ピクシブ百科事典

ガンダムエクシアリペア

がんだむえくしありぺあ

ガンダムエクシアリペアとは、「機動戦士ガンダム00」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]

機体データ

分類第三世代ガンダム
形式番号GN-001RE
頭頂高18.3m
本体重量50.9t
装甲材質Eカーボン
動力GNドライヴ
パイロット刹那・F・セイエイ


概要

リペア


第一期最終話でのGNフラッグとの戦闘で損傷した後、刹那・F・セイエイによって修復されたガンダムエクシア
GNフラッグとの戦闘で突き飛ばされた頭部は回収して取り付けられているものの、スローネアインから奪取したビームサーベルで貫かれた右カメラアイは修復できずティエレンのカメラを流用して補修されており、失われた左腕はマントでカムフラージュをしているが、ソレスタルビーイングに接触できない状態が長く続いたため、殆ど修復できずそのままになっている。機体各部のGNコンデンサーも損傷してエネルギー伝達効率も落ちており武装も多く失われ、残った武装は右腕のGNバルカンと損傷し刃こぼれしたGNソードの2つのみ。とはいえ稼働そのものは問題ないようである。

コロニー「プラウド」にてアロウズバラック・ジニン率いる小隊と交戦し、アヘッドの性能に圧倒されて大破してしまうが、プトレマイオス2に回収され、GNドライヴダブルオーガンダムの右肩に取り付けられた。
エクシアリペアは後に改修と武装の最適化を経て『ガンダムエクシアリペアⅡ』となる。
このリペアⅡの存在から本機に設定上付けられた名称がガンダムエクシアリペアであり、作中では単に「エクシア」と呼ばれていた。便宜上本機がエクシア改と呼ばれる場合もあるが、改のポジションに相当するのはリペアⅡである。

GNフィールドやトランザム、及び設定上は元のエクシアの時点で使用可能であったGNドライブのオーバーブーストは劇中では使用しておらず、機体状態を鑑みると使用できるのかは不明。いずれもゲームによっては使用できる場合がある。

作中での登場シーンは2期1話の数分間のみと極めて短く、おまけにアロウズの新型機との性能差を印象付ける言わばやられ役的な立ち位置にある本機ではあるが、外連味のある姿からファンの人気は高い。

武装

GNバルカン

右腕に装備されている小型武装。作中では未使用。

GNソード

ガンダムエクシアの主武装。刃の先端が破損しており、刃こぼれしている。
刃を折りたたんでライフルモードにすることは可能であり、これを用いてオートマトンを複数撃破している。
刹那は1期作中では「射撃が苦手」と評されていたが、本機での射撃は正確であり彼の力量向上を印象付けるシーンとなっている。

ゲームでの活躍

第2次スーパーロボット大戦Z再世篇では最大で2話分のみであるが自軍で使用できる。僅かな登場機会にも関わらず専用カットイン(パイロット、機体共に)が存在している。

機動戦士ガンダム EXTREME VS.ではエクシアが一定条件下で撃破されると自動的にこのリペアになる(いわゆる復活)。発動条件及び機体性能の低下から基本的には逃げ用の形態だが、何気にトランザムやオーバーブーストをこの状態でも使用できる。MAXI BOOST ONではオーバーブーストがリペアの専用技となった。

SDガンダム GジェネレーションではOO初参戦のウォーズから登場しており、ガンダムエクシアから本機に開発可能。といっても性能は逆に低下してしまうのだが、マントを付けているモビルスーツ繋がりクロスボーンガンダムの設計材料の1つになったりする。以後の作品ではクロスボーンガンダムが設計不可となったが、クロスボーンガンダムとエクシアでエクシアリペアを設計できるのは変わっていない。

立体物

上記の通り人気の高い機体であることからか、この手の応急修理機としては立体物に恵まれている。
素のエクシア、もしくはリペアⅡ(Ⅲ)からパーツを差し替える事で再現する追加パーツとして商品化される事が多いが、その場合商品画像やパッケージにて前面に押し出されるのは大抵本機である。
またMETAL BUILDでは単独で商品化している(エクシア/リペアⅢも購入するとリペアⅡを再現できる仕様)。

関連タグ

機動戦士ガンダム00
ガンダムエクシア ガンダムエクシアリペア ガンダムエクシアリペアⅡ ガンダムエクシアリペアⅣ

関連記事

親記事

ガンダムエクシア がんだむえくしあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムエクシアリペア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 112595

コメント