ピクシブ百科事典

エンペラーM3

えんぺらーえむすりー

エンペラーM3とは、『ダンボール戦機』に登場したホビー用小型ロボット「LBX」の一つである(メイン画像右)。
目次[非表示]

概要

イノベーター事件の裏で神谷重工が秘密裏に開発していたLBXであり、アーマーフレームのタイプはナイトフレーム

エンペラーM2の設計思想を引き継ぎつつ大幅な改良を加えた機体であり、あちらが海道ジンの専用機として演算処理能力の向上に特化していたのに対し、こちらはコアスケルトン「AX-03」の使用を前提にしており、外装の強度や一部デザインが見直されている。
しかし、海道義光の暗殺によりイノベーターは崩壊し、開発プロジェクトは凍結された。
基本装備は、先代ジ・エンペラーを踏襲したハンマー系の武器「D・D・D」(ただし、LBX烈伝では、プラモデルがM5とのコンパチキットである都合上、オリジナルのジ・エンペラーと同じティターニアとなった)。

必殺ファンクションは、相手の動きを封じた上でハンマーの強烈な一撃を御見舞いする「ジェノサイド・クロス」

作中での活躍

ゲーム版では初期の頃から登場していたが、メディアミックス作品に登場したのは公式外伝『LBX烈伝』から。
イノベーター崩壊後、クリスターイングラム社に吸収合併された神谷重工LBX部門が、エンペラーM5開発の過程として当時の設計図をサルベージし、2056年になってようやく完成する。
その後、後継機のエンペラーM5がテロ組織「ワールドセイバー」に奪われた後、ワールドセイバーへの対抗策として神谷コウスケから海道ジンの手に渡り、以降ジンの機体として活躍する。

物語の終盤、M5の戦いの中で機動力不足を課題としたジンの手により、デュアルアクセラレイターを搭載していたマグナオルタス(法条ムラクのものとは別の機体)のパーツを組み込んだ強化機体「エンペラーM3カスタム」として生まれ変わる。
デュアルアクセラレイターは凄まじい機動力を生む反面安定性に欠けるのが欠点だったが、そこはジンの卓越した操作技術で十分にカバーしている。
最終決戦では、コウスケシャドールシファーと共に、エンペラーM5を撃破した。

関連タグ

ダンボール戦機 LBX ナイトフレーム 神谷コウスケ 海道ジン ジ・エンペラー

関連記事

親記事

ジ・エンペラー じえんぺらー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エンペラーM3」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86

コメント