ピクシブ百科事典

CPU

しーぴーゆー

中央演算処理装置(Central Processing Unit)の略。コンピューターのエンジン。
目次[非表示]

コンピューターにおける中心的な処理装置(マイクロプロセッサ)。各種演算、メモリへのデータアクセス、各種出入力機器へのデータの出し入れといった処理を行う。

CPUといえば自作PC向けに単体販売されているパソコン向けCPU(インテル・AMDが製造販売しているx64系)のイメージが強いが、世の中に存在するCPUの大半は単体製品としては存在しておらずメモリや各種周辺LSIなどを統合したMCU(マイクロコントローラ)として、さまざまな機器に組み込まれている。マイクロコントローラ向けCPUとしてはARMが圧倒的に強く、したがって世の中のCPUの大多数はARMの系列に属する製品が占めている。

最近のパソコン用CPUではシステムコントローラ(ノースブリッジ)やグラフィックコントローラ(GPU)も一緒に集積されていることがある。

有名どころ一覧

CPUなどのマイクロプロセッサを自社で生産しているのはインテルのみであり、他は全て製造を他社に委託している(ファブレスメーカー)。

汎用

AMDパソコン・サーバー向けを中心にx64に特化
インテル現在はほぼパソコン・サーバー向けのx64で圧倒的シェアを誇る。過去にはi960などのRISCプロセッサやARM互換製品などを販売していた
IBMPowerPC・POWERシリーズ。現在はIBMのサーバ機のほか、PS3Wiiなどの据置ゲーム機が採用。PowerPCはAppleMacintoshのために開発された。(現在のOSXはx64専用だが)
サン・富士通SPARCシリーズ。Sunのワークステーションやサーバー機にてよく使われている
ARM組み込み用途におけるベストセラーCPU「ARMアーキテクチャ」を手がける。長らく組み込み市場に特化していたが、最近汎用市場に復帰。非常に優れた電力効率を武器にサーバへの採用が始まっている


モバイル機器

ARMスマートフォンを含む携帯電話の大半に採用。またiPadなどのタブレットの多く、GBA以降の任天堂の携帯機やPlayStation Vitaなど、現在のモバイル機器のほとんどのCPUがこれである。性能が高い割に消費電力が少ないのと、製品に合わせたカスタマイズ性に優れており、1990年代末から出荷数が急増。2011年には70億個、2015年には148億個のコアが販売され、世界で最も売れているCPUシリーズとなっている
MIPSWindowsCE機やPS2PSPなど
インテルAtomシリーズ。ARMやMIPSより消費電力が多いので積極的に採用されることは少ないが、x64なのでWindowsタブレットで使われることがある


マイクロコントローラ

ARMもともとパソコン用だが、1990年代以降多くのメーカーへのライセンスビジネスを展開しており、市場の大半を占めている
FreescalePowerPCシリーズ、ColdFire
日立製作所SuperHシリーズ(SH-3,SH-4)。カーナビ、ワンセグ受像機などによく使われる。過去にはドリームキャストセガサターン、小惑星探査機はやぶさなどが採用していた
インテル8051シリーズ。昔はMPUだったが、現在はLSI内組み込み用によく使われるようになった。ビット演算の多い用途によく使われている


過去の製品

レトロPCなどに搭載された。互換品が組み込み向けに今でも生産されている場合がある)

ザイログZ80シリーズMSXPC-6001/PC-8001/PC-8801
モトローラMC68000シリーズ過去にX68000等に採用。現在はFreescaleとしてスピンアウトし、組み込み向けのPowerPCシリーズなどを手がける
モステクノロジー6502シリーズ互換品がファミコンPCエンジン
Intel80486i486)シリーズ過去にPC/AT互換機PC-9801/PC-9821シリーズ等
注:表内の企業については設計データなどのライセンス販売している会社や、現在では分社化・その部門のみ別メーカーとして合併しているところ、既に買収されたところがある。

関連タグ

コンピューター パソコン

pixivに投稿された作品 pixivで「CPU」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40903

コメント