2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

キャノンボール

きゃのんぼーる

"Cannonball"。原義は「大砲(Cannon)の弾((Ball)」で、弾丸に例えられる要素の名前に用いられる。
目次[非表示]

曖昧さ回避

"Cannonball"は英語で「大砲(Cannon)の(Ball)」を意味し、弾丸のように破壊力を持つ、または高速な物象に命名される。

キャノンボール




『鋼鉄戦記C21』『Cosmic Break』のロボット

ふゆキャノンボール

キャノンボール



外見は戦車に似ている…というか、戦車そのもの。
丸っこい外見の為か、愛用する人も多い。

が接続できない代わりに内蔵武器を二つ搭載しているという、ちょっと変わったロボ。
腕が接続できない為まともな武器が使えず、両方とも微妙な扱いを受けている。

鋼鉄戦記C21

初期で手に入るロボとしては非常に高い威力のボムとそこそこの性能のハンドガンを内蔵している。
安く購入も簡単だがパーツごとに特化した面がある為、無課金者、課金者ともによく使う事が多いロボ。
ちなみに内蔵武器がビーム系のものに変更された「レーザーボール」が存在する。

Cosmic Break

序盤、砲戦以外を選んだ時にイベント支給される砲戦ロボ。
C21とは武装が違いヒートガンと連射可能なバーストミサイルを搭載しているが、どれも微妙で使いづらいのであまり使われる事はない。というか性能があまりにも低すぎて使われない。
公式のWEBコミックで主人公として登場した事がある。

MARVELコミックのキャラクター

力の限り、毎日 落書きマーベルぷちます風 その160
えっくすめーん

(ゴーグルを付けた男性)

1982年の『Marvel Graphic Novel #4』にて初登場した、若手のミュータントで構成されるチーム「ニュー・ミュータンツ」の一員。

能力

体から高熱のエネルギーを発し、ロケットのように高速で飛行する。
飛行中は「ブラストフィールド」というあらゆる攻撃を受付けないバリアを発生させており、集中すればこちらのみ展開も可能。

最初は脚からエネルギーを放出するだけだったが、その後全身のどこからでも出せるようになり、手から発することで近距離攻撃にも応用できる。

また、不死のミュータント「エクスターナル」と言及されたこともあるが、真相は不明。

人物

本名:サミュエル・"サム"・ガスリー(Samuel Zachary Guthrie)。
能力に目覚めたころ、当時「ヘルファイヤークラブ」の一員だったドナルド・ピアースにスカウトされて「ニュー・ミュータンツ」と敵対するが、逆にチームに加入した。

同期のロベルト・ダ・コスタ / サンスポットとは仲が良く、後に一緒にアベンジャーズに加入している。
また実家は鉱山経営で、10人いる兄弟姉妹のうち5人が同じくミュータント。

実写版

演:チャーリー・ヒートン、吹替:高橋英則

高速移動能力がクイックシルバーとモロ被りするためか、機会になかなか恵まれず、2020年の映画『ニュー・ミュータント』でようやく登場。
鉱山にて誤って父親たち同業者を死なせており、能力の制御に難儀している。

関連タグ

弾丸

関連記事

親記事

弾丸 だんがん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 84090

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました