ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

Intelから発売されている低価格PC向けCPUブランド(特定のCPUの種類を指すわけではない)。低価格のノートパソコンによく採用されている他、自作PC用も発売されている。

Intel CorePentiumの下位ブランドで、一般的なPC用途としてはローエンドに位置付けられる。自作PCユーザーなどは、インテルが用いた社内コードネームで世代を呼び分けている。

種類

P6マイクロアーキテクチャ

社内コードネーム Covington/Mendocino/Coppermine-128K/Timna(開発中止)/Tualatin-256K
PentiumⅡ・Ⅲの低価格版として発売された。Pentiumから2次キャッシュメモリを省略・削減した廉価モデルとなっている。
CPUを少し細工しただけでオーバークロックが可能となっているため、オーバークロック前提で運用するとPentiumよりも高い性能を引き出すことができる。そのため、Celeronブームとオーバークロックブームが起きた。

NetBurstマイクロアーキテクチャ

無印

社内コードネーム Willamette-128K/Northwood-128K
第1・第2世代のPentium4をベースに作られたCeleron。2次キャッシュメモリが半減されている以外はPentiumとの変わりはない。

Celeron D

社内コードネーム Prescott-V(Prescott-256K)/CedarMill-V(CedarMill-512K)
第3・第4・第5世代Pentium4をベースに作られたCeleron。2次キャッシュメモリが少なくなっている他、ハイパースレッディングは無効化されている。
動作クロックは最高で3.60GHzとなっているが、発熱もすごいので注意。

Coreマイクロアーキテクチャ

無印

社内コードネーム Value Sossaman/Conroe-L/Conroe-CL
Core2シリーズの廉価版として発売。Coreマイクロアーキテクチャ唯一のシングルコア製品で、性能は控えめ。

Celeron Dual-Core

社内コードネーム Allendale-512K/Wolfdale
Celeron初のデュアルコア製品で、Pentium Dual-Coreよりもさらに2次キャッシュメモリを減らした製品となっている。

Celeron(2010年以降)

Nehalem世代以降のCeleronは、Pentiumの下位ブランド製品で、デスクトップ向けでは最下位モデル。
デスクトップ向けは全て2コア2スレッドで、クロック数の向上で高性能化されている。
SoC向けは4コア4スレッドの製品があり、マルチスレッド性能はデスクトップ向けを超えることがある。

余談

ネット上では「セロリン」と呼ばれることがある。

関連タグ

CPU Intel
Atom Pentium IntelCore Xeon

関連記事

親記事

Intel いんてる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「Celeron」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 704

コメント