ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

Intel

いんてる

インテル(Intel Corporation)とは、アメリカ合衆国の半導体メーカーである。
目次 [非表示]

※他の用例は「インテル」を参照。


Intel Corporation

1968年創業の大手半導体メーカーアメリカ合衆国カリフォルニア州サンタクララ(シリコンバレーの一角)に本社を置く。日本拠点はつくば市に置いていたが、2016年に閉鎖して東京本社に集約する事になった。


パソコン向けCPUのトップメーカーとして、1980年代から2010年代前半にかけて製造・設計の両部門で業界に絶大な影響力を誇っていた。近年はファウンドリ(半導体受託製造)の台湾TSMCに製造技術で水をあけられ、宿命のライバルであるCPU・GPUメーカーAMDの他、「謎のAI半導体メーカー」ことNVIDIASnapdragonを手がけるQualcommといったファブレスメーカー、そしてAppleシリコンを独自開発するAppleなどの台頭により過去ほどの影響力はないものの、自作PCユーザーにはお馴染みの存在である。CPU・GPU・SoCのほか、フラッシュメモリマザーボードのメーカーとしても知られている。初期はDRAM製造をメインの事業としていたが、1980年代に日本企業の攻勢により撤退した。


代表的なブランドIntel_AtomシリーズIntel_Processorシリーズ、Coreシリーズ、Xeon/XeonMax(一般消費者向けではなく、サーバーワークステーション用)シリーズなど。


日本法人のキャッチコピーインテル入ってる」が有名で、このフレーズは英文のIntel insideに訳されて全世界的に使われることになった。


社風

社是に Risk Taking(冒険)というものがあり、中庸よりも極端を好む企業文化がある。現行の手法が効果的でないと結論すると、現状に改良を加えるという中間解を選ばずに、全面的な方針転換を行うことが多い。複雑過ぎて性能が出なかったiAPX 432、高クロックに特化したあまり電気ヒーターと化したPentium4など、意欲作なのだが色々とやりすぎた結果、失敗作を生み出す性向があり、変態企業の一つに数えられる。


製造部門

近年の半導体業界では、設計を行う企業(ファブレスメーカー)と製造を行う企業は別々なのが一般的なのだが、インテルは長らく頑なに自社設計・自社生産にこだわっていた。しかし、半導体業界の地殻変動を背景に、2010年代に入ってからは半導体製造請負(ファウンドリ)事業にも乗り出している。


2022年現在の半導体製造に関しては10nmプロセス(Intel7)が最先端であり、後継の7nmプロセス(Intel4)へ間も無く移行される予定。だが最先端プロセスの導入では業界トップを走る台湾TSMCに水をあけられている状態である。これは、Intelが10nmプロセスの製造に難航したこと、そしてほぼ同じタイミングにTSMCが急成長したことが原因である。

だが配線密度では今も尚他社の追随を許さない技術力を発揮しており、10nmプロセスは他社の7nmプロセスを超える性能であり、これに伴い改良版10nmのブランド名が「Intel7」という名称に変更された。


Intel_ArcはTSMC N6(6nm)で製造されており、自社生産じゃないのか?と思うかもしれないが、かつてIntelがCPU・チップセット両方に最先端プロセスを使用したらキャパオーバーになって品薄になったという過去があるので、その反省を活かして自社工場と他社工場をうまく使い分けていると思われる。

また、今後発売される予定のMeteorLakeはチップレット方式(CPUやGPUなどをそれぞれ単位で製造し、後から合体させること)が採用される予定であり、IntelとTSMCの両方の製造プロセスを混在させ、それぞれの得意分野に最適なプロセスを割り当てている。


現行の製品

メインストリーム向けCPU…第13世代Coreシリーズ(RaptorLake)

サーバー向けCPU…第3世代Xeon・XeonMaxシリーズ(SapphireRapids)

メインストリーム向けGPU…第1世代Intel_Arc(Alchemist)

サーバー向けGPU…第1世代Intel_Data_Center_GPU_Max(PonteVecchio)

クラウド向けGPU…第1世代Intel_Data_Center_GPU_Flex(ArcticSoundM)


今後の予定

  • 第5世代サーバー向けCPUEmeraldRapidsが2023年に予定されている。
  • 2023年に第14世代Coreプロセッサ(RaptorLakeRefresh)と第1世代CoreUltraプロセッサ(MeteorLake)の投入が予定されている。
  • 2023~2024年に第2世代ArcBattlemageの投入が予定されている。

関連タグ

CPU ビデオカード VRAM

Atom Celeron Pentium Intel_Processor IntelCore Xeon

コピープロテクト(開発した著作権保護技術)

インテル入ってる…キャッチコピー

インテル チック・タック…戦略の1つ


AMD NVIDIA Apple_inc. Qualcomm ARM IBM TSMC …ライバル

シマノ…別名「自転車業界のインテル」


外部リンク

Wikipedia

インテル | データセンター・ソリューション、IoT、PC イノベーション

関連記事

親記事

メーカー めーかー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81913

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました