ピクシブ百科事典

グルゼオン

ぐるぜおん

グルゼオンとは、『ダンボール戦機』シリーズに登場した小型ロボット「LBX」の一種である。
目次[非表示]

概要

ダンボール戦機ウォーズにて初登場。

ウォータイム中、突如として戦闘に乱入する所属不明機で構成された謎の勢力、通称「バンデット」が用いるLBXの一機。

他のバンデット所属機同様に、セカンドワールド内で運用されているLBXと異なり仮想国のエンブレムや部隊番号のマーキングは施されていない。
漆黒と赤色で彩られた装甲に、大きく張り出した主翼のような肩のパーツが目を引く、威圧感と不気味さを抱かせる雰囲気を纏った機体である。
ヘッドパーツは耳にも似た二本角が生えており、眼にあたる部分にはドットフェイサー等と同型のカメラアイが覗く。
さらに額部分には三点配置のカメラアイが備わっており、この部分は下方にスライドしてメインカメラを覆うバイザーとしても機能する。
主に所属仮想国を問わずLBXを襲撃し、戦闘不能状態に追い込んでから、貫手をボディパーツに突き入れてコアボックスから破壊しロストさせると言う破壊行為に及ぶ。
その際に前述のバイザーが稼働し、何かのデータを読み込んでいるかのような挙動を示すが、詳細は不明。

機動面では大腿部に高出力のスラスターが備え付けられており、これを用いることでライディングソーサなどの補助マシンに頼らない単独飛行が可能。汎用LBXを凌駕する戦闘マニューバを実現している。

基本装備は、マルチギミックサックの大鎌「ヘルサイス」。
両手持ちの長銃「ヘルブラスター」への変形機構を備えており、本体の地上空中を問わない高速機動と併せて遠近双方で嵐のような怒濤のラッシュで追い立てる攻撃が主な戦闘スタイル。
なお、武器種はマルチギミックサックに分類されるものの、ドットフェイサーらのように変形時のシステム音声による武器名読み上げは行われていない。

紛れもなくバンデット内での最強戦力であり、アラタ達ジェノックや他の仮想国を窮地へと追い詰める。

正体とプレイヤー 

セレディ・クライスラー率いるワールドセイバーが、セカンドワールド内での工作を行うべく送り込んだLBXの一機。

プレイヤーはロンドニア伊丹キョウジ
アーマーフレームのタイプはブロウラーフレーム
ウォータイムの度に何かしらの偽装をしながら出撃し、他の仮想国のLBXを闇討ちにしていたがセレディがエゼルダームを発足した後は転属したキョウジ共々戦列に加わっている。

グルゼオンはオーバーロード能力者であるキョウジ専用に誂えた機体である。
彼のポテンシャルに追従し負荷に耐えることのできる高性能LBXであり、爆発的な戦闘力もさることながら耐久力にも優れている。
オーバーロード発現時にも操作ラグ等の不具合を起こした描写は見受けられず、キョウジの操作へ完璧なレスポンスを返している。

その目的は、セカンドワールドの管制エリアへと繋がる「ロストエリア」への扉を開くための「パラサイトキー」を、秘匿されたLBXから奪取すること。
前述したLBXをロストさせる際の貫手による不可解な破壊方法は、内部のパラサイトキーの有無をスキャンし確認する為のものであった。

ジェノックやハーネスメンバー達に攻撃を仕掛けるエゼルダームの主戦力として大暴れし、アラタ達を何度もピンチに追い込む活躍を見せる。

が、しかし。

グルゼオン改

LBXグルゼオン改


空中要塞ドル・ガルーダでの戦いにおいてセレディから用済みと見限られ、グルゼオンはファントムの攻撃を受けて中破してしまった。
エゼルダームも敗北する中、何とか戦線離脱しコントロールポッドから逃亡したキョウジは、セレディの裏切りに対する復讐の為にグルゼオンを改修する。

修復には神威島のLBXパーツ廃棄場、通称「LBX塚」のパーツを用いており、最終決戦となるロストエリア攻防戦にてワールドセイバーの部隊を急襲する。

ヘルブラスターのバレルを下腕部に接続し、ヘルサイスのビーム刃発生器を右に、銃剣状に増設したナイフを左に装備する武器腕となっているのが特徴。
(ゲーム中では「ヘルスライサー」と呼称されている)

とてもジャンクパーツで応急処置したとは思えない程の高い戦闘力を有しており、特にその機動性はオーバーロードの使用と相俟って健在どころか強化されているようにすら見受けられる凄まじさ。

ワールドセイバー部隊をほぼ一発の被弾も無く一方的に蹂躙した上、カイトのバル・スパロスの駆るライディングアーマーに対しても防戦一方に追い込み圧倒。
ムラクのマグナオルタス相手にも終始優勢を保ち痛烈な一撃を与え、更にはジーエクスト状態のドットブラスライザーとも互角に渡り合う、まさに鬼か化け物かと言った強さを発揮している。

改修機でありながらオーバーロードの負荷にもこれと言って反動が生じたような描写が無く、グルゼオンの基本性能の高さもさることながら、キョウジの修復加工技術の高さがうかがえる。

しかしながら、最後はセレディの操るディ・エゼルディに挑んだものの、多彩なビット攻撃の前に単機では力及ばずに大破。
ロストしてしまった。
(ゲーム版ではディ・エゼルディの撃破を見届けてから戦線離脱する為、ロストはしていない)

後日談にあたるDVDの特典小説にて、捕縛されたキョウジを逃がす手引きをした美都親子により、復元されたグルゼオンが餞別代わりにプレゼントされている。


注:名称について

便宜上、ここでは「グルゼオン改」としたが、修復後のグルゼオンの名称は媒体によって異なる表記揺れが発生している。
これらは基本的には「修復後のグルゼオン」を指す名称であるので、参考として記載する。

グルゼオン改:ホビージャパンの作例記事にて使われた名称。

グルゼオンC:ゲーム中での表記名称。読み方は「グルゼオンカスタム」だと思われる(ただ、ランキングバトルでの使用時は「グルゼオン」表記となる為、便宜上の名称の可能性がある)。


グルゼオンリペア:ツイッター等でファン間の話題として度々使われる。これのみ非公式名称なので注意。こちらに倣った表記の可能性あり。

派生機体

グルゼオン・R(ライジング)


ゲーム版にのみ登場する、金色を基調としたカラーリングとなったグルゼオンの強化機体。
裏ボスバトルに登場する「最強ミノタウロス」を倒す事で、低確率でパーツを入手することが可能。

余談

本当のWar Timeはここからだ


ヘッドパーツやフレーム種別等、主人公機であるドットフェイサーと酷似したデザインであるが、その関連性は語られておらず不明。

同じくバンデットで用いられていたゴルドーとキャリパーは、それぞれマスターコマンドとデクーエースの改修機であることから、盗用したドットフェイサーの設計データを基にセレディが開発ないしは改修した可能性がファン間の推測として挙がっている。
(セカンドワールドの運営内にワールドセイバーの構成員が侵入していた情報は劇中でも語られている)


関連タグ

ダンボール戦機ウォーズ LBX ブロウラーフレーム 伊丹キョウジ ドットフェイサー

関連記事

親記事

ブロウラーフレーム ぶろうらーふれーむ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「グルゼオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21687

コメント