ピクシブ百科事典

トリトーン

とりとーん

この記事では、『ダンボール戦機W』に登場した小型ロボット「LBX」のトリトーンについて記述する。
目次[非表示]

概要

ダンボール戦機W』で海道ジンが使用するLBXであり、アーマーフレームのタイプはナイトフレーム

ゼノンの後継機としてサイバーランス社が開発した機体であり、今までのジンの使用機体とは一線を画す、水色中心の爽やかなカラーリングと細身のフォルムが特徴的である。
特に、CPUに内蔵されている情報処理能力はあらゆるLBXの中でも最高クラスであり、そこらのスマートフォンパソコン等は足元にも及ばない
ただし、アニメ版にて、単純なパワーに関してはゼノンに劣るという事が、ジン本人の口から明かされている。
ゼノンの時点でジンの使用機体としては完成されていた事から、後継機とはいえ完全上位互換とはいかなかったのだろう。しかし、本機も並のLBXを超えるパワーや耐久力を誇る事は想像に難くない。
また、特殊機能として、手の平から某クモ男の如く白い粘着性のゲルを放出する事が可能であり、この機能は主に生身の人間を拘束する目的で用いられている。
………しかし、エジプトの催眠術同様、何だか薄い本のネタにされていそうな設定である(あちらは実際にネタとして使われていたが)。
モチーフは、ギリシャ神話の登場人物「トリトン」。海神ポセイドンの息子としても知られている。

基本武器は、錨型のハンマー「シーホースアンカー」。こちらも今までのジン機が使用していた鍵槌とは大きく異なるデザインだが、高い攻撃力は健在である。

必殺ファンクションは、高圧の水流を放出する「オーシャンブラスト」
他にも、劇場版では、ゲーム版の無印でジンジ・エンペラー(エンペラーM2)が習得していた「グランドウォール」を使用しており、ゲーム版をプレイしていたファンに対するちょっとしたファンサービスとなっている。

ちなみに、ゲーム版『ウォーズ』でジンに本機を使わせると、当時の戦いを懐かしむ様なセリフを発する。

派生機体

キャプテントリトーン

LBXキャプテントリトーン


(※一番右の機体)
ゲーム版にのみ登場する、山野博士のカスタマイズによって大幅に強化されたトリトーン。
頭部を中心にかなり海賊要素の強い外見となっており、両肩には推進力増強の為のブースターが搭載されている。
基本装備は、シーホースアンカーを強化した「シーロードアンカー」。

海賊王トリトーン

こちらもゲーム版にのみ登場。黒中心のカラーリングとなったトリトーンの強化機体。
水中戦に特化したカスタマイズが施されており、『ウォーズ』の裏ランキングバトルでは、まさかの伊丹キョウジが使用している

装甲娘』において

装甲娘


本名は「クルミサワ アイ」。CVは桑原由気
かなりのドジっ子であり、飼育しているエンゼルフィッシュの「キララちゃん」を可愛がっている。
ちなみに、ミゼレムクライシス版ではゼノンよりも先に実装されている

必殺ファンクションは、本家と同じ「オーシャンブラスト」。単体攻撃なので若干扱いづらいが、本家には無い全体回復効果が追加されている。

余談

その名前から、某ウミウシを思い浮かべた人も多いとか。

いけ!!トリト……?…ん?



関連タグ

ダンボール戦機W LBX ナイトフレーム 海道ジン 伊丹キョウジ 白くべたつくなにか
歴代ジン機:ジ・エンペラー(エンペラーM2) / プロトゼノン / ゼノン / トリトーン / デストロイ(漫画『ダンボール戦機WARS外伝』のみ) / エンペラーM3

関連記事

親記事

ナイトフレーム ないとふれーむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「トリトーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49515

コメント