ピクシブ百科事典

Intel

いんてる

インテル(Intel Corporation)とは、アメリカ合衆国の半導体メーカーである。
目次[非表示]

※他の用例は「インテル」を参照。

Intel Corporation

1968年創業の大手半導体メーカーアメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララ(シリコンバレーの一角)に本社を置く。日本拠点はつくば市に置いていたが、2016年に閉鎖した。

パソコン向けCPUをメインに、マイクロプロセッサメーカーとして説明不要の存在。自作PC派にはフラッシュメモリマザーボードのメーカーとしても知られている。

初期はDRAM製造をメインの事業としていたが、1980年代に日本企業の攻勢により撤退した。

代表的なブランドはPentiumシリーズCeleronシリーズ、Coreシリーズ、Xeon(一般消費者向けではなく、サーバーワークステーション用)シリーズなど。日本法人のキャッチコピーインテル入ってる」が有名で、このフレーズは英文のIntel insideに訳されて全世界的に使われることになった。

1990年代から2000年代に半導体技術の最先端を走っていたのはパソコンのCPUであり、そのトップメーカーであるインテルは設計部門と製造部門の双方で世界トップレベルの技術を持っていた。近年の半導体業界では、設計を行う企業(ファブレスメーカー)と製造を行う企業は別々なのが一般的だが、インテルは頑なに自社設計・自社生産にこだわることも特徴だった。しかし、後述する半導体業界の地殻変動を背景に、2010年代に入ってからは半導体製造請負(ファウンドリ)事業にも乗り出している。

2020年現在の半導体製造に関しては2014年に導入した14nmプロセスにとどまっており、最先端プロセスの導入では業界トップを走る台湾TSMCに水をあけられている状態である。これは、最先端の半導体がパソコンのCPUではなく、GPUスマートフォンのシステムチップに投入されるようになった業界の動きに乗り遅れたのが大きい。モバイル向けには10nmプロセス製品も投入しているものの、供給不足のため未だ主軸となるには至っていない。
だが配線密度では今も尚他社の追随を許さない技術力を発揮しており、14nmプロセスも最適化を進めて14nm+++まで改良していることもあり、他社の7nmプロセスに劣らぬ性能の製品を開発している。

2020年より、最新の第11世代Coreプロセッサの展開を開始している。

しかし上記のようにIntel自身の自社製造に固執するあまり、2016年から自社製品の供給過少とAMDのZenアーキテクチャ投入とがマトモにかち合ってしまい、今までのガリバー寡占(1社の販売力が強すぎて他社が市場に影響を与えられない状態)をAMDにひっくり返され、一時期PC用CPUの7割をAMDに握られしてまう。その後、第11世代Coreプロセッサに移行したことで8割弱まで取り戻した。

だが、生産ラインの稼働率が低下し苦しむことになった挙げ句、ファウンドリ事業でライン稼働率を維持するため、まさかのAMDプロセッサの製造請負というIntelにとって屈辱的な状況にまで追い込まれてしまっている。

CPUについてのこぼれ話

  • 社是に Risk Taking(冒険)というものがあり、中道的な設計を嫌い、極端や徹底を好むと考えられている。現行の手法が効果的でないと結論すると、現状に改良を加えるという中間解を選ばずに、全面的な方針転換を行うことが多い。現在でこそ世界一のCPUメーカーだが、過去の新製品をみると失敗作の方が多く、変態企業の一つに数えられる。
  • CPU単体で実数演算に対応したのは80486から。(廉価版のi486SXは搭載しているものの出荷前に無効にしてある)それ以前はコプロセッサを(80x87シリーズ)増設するか、実数を複数の整数データとして処理していた。
  • パソコン用としては使いづらいことで悪名高かった8086およびその後継である80286は高い信頼性を求められる機器制御用途向けだったため、パソコン用途としてはメモリ管理が煩雑という欠点ばかりが目立つ結果となった。
    • だが、その初期の8086・80286との互換性をほっぽりだして、(FMRという下地はあったものの)最初から80386(x86-32)搭載前提で設計された富士通FM TOWNSは、本来パソコン用としてはこちらのほうが向いているだろうMotorola MC68030搭載の当時のApple Macintoshに肉薄、いやブッちぎる程の高性能を見せ、他社に「自社でこの価格でこの性能を出すことは無理」と言わせしめた。x86がパソコン用として後々までに発展していくのは、この時定まったようなものである。
      • ちなみにPC向けとは言いがたい8086がPCに次々に採用され世界的な主流となったのはだいたいNECせいで説明できる。というのも、8bitPCの時代には、8080の機能追加・上位互換バージョンとしてザイログが販売していたZ80が標準的に使われていた。この為、16bit機でもハードウェア互換性を確保して外部バス8bitの8088を使うことが多かった。IBMも当初は初代IBM PCが、開発期間が1ヶ月の突貫工事となったため、8080の発展形である8085を採用したマイクロコンピューターを開発していた関係から、すぐに手がつけられる8088を採用していた。
      • 一方、すでにOA機器としてのPCの将来性を見ていたNECは、PC-8001PC-8801までのハードウェア互換を捨てて新しいシステムを構築するため、16bitフルネイティブの8086を採用することがほぼ最初から決まっており、PCから更に一段進んだシステムとしてN5200シリーズを開発したが商業的に思い切り大失敗した。一方でその時の保険用として開発されていたのがPC-9801だった。
      • この頃、アメリカでは「16bitパソコンはビジネス機であり、カラー表示をさせる能力を割くぐらいならモノクロでいい」と考えられていた(驚くべきことにあのMacintoshも初代はモノクロである)。だが、8色カラー(後に16色)を標準搭載して発売されたPC-9801は日本のOA機器市場に歓迎され、最終的にアメリカ勢や国内の同業他社をボコボコにして日本市場に君臨した。
      • つまり、NECの怪我の功名で8086はPC用CPUとして花開いたのだ。この後、他社もカラー表示を可能にするため(68000系を採用していたMacとX68000を除き)、x86系を採用していくようになる。
  • x86の欠点はインテル自体も認識しており、パソコンやワークステーションなど性能が要求される用途にはiAPX 432、 i860、 Itanium(IA-64)など意欲的設計の新CPUシリーズをリリースしているが、その度に予想通りの性能が出ない従来のCPUとの互換性が無いという理由で大失敗を繰り返しており、結果的にインテルもAMDに追随しx86の延長線上で64bit化したx64製品を開発することとなった。
  • そのAMDには何度も煮え湯を飲まされている
    • そもそも、「クロック周波数こそパワー」と言わんばかりにAMDがPentium IIIを出し抜いてAthlon(初代、K7アーキテクチャ)で1GHzを出した。俗に言う「ギガヘルツ神話」の幕開けである。
    • これに慌てたIntelは、1.13GHzのPentium IIIの投入を急ぐが、元々パイプライン段数がK7の2/3程しかないP6アーキテクチャ(Pentium Pro~Pentium IIIと、同世代のCeleron)にとっては至難の業で、リリースに漕ぎ着けたはいいものの痛恨のTDPエラーを出してしまい回収騒ぎとなった(TDPとは熱排出量から見た消費電力、つまり冷却と電源供給の指標となる数字。エラーとはつまり仕様上の公称値が実際と異なる、基本的には実際より小さい数字を出してしまっている状態)。
    • Intelがパイプライン段数をK7アーキテクチャの倍にし、クロック周波数を上げやすくしたNetBurst (Pentium4及び同世代のCeleron、Celeron D)を投入して市場で有利になったかと思いきや、AMDはここでパイプラインバースト数を減らしクロックあたりの実効命令数(IPC)を向上させ、低発熱・省電力、さらに上記のx86-64を実装したAthlon64(K8アーキテクチャ)をリリース、まさかのAMDのちゃぶ台返しに一転窮地に追い込まれる。
      • 実はAMDの方はこの2・3年前からクロック周波数の上昇による性能向上に限界を感じ始めており、既にK7アーキテクチャの後半で方針転換を打ち出していたのだが、殿様商売ぶっこいてた当時のIntelはそれを全くと言っていいほど予期していなかった。
    • 主力商品であるNetBurstアーキテクチャ製品のロードマップをまさに一瞬にして粉砕されたIntelが、どうにか首の皮一枚繋がったのが、本来ノートパソコン向けであまり発熱量と消費電力を上げられない関係から、NetBurstよりもP6の正統進化系として近いPentium MとCeleron Mの存在だった。IntelはNetBurstを“葬り去りたい過去”にして、P6を継承したPentium Mが今度はCore シリーズへと正統発展していったのである。


関連タグ

インテル入ってる Pentium Atom Celeron IntelCore
VRAM ビデオカード
AMD NVIDIA ATI TSMC
シマノ - 別名「自転車業界のインテル」

外部リンク

Wikipedia
インテル | データセンター・ソリューション、IoT、PC イノベーション

関連記事

親記事

メーカー めーかー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「Intel」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「Intel」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58360

コメント