体のバランスが悪いと苦言を呈すプレイヤーもいるなど、ウォーリアーと比べると賛否両論な機体。
エジプト破壊~ハンター入手までの期間、北島店長から貸し出される形でカズが所持していた。
ゲーム版においては、よびだしバトル・ランキングバトルで北島店長が使用してくる。
また、ゲーム版『ウォーズ』には、セカンドワールド仕様の「グラディエーター・ミリタス」が登場している。

ソルジャー

ソルジャー


『BOOST』以降のゲーム版にのみ登場した、ウォーリアーの正当な後継機。
機体性能の向上は勿論の事、デザインの変化やマントの追加によって、非常に騎士らしい外観へと生まれ変わった。
基本装備は、剣「煌剣オーラブレード」と、盾「オーラバックラー」。

バスター

バスター


W』にて登場した、オメガダインによるウォーリアーのカスタム機。
詳細は個別記事参照。

BCライアン

LBX BCライアン


ゲーム版『ウォーズ』及び『LBX烈伝』にて登場。
仮想国「ハーネス」が上記のバスターをさらにカスタムした機体。
詳細は個別記事参照。

装甲娘』において

適合者の本名は「アラヒナ ユウカ」(CV:細野雅世)。旧版、ミゼレムクライシス版共に登場している。詳細は『ウォーリアー/アラヒナ_ユウカ』を参照。

その他、関連・派生機体のLBXも装甲娘には、

がいる。詳細は適合者の個別記事参照。

立体物

『ダンボール戦機カスタムアップLBX』シリーズのフィギュアにラインナップされているものの、プラモ化はされていない(武器だけならキャンペーン製品として水月棍やカスタムウェポンでブロードソードが立体化されている)。
その代わり、本機をベースにしたバスターがプラモ化されている。

余談

ダンボール戦機』の海外版にあたる『Little Battlers eXperience』では、ウォーリアーは「Trooper」、ソルジャーは「Wildcat」という名称になっている。

関連タグ

ダンボール戦機 LBX ナイトフレーム 青島カズヤ 森上ケイタ 大空ヒロ

関連記事

親記事

ナイトフレーム ないとふれーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウォーリアー(LBX)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1205

コメント