ピクシブ百科事典

ジ・エンペラー

びょうさつのこうてい

この記事では、『ダンボール戦機』シリーズに登場したホビー用小型ロボット「LBX」のジ・エンペラーについて記述する。
目次[非表示]

曖昧さ回避

大アルカナのⅣ番目「The Emperor」→皇帝(タロット)

概要

海道ジンの専用機として神谷重工が開発したLBXであり、アーマーフレームのタイプはナイトフレーム
無印の序盤から中盤にかけての主人公に対するライバル機の立場に当たる。

デクーを始めとする量産機のデータを元に最新鋭の技術を以って製作された機体であり、神谷重工にとっては技術実証としての試験的な意味合いも含まれている。
多くのLBXを数秒で撃破する程のスペックを誇り、プレイヤーであるジンの異名である「秒殺の皇帝」の由縁にもなった。
しかし、ジンの卓越した操作技術にCPUの処理が追い付けなくなる事があり、アングラビシダス決勝戦ではその事が原因で発生したシステムエラーが敗因となった。
また、ホビージャパン企画の『LBX烈伝』において、2056年にはレプリカ品が市販品として流通している事が判明。往年の名機として多くのプレイヤーに愛用されているらしい。
ゲーム版では、対になる存在としてジ・エンプレスが登場している。
基本装備は、妖精女王の名を冠する鍵槌「ティターニア」。

必殺ファンクションは、ハンマーの衝撃で地割れを起こす「インパクトカイザー」

漫画版『ウォーズ』の番外編においても、ジンの愛機として登場。
バンアキレスヒロペルセウスと共に、ジェノック第1小隊相手に未だ衰えぬ実力を見せつけた。

派生機体

エンペラーM2

【ダンボール戦機】海道ジン


アルテミス編で登場した、ジ・エンペラーの改修機。
外見こそ改修前と変わらないものの、CPUをより高性能なものに換装、チューニングを施すことでジンの操作速度に追随することが可能となった。
基本装備は、ロケットランチャーを内蔵したハンマー「エンペラーランチャー」。
アルテミス決勝戦にて、バンアキレスと死闘を繰り広げた末に敗北するが、義光が裏で仕組んでいた自立稼働自爆プログラム「デストロイ」によって、アキレス諸共粉々に爆散してしまった。
この事がきっかけとなり、ジンはイノベーターを見限って祖父の元を離れた。
HIRO先生による外伝漫画『ダンボール戦機外伝』においても、暴走したトロイを止める為にジンが使用しており、シジミに「エンペラーちゃん」と呼ばれていた。

必殺ファンクションは、改修前と同じ「インパクトカイザー」。また、上述の外伝漫画では、漫画オリジナルの必殺ファンクションとして、超至近距離でエンペラーランチャーの一斉砲撃をお見舞いする「カイゼルスパイク」を使用していた。

聖騎士エンペラー

白いのエンペラー


ゲーム版にのみ登場。無印において各メインキャラクターに割り当てられた専用LBXのひとつであり、山野バン専用のアキレスカラーのジ・エンペラー。
無印では、ランキングバトルを制覇する事でショップに追加される様になる(マイナーチェンジ版の『BOOST』『爆ブースト』では裏ランキングバトルの制覇に条件が変更されており、入手難易度が大幅に上昇している)。
主題歌CDの特典としてプラモデル化された最初のLBXであり、プレミアムバンダイ限定でハイパーファンクション版も発売された。

エンペラーM3

さあ、反撃といこうか。


(※画像右の機体)
ゲーム版及び『LBX烈伝』に登場した、エンペラーM2の後継機。詳細は個別記事参照。

クリムゾンエンペラー

W』以降のゲーム版にのみ登場する、風摩キリトによるジ・エンペラーのカスタム機。
ジ・エンペラーの頭部に加え、プロトゼノンの胴体と右腕にゼノンの左腕、ジャッジの下半身が採用されており、今までのキリトカスタム機同様、機体カラーは深紅にリペイントされている。
また、キリトカスタム機共通の特徴である「24」のマーキングがプロトゼノンの背部ウイングに刻まれている。
使用しているアーマーフレームは全て旧世代のものだが、最上級のLBXにも匹敵する程の実力を誇り、「究極のカスタマイズ」の称号に相応しい、キリトの理念を象徴する存在となっている。
W』では配信コンテンツで入手可能なボーナス機体のひとつだったが、『ウォーズ』ではキリト本人の使用機体として、裏ランキングバトルに登場している。
モチーフは、おそらくオズの魔法使いの主人公「ドロシー」。

エンペラーM5

HJ6月号掲載の例の機体


『LBX烈伝』に登場した、エンペラーシリーズの最終形態。詳細は個別記事参照。

装甲娘』において

がおー!


適合者の本名は「カタクラ ソフィア」(CV:小清水亜美)。
旧版、ミゼレムクライシス版共に、メインキャラクターの一人として登場している。
チーム・アテナスの一員であり、お嬢様っぽい口調だが至って真面目な性格。年齢の割に顔が大人びている事を気にしている。
詳しくは『カタクラ ソフィア』を参照。

ACCM

装甲娘 ミゼレムクライシス』のACCM(アシストファンクション)としてジ・エンペラーが登場している。
ウェポンタイプが「ハンマー/サイス」の装甲娘に装備できる。

必殺ファンクションはプロトゼノンゼノン必殺ファンクションである「ブレイクゲイザー」を使用。
効果は、敵範囲に150%の格闘ダメージを与え、味方全体に衝属性ダメージアップを付与する。

余談

最初期のゲームPVには、本機の大元になったと思われる「エンペラー」というLBXの姿が映っているのだが、アキレスやソルジャー(後のハンター)と異なり、その姿には本機の面影すら無い(マントが付いた金色のデクーOZみたいな外見で、装備も剣と盾だった)。
数々の試行錯誤の末に大元の名前とマントだけが残り、本機に継承されたのだろうか。

関連タグ

ダンボール戦機 LBX ナイトフレーム 海道ジン ライバル
歴代ジン機:ジ・エンペラー(エンペラーM2) / プロトゼノン / ゼノン / トリトーン / デストロイ(漫画『ダンボール戦機WARS外伝』のみ) / エンペラーM3

関連記事

親記事

ナイトフレーム ないとふれーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジ・エンペラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42454

コメント