ピクシブ百科事典

ウォーリアー(LBX)

うぉーりあー

「ウォーリアー(LBX)」とは、「ダンボール戦機」に登場するLBX(Little battler experience)である。
目次[非表示]

概要

タイニーオービット社が発売した騎士型のLBX。フレームはナイトフレーム。
LBX入門用に最適なLBXで、その汎用性とカスタマイズのしやすさから使用ユーザーも多い。
ゲーム「ダンボール戦機」のOPでは、LBXが禁止になる前から出ているLBXになっている描写がある。
それもあってか根強い人気を誇っており実際、主要キャラクターの一人、青島カズヤが序盤で使用していたり、LBXプレイヤーの頂点を決める戦い「アルテミス」にもウォーリアーのエキスパートである森上ケイタが出場していたりする。Wでは、ビルニッジ天文台防衛戦で大空ヒロが使用している。
基本装備は剣「ブロードソード」と盾「ライトバックラー」、ケイタ機は棍「水月棍」と盾「オーバルシールド」を装備している。

ちなみに、主人公のLBXと頭パーツ、腰回りが瓜二つだったりする。設計図を送ったのは山野バンの父親、山野博士であるが一応開発した所は同じタイニーオービット社なので、設計図を送ってきた山野博士の粋な計らい、もしくは流用であろう。

少し似ているアキレスとの関係(考察)

ウォーリアーとアキレスがよく見れば同じところがあるのは、こう考えることもできる。
山野博士はLBXの開発に初めから加わっていた。
だが、ネオテクノロジー・サミットに行くための飛行機が墜落事故を起こしたあとイノベーターの元に連行され、協力されられることになった。
しかし、最初はイノベーターのやり方を信じていたが、海道の本心を知り、不審な行動をするようになってきたイノベーターのやり方に疑問を持った山野博士は、独自でLBXを制作することにし、エターナルサイクラーの設計図と共に(後のアキレス、AX-00)息子に託すことにした。
だが、また一からLBXを作るのは時間・コストがかかり自分の考えもイノベーターにバレる可能性がある。しかし、前述のネオテクノロジー・サミット用にウォーリアーなどの初期のLBXの設計図を持っていった可能性がある
そこから、ウォーリアーの設計図を元にアキレスが生まれたため、体のパーツがところどころ似ているのではないか?
…という考察なのだが、いかがだろうか。

バリエーション

カズヤ専用ウォーリアー

LBX AX-00&ウォーリアー


(イラスト右側)
カズヤが最初に所持していたLBX。緑色に塗装されており、照準機能を強化することによって射撃精度を上げている。基本装備はライトガン「アサルトAR3」。
郷田ハンゾウとの戦いでハカイオーの攻撃からバンのアキレスを庇い破壊される。これによりカズヤはLBXを失ったが、後にエージェント3人組の策略により、イノベーターのLBX「エジプト」を手にした途端、洗脳されバンの前に立ちはだかる。なお、ゲームでは彼のウォーリアーを意識したかのような迷彩色に塗装されたウォーリアーSPが存在する。

ソルジャー

ウォーリアーの次世代機。
より騎士らしい外観となり、背中にはマントを装備している。
基本装備は「煌剣オーラブレード」と盾「オーラバックラー」。

バスター

バスター


設計データがオメガダインによって盗用されたLBX。
詳しくはバスター(LBX)を参照。

BCライアン

LBX BCライアン


バスターを基にしたハーネスのLBX。
詳しくはBCライアンを参照。

立体物

『ダンボール戦機カスタムアップLBX』シリーズのフィギュアにラインナップされているものの、プラモ化はされていない(武器だけならキャンペーン製品として水月棍が立体化している)その代わり、本機をベースにしたバスターの方がプラモ化されている。
完全再現を目指すなら、アキレスディードに余剰パーツ(金型の関係でアキレスのパーツが収録されている)が組み込まれているので、これと本機を組み合わせプラ板やエポパテなどで手を加え塗装するとよいだろう。

余談

ダンボール戦機の海外版にあたる「Little Battlers eXperience」ではウォーリアーは「Trooper」。ソルジャーは「Wildcat」という名称になっている。

ゲーム「ダンボール戦機ウォーズ」でも登場するが、カズヤ専用のウォーリアーはウォータイムで、とある場所のフラッグ制圧ミッションで敵を全滅させないと出現しないというLBX全機コンプリートを阻むかのような仕掛けがされている(なお、黄色のサラマンダーもコンプリートを阻むLBXの一つだったりする)。

関連タグ

LBX アキレス(LBX)

pixivに投稿された作品 pixivで「ウォーリアー(LBX)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 152

コメント