ピクシブ百科事典

檜山蓮

ひやまれん

檜山蓮とは、レベルファイブのメディアミックス作品『ダンボール戦機』の登場人物の一人である。
目次[非表示]

「バン、お前と出会えて良かった……ゲームオーバーだ」

概要

CV:東地宏樹

ミソラ商店街の喫茶店「ブルーキャッツ」のマスターを務める、28歳の男性。
伝説のLBXプレイヤー「レックス」としての一面も持っており、ブルーキャッツの地下で開かれる非公式のLBXバトル大会「アングラビシダス」を主催している。
また、過去に山野淳一郎博士の助手を務めていた事があり、イノベーターに拉致された際は、AX-00を持ち出した石森里奈よりも先にイノベーターの研究所から脱出していた。
同じく山野博士の助手で、ブルーキャッツの常連でもある宇崎拓也とは親友に近い関係であり、彼が設立したシーカーの一員として、共にイノベーターの脅威に立ち向かっている。

伝説のプレイヤーと呼ばれるだけあって、LBXの操作技術は非常に高いものであり、山野バン必殺ファンクション「超プラズマバースト」をレクチャーしたり、郷田ハンゾウに稽古を付ける事もあった。

LBXバトルの世界大会「アルテミス」の2050年大会では、郷田とタッグを組んで参加するも、予選決勝で海道ジンに敗北。
この時、ジンに「何故本気を出さなかったのか」と問われており、それに対して本人は「全力で戦っていた」と否定していたが、真偽の程は不明。

使用LBX

Gレックス

Gレックス・サラマンダー発売祈願


タイニーオービット社の量産機「サラマンダー」をベースに、徹底的なカスタマイズが施されたLBX
詳細は個別記事参照。

物語終盤

この先、無印のストーリーに関する重大なネタバレがあります。


















































君は幻影の焼け跡を見る


「こんな病んだ世界に、何の価値がある」
「俺の家族は、この腐った世界の犠牲になったんだ」

18年前、彼の父親は大勢の死傷者を出した大事故の責任を海道義光に押し付けられ、失意の内に死亡(実際は義光を始めとする政府側に責任があった)。
さらに、上記の事故を原因とする世間のバッシングを避ける為、一家離散していた事が判明する。
以降、父親を死に追いやり、家族をバラバラにした義光への復讐心を密かに宿し続け、本編のアルテミス決勝戦直後に義光を暗殺、復讐を成し遂げる(アルテミスの予選決勝でわざと負けたのも、おそらく義光を暗殺する為)。

しかし、義光について調べていた途中、「管理戦争」という世界の闇を知った事で、義光は世界に蔓延する歪みのひとつに過ぎなかったと悟る。
これにより、元々抱いていた"世界そのもの"に対する憂い・憎しみが増幅し、その結果、義光アンドロイドを影武者にしてイノベーターを(事実上)乗っ取り、「サターンでA国Nシティの世界国家首脳会議会場を襲撃し、世界の指導者達を駆逐した後に、世界に向けてメッセージを送る」という計画を企てる様になる。

その病気はきっと治せる


だが、最後は自らの弟子でもあるバンに敗北、山野博士の指示によるサターン自爆プログラムの起動によって、彼の野望は完全に断たれた。

その後、サターン内部で死を迎えようとするもバンに助けられ、自分がしたかった事や、世界に伝えようとしていたメッセージについて語る。
下記に記載しているが、この時彼が語ったメッセージの内容は、『ダンボール戦機』シリーズの中でも屈指の名言として名高い
そして、脱出直前にバンだけを脱出させ、自身はサターン内部に残り、自爆するサターンと共に雲の中へと消えた。

因みに、上記の回想の中でがいる事も判明しており、続編の『ダンボール戦機W』では……?



使用LBX(真)
イフリート

イフリート(ダンボール戦機)


無印のラスボスとして登場。
彼が十数年に渡って心に宿し続けた、怒り・哀しみ・憎しみを具現化したLBX
炎を纏う特殊モード「I(インフェルノ)モード」や、プレイヤーの感情を理解し自立稼働を行うCPU等、従来のLBXの常識を逸脱した機能を搭載している。
詳細は個別記事参照。

イフリート改

憎しみの炎は何度でも燃え上がる


ゲーム『BOOST』『爆ブースト』の裏ボスバトルで使用。
イフリートに酷似したシルエットを持ち、攻撃パターンも同じだが、機体性能は格段に上昇している。
また、同作の「LBXずかん」ではメーカー不明(通常のイフリートはレックスのハンドメイドと記載)となっており、未だに多くの謎が残る存在。

レックスのメッセージ

「人は獣にあらず。人は神にあらず。
 人が人である為に、今一度考えるのだ。
 人とは何かを……何をするべきかを……」

「賢くなり過ぎた人間は、この世の全てを管理し支配しようとする。
 まるで神であるかの様に。
 大きな力を手に入れた人間は弱者を喰らい、どんな残酷な行いも厭わない。
 まるで獣であるかの様に。
 進歩し過ぎた人は、人である事を、いつの間にか忘れてしまったんだ。
 俺は世界の人々に考えさせたかった。
 人はどうあるべきか、人が人である為の真実の姿を……」

余談

ゲーム版と比較すると、アニメ版では顔周辺の骨格がかなりの骨太状態で描かれており、作画差の激しいシーンでは年齢が一回り違って見えるので、比較してみるのも面白いだろう。

尚、レックスが嘆いていた「管理戦争」については、無印で多少の説明こそされど、その詳細までは明かされる事は無く、二作目の『W』においても、特に追加の情報がある訳では無かった。
しかし、「管理戦争」そのものかは不明だが、三作目の『ダンボール戦機ウォーズ』にて、為政者たちに管理された戦争が登場。
実際に戦うのはLBXなので無益な血は流れないとは言え、真相を知らない中高生達に実在する国の命運を握らせるというのは、本質的に言えば少年兵と何ら変わりの無いものであり、挙句の果てには目的の為なら非人道的な行為を厭わない輩が台頭してくる始末である。
……もしもレックスが生きていたならば、彼らが起こした神威島事件を、さらにその先に待つものを見て、一体何を思ったのだろうか?

関連動画



関連タグ

ダンボール戦機 ラスボス 哀しき悪役 Gレックス イフリート 山野バン 山野淳一郎 宇崎拓也 郷田ハンゾウ 海道義光 Dr.マミー

関連記事

親記事

ダンボール戦機の登場人物一覧 だんぼーるせんきのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「檜山蓮」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「檜山蓮」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 527362

コメント