ピクシブ百科事典

目次[非表示]

檜山蓮は、メディアミックス作品「ダンボール戦機」の登場人物。担当声優は東地宏樹

概要

ミソラ商店街に店を構える喫茶店「ブルーキャッツ」のマスター。28歳。
宇崎拓也と共に山野博士の助手をしており、石森里奈より先にイノベーターを脱していた。
LBXプレーヤー「レックス」としての顔も持っており、裏バトル「アングラビシダス」の主催者も務める。
その操作技術はとても高く、郷田バンに稽古を付けてあげたほど。

ちなみに本作登場人物の中でもゲームとアニメの作画差が特に顕著なキャラであったりする。
アニメではゲームの顔グラおよびゲーム内アニメーションよりも顎や鼻などの骨格が相当な骨太状態で描かれており、特に作画差の激しいシーンで比較してみると一回り近く年齢が違って見えるほど。
また彼の回想からがいることも発覚している。

使用LBXはGレックスイフリート

物語終盤(ネタバレ注意!)

彼の父親は18年前に海道義光に大事故の責任を押し付けられ失意のうちに死亡、さらには世間のバッシングを避けるため一家離散したことが判明する。
海道義光に復讐するため、シーカーVSイノベーターの構図を作り上げ、アルテミス決勝戦直後に海道を暗殺することに成功する。
復讐自体は完遂するが海道を調べている途中「管理戦争」という世界の闇を知ってしまい、海道は世界の歪みの一つに過ぎないと悟る。これにより元々あった世界への憎しみが増幅、A国Nシティの世界国家首脳会議会場をサターンで襲撃、世界の指導者を駆逐し、世界の指導者がなくなった後にメッセージを送るという計画を企てる。
シーカーVSイノベーター最終決戦時サターンコクピットでのバンとの死闘の末敗北、愛機イフリートの破壊やサターン自爆プログラムにより野望は完全に断たれた。
サターン内で死を迎えようとするがバンに助られ、自分がしたかったことについて語る。この時語られる彼が世界に送ろうとしたメッセージは名言中の名言
サターンからバンと共に脱出する直前バンのみを脱出させ、自身はサターンに残り、自爆するサターンと共に雲の中へ消えた。

ちなみに続編である『W』では彼の妹が本格的にストーリーに関わってくる。

名言

レックスが世界に伝えたかったメッセージ。

「人は獣にあらず。人は神にあらず。
 人が人であるために今一度考えるのだ。
 人とは何かを……何をするべきかを……。」

「賢くなり過ぎた人間は、この世の全てを管理し支配しようとする。
 まるで神であるかのように。
 大きな力を手に入れた人間は弱者を喰らい、どんな残酷な行いもいとわない。
 まるで獣であるかのように。
 進歩しすぎた人は、人であることを、いつの間にか忘れてしまったんだ。
 俺は世界の人々に考えさせたかった。
 人はどうあるべきか、人が人である為の真実の姿を……。」


関連タグ

哀しき悪役 ダンボール戦機

関連記事

親記事

ダンボール戦機 だんぼーるせんき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「檜山蓮」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 499986

コメント