ピクシブ百科事典

目次[非表示]

コンデンサーよりもコンデンサの方がタグの使用数が多いが、これは、工学分野では、外来語の最後の長音符を記載しない慣習があり、分野・時期・企業などにより対応が分かれているためである。かつてJISの表記規格では、一定の基準で長音符を省略していた(省略しなくとも誤りというわけではない)。

概要

コンデンサ【condenser】とは、一時的に電気を貯めることができる部品(ただし英語では、この意味ではキャパシタ【capacitor】と呼ぶのが一般的)。
周波数が高くなるにしたがって電気が通りやすくなる(実際は構造上の上限がある)ので不要な雑音を短絡させて逃がしたり、コイル抵抗器と組み合わせるなどして周波数帯を制限する部品としても使われている。
カメラのフラッシュなどにも使われている他、非伝導体は全てコンデンサとも言えるので
高圧電線の電線間の空気、電線と地面の間の空気、プリント基板の線と線の間にすら存在する。
この「コンデンサー効果」と呼ばれる性質()を利用した機器に、コンデンサーマイクがある。

コンピュータのクロック数を引き上げる際に、このコンデンサー効果が障害になることもある。

余談

セラミックコンデンサ、マイカ雲母)コンデンサ、マイラ(ポリエステル)コンデンサ、電解コンデンサなどなど多数の種類がある。

コンデンサのうち、 電解コンデンサには極性があり、誤ってプラスマイナスを逆に挿したまま電圧をかけるとコンデンサが壊れるか 最悪破裂するダメ。ゼッタイ。

逆刺しはいかんのですよ。(仮)

Ka~BoooooooM



補足

・・・「浮遊容量」や「寄生容量」と呼ばれ、これが問題になる場合は回路図上に点線や注釈書き付きでその個所に描かれている。

関連タグ

電子部品 コンデンサーマイク ダイオード IC 妊娠 トランジスタ キャノンボール
コンデンサー表記揺れ

外部リンク

「コンデンサ」の検索結果 - Yahoo!検索(動画)

pixivに投稿された作品 pixivで「コンデンサ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29863

コメント