ピクシブ百科事典

C21

しーにじゅういち

C21とは、サイバーステップ(CSと表記されることも)が運営するMMORPGのことである。 正式名称は「鋼鉄戦記C21」。
目次[非表示]

概要

ロボットアクションRPGという珍しいジャンルのゲーム。
ロボットのパーツを自由に組み替え、冒険に出たりユーザー同士の戦闘を行ったりする。
「スキンシステム」と呼ばれる、CSゲーム共通の特徴的なシステムがあり、
使用ロボのテクスチャーを自由に編集できる。(一部編集のできないロボもあり。)
ゲームについての詳しい内容等は公式サイトや有志運営のwikiを参照されたし。

アセンブル

このゲームにおける最大の特徴として挙げられるのは、そのアセンブル=ロボット構築の自由度である。ロボットは基本的に足であるLG、胴体のBD、ブースターのBS、頭部にあたるHD、そして腕のAMが2つと全部で6個のパーツで構成されている。しかし、これはあくまで基本の話である。C21ではなんとBDの上にBDを乗せる事が可能性なのだ。そうすると当然装着できるパーツも増え、それに伴い耐久力や総火力が上がる反面、増やしすぎると様々なデメリットを産む重量も上がる。更にはHDとBDなどが一体化し複数の機能を持つパーツや、AMとBDの間やLGとBDの間に装着できるジョイントパーツという特殊なパーツもあり、その自由度はサービス開始から12年が経つ現在でも唯一無二と言える。また武器にはパーツに内蔵されているタイプと手持ちで持ち替えられるものとがあり、どちらを活かすかはそのプレイヤーのセンスや戦闘する状況によって異なる。

スキン

もう1つの特徴として挙げられるのがロボットの表面を自由に描けるスキン機能である。これは近年になって同様のシステムを持つロボットゲームが出現してきたが、C21はそれを12年前からやっているというのだから驚きである。スキンは機体全体を描けるが、パーツ単位で編集できるため、初心者でも気軽に手が加えられる。簡単なマークや模様から全体を描き変えオリジナルロボを作る人もいれば、平面のあるパーツに好きなキャラクターを描く人もおり、これまた人それぞれである。
(当然のことであるが公序良俗に反するものは控えよう)

ストーリー

光あるところに闇あり。

闇あるところにまた光あり。


ざっくりと説明するとプレイヤーは「新生天使軍」の一員となって、平和な「コズミック・ルネッサンス」宙域に現れた侵略者「悪魔軍」を撃退しようという話である。これだけ見れば単純な勧善懲悪であるが、これに古代文明や惑星に住まう原住民など様々な要因が重なり、骨太なストーリーとなっている。更にロボットというジャンルにおいて望まれる様々なロマンも網羅しており、巨大兵器巨大戦艦巨大防衛機構、高速移動する列車兵器悪堕ちロボなどなどあらゆる要素が詰め込まれている。近年では序盤のダンジョンに奥地が発見されたりプレイヤー側で大流行したアセンブルを基にした強力なボスが現れたり、サービス歴が長いオンラインゲームならではの展開を見せている。

その他

pixiv内では、イラスト作品以外にも上記のスキンを施したロボのスクリーンショットの投稿も見られる。
コズミックブレイクはC21と姉妹作にあたる作品。
よって同じロボが登場することがあるのでイラストによっては両方のタグが付く場合がある。

関連タグ

鋼鉄戦記C21 サイバーステップ
コズミックブレイク ロボ ロボット

pixivに投稿された作品 pixivで「C21」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 272616

コメント