ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

X68000

えっくすろくまんはっせん

1987年に発売されたシャープのパソコン。およびそのシリーズ。X68Kと略されることもある。
目次 [非表示]

概要

夢を、超えた。

X68000ロゴ

シャープのテレビ事業部が開発したパソコン。シャープは「パーソナルワークステーション」を称した。


「パソコンテレビ」X1の後継機。発売前年の1986年に発表され、その高性能で衝撃を与えた。CPUは当時のMacintoshより高性能な68000/10MHz。当時としては卓越したグラフィック性能が一番の売りで、メインRAMは1MB、VRAMは512KBの(当時としては)大容量であった。国産のホビー色の強いマシンとしては異例とも言える高級機(本体369000円+モニタ129800円)だったが、それでもその性能を考えると破格の安値であった。


同時代のアーケードゲームとパソコンの表現力の差は大きくアーケードからの移植は四苦八苦していたのだが、X68000はアーケードと同等かそれ以上の機能で、初代に同梱されていたSTGグラディウス』(コナミ)のアーケード版の再現度は衝撃的なものであった。本体の斬新な「マンハッタンシェイプ」スタイルも通産省のグッドデザイン賞を受賞するなど評価が高かった。


またマウスで操作できるビジュアルシェル(のちにウインドウシステムであるSX-Windowに移行)を標準搭載していたのも当時としては新鮮であり、ビジネスマシンとしても充分高機能であった。しかしこの方面ではシャープの社内的事情(X68000を企画したのはテレビ事業部であり、ビジネス機器を製造する情報システム事業部が別に存在していた)から積極的な展開はなされなかった模様で、PC-9800の牙城を崩すには至らなかった。


苦難の歴史

シャープが発売時に打ち出した「5年間はハードの基本仕様を変えない」という方針が災いして、1990年代に入ると性能の陳腐化が進んだ。それでいて価格も高いままだったので、新規ユーザーもほとんど入ってこなくなった。他機種に移行するソフトハウスも相次ぎ、ユーザーは苦難の道を歩んだ。


転機は1989年、富士通が32ビットのi386搭載のFM-TOWNSを発売したこと。この時点でX68000はCPUをi386と同世代のMC68030に換装した高性能機(のちに発売されたX68030に相当)を出していればそれなりに戦えたであろうが、ようやく1991年に16MHzモードを追加したのみである。


1993年、最初で最後のアーキテクチャ刷新が行われ、MC68EC30を搭載したX68030シリーズに移行した。しかし、すでに市場の主力はi486/MC68040であり、次々世代の初代Pentium・PowerPCへの移行が見えている状態では、勝負にはならなかった。X68030のグラフィックスは初代X68000のままで高性能なCPUの足を引っ張っていたし、光ドライブも未搭載(サードパーティーからは外付けのCD-ROMドライブが出た)、FDDも5インチが主力と、あらゆる部分が時代に取り残されていた。しかもハードディスク80MBで定価48万8000円と、ホビー機としてはとびきり高価だったのである。しかも 従来機用のソフトのほとんどがまともに動かないなど互換性に大きな問題を抱え 「たしかに従来機より速いが高くて使いづらい中途半端な機種」であることは否めず大きな話題になることはなかった。


こうして秋葉原がWindows95フィーバーに沸く1995年には、マニア向けショップの片隅にひっそりと佇むだけの存在になっていた。大方のPCマニアにも「お前まだいたの!?」状態だったという。そして1997年ごろ、人知れずその歴史に幕を閉じた。


その後

市販のパッケージソフトが出なくなった後にも熱心なユーザーや専門誌「Oh!X」が残り、雑誌投稿、パソコン通信、即売会やソフトベンダーTAKERUなどを通じた活動は結構長く続いた。

この辺の事情は廉価ながら同じくホビー向け機種のMSXに近い。また両方のユーザーだった人も少なくないようだ。


2000年にはIOCS(BIOS)やOSの「Human68k」が公式に無償公開された。

市販ソフトの中にも無償公開されたものもあり、またオンラインのフリーソフトウェアフリーゲームの数も多いため、ユーザーでなくても合法的にエミュレータ環境で遊べる貴重な環境になった。


現在でも中古で実機が出回っているが、シリーズ共通の問題として電解コンデンサの液漏れによるショートの多発(使用していた電解液が経時劣化に弱い4級塩だったことによる)がある。これが起こると電源ユニットや最悪本体基板の焼損につながる。市場流通している中古品も同原因による不動品やなんらかの不調を抱えているものが大半であり、購入時は注意のこと(ただし修理方法は確立しているため修理そのものは可能。修理を請け負う業者や個人も存在する)。


そしてその30年後…


時を、超えた。

2022年12月3日には『株式会社 瑞起』により小型化版『X68000 Z HACKER’S EDITION』制作のためのクラウドファンディング開始、3300万の目標設定で募集開始数時間で目標達成し実際の開発がスタートし、2022年12月末より出荷。(クラファンについてはその後も募集がつづけられ最終、2023年1月29日の終了時で354,190,718円支援人数6627 人を集めた)

その後クラファン支援者向けの『X68000 Z EARLY ACCESS KIT』が2023年3月28日より出荷。


さらに一般販売向けとして、チタンブラックを模したBLACK EDITIONがAmazonで2023年6月8日に予約開始し2023年9月28日発売開始になっている。


なお、発売開始直後は 搭載エミュレータの完成度が高くなく多重スクロールやラスタースクロールなどの一部の特殊な画像処理の不調やADPCM音声の再生の異常など問題が出ていたが、発売後のアップデートにより徐々に完成度を上げ改善されつつある。

 また、原型機にあった外部ストレージの接続対応については実デバイスの接続は不可能だが、USBメモリなどに書き込まれたSCSIディスクイメージをマウント可能とする形で発売後の2023年10月リリースのアップデートにより実装された。





主なタイトル

ダンジョンマスター

アークスオデッセイ

超連射68k

サンダーフォースII


関連タグ

レトロPC パソコン シャープ X68030 MSX FM-TOWNS PC-88VA

レトロゲーム TAKERU

グラディウス T-DRAGONQUEST


Steins;Gate - 登場人物の一人、橋田至が所有しており、作中でとあるアイテム操作のためのPCとして使用される。もっとも本作に登場するものは橋田至が魔改造しているため生き残っているのはほぼ外見だけのようだが。

関連記事

親記事

レトロPC れとろぴーしー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 409913

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました