ピクシブ百科事典

Gレックス

じーれっくす

Gレックスとは、『ダンボール戦機』シリーズに登場したホビー用小型ロボット「LBX」のひとつである。
目次[非表示]

概要

レックスこと檜山蓮が、量産機サラマンダーを独自に改造したLBXであり、アーマーフレームのタイプはブロウラーフレーム

元機体のサラマンダーとの違いは、見た目で言えば真紅の機体カラーと胸部に炎を思わせる模様が追加されたぐらいだが、機体性能は格段に向上している。
後にGレックスとしても市販化されたようで、『W』ではディテクターにブレインジャックされた本機が複数体登場していたり、オタクロスが本機を大人買いしているシーンがあった(ていうかサラマンダーの売れ行き的には大丈夫なのだろうか)。
基本装備は、ナックル系武器の「バーンナックル」。

必殺ファンクションは、無数の弾丸の如く相手にラッシュを浴びせる「ガトリングバレット」。また、バンの修行の際には、お手本として、槍を手に「超プラズマバースト」を使用する場面もあった。

ちなみに、漫画版のアルテミス決勝戦では、ジャッジとの戦いで負傷したアキレス本機の右腕を装備させ、さらに本機の武器である「ドラゴンナックル」をアキレスのサブウェポンとして用意させるというオリジナルの展開が用意されている(この展開は、漫画版ではカットされていたアングラビシダスの仙道ダイキ戦にて、アキレスハカイオーの右腕を装備する展開をオマージュした可能性が高い)。

関連・派生機体

サラマンダー

LBXサラマンダー


Gレックスのベースとなった量産型LBX
そのビジュアルから高い人気を誇るが、クセが強い為に上手く扱うのは難しいらしい。しかし、ゲーム版では、量産機の中ではむしろ扱い易い機体となっている。
ちなみに、ゲーム版『ウォーズ』では、この機体の黄カラー版が、LBXのコンプリートを阻む障害のひとつとなっている

また、派生作品にあたる『装甲娘 ミゼレムクライシス』においても、「カキツ ミハル」という名前で登場している。CVは黒沢ともよ
当初は敵であるミゼレム側の人間だったが、主人公一行のハンター(ミナセ リノ)が彼女のコンプレックスを受け入れた事をきっかけに改心。その後はリノと再会する為に防衛隊で訓練を受け、川村アミ率いる「セカンドケース」の一員として再登場した。
ちなみに、ミゼレムクライシス版への変更に伴いイラストがリファインされたキャラクターの一人でもあり、旧版と比べるとミゼレムクライシス版はかなり可愛らしくなっている。
必殺ファンクションは、本家ではハカイオー・キリトカスタムが使用していた「光速拳・一閃」

破壊王G-LEX

ゲーム版にのみ登場。無印において各メインキャラクターに割り当てられた専用LBXのひとつであり、郷田ハンゾウ専用のハカイオーカラーのGレックス。

装甲娘』において

「トダ イチカ」という名前で登場(現時点では旧版のみ。ミゼレムクライシス版での実装は未定)。CVは福原綾香

関連タグ

ダンボール戦機 LBX ブロウラーフレーム 檜山蓮
水無月遥 / レッドエンジェル:外見の色合いや、格闘戦を得意としている点で共通している(ただし、あちらは足技である)。

関連記事

親記事

ブロウラーフレーム ぶろうらーふれーむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Gレックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13

コメント