ピクシブ百科事典

ダンデ

だんで

『 ポケットモンスター ソード/シールド 』に登場する、チャンピオンの肩書きを持つガラル地方最強のポケモントレーナー。
目次[非表示]

「それでは みなさん! これからも レッツ チャンピオン タイム!」

概要

ポケットモンスター ソード/シールド』に登場する、ガラル地方ポケモンリーグチャンピオン
英語版ではLeonレオンまたはリオン)。
名前の由来は日本語・英語ともに蒲公英(セイヨウタンポポ)の英名「dandelion(ダンデライオン)」からと推察される(ライオンLionの別の言い方がLeo)。ガラル地方のモデルであるイギリスの国章に、王冠を戴くライオンの姿が描かれていることに由来したネーミングと思われる。
プレイヤーからは「ダンテ」と間違えられることも多い。
菫色のロングヘア―に金色の瞳の精悍な顔立ちだが、下睫毛がはっきり描き込まれており、顎髭がなければ幾分か童顔に見えるであろうことは想像に難くない。

通称無敵のダンデ』。10歳の頃にリーグ委員長であるローズにジムチャレンジへ推薦されリーグチャンピオンとなり、それ以降の公式戦では無敗の実力の持ち主。ユニフォームの背番号はそのまま「1」。
ライバルはガラルが誇るトップジムリーダーのキバナだが、無敵の異名通りキバナにすら10連勝している。

誰に対しても偏見を持たずに接する人柄も相まってガラルの住人たちから絶大な人気を誇っており、リザードンを相棒に「リザードンポーズ」なる構えを老若男女を問わず地方に流行らせた(主人公も完璧にコピーしている)。ハロンタウンの自宅の部屋には無数の帽子を飾っているが、多忙な為か触れた形跡が殆ど無い。
主人公のライバル・ホップとは実の兄弟の間柄で、マグノリア博士の孫娘・ソニアとはジムチャレンジを共にした幼馴染の関係。
尚、物語序盤で御三家を主人公とホップに渡す役目は彼が担っており、2人が選ばなかった残りの1匹(主人公の選んだものに有利なタイプのもの)は彼自身の手持ちポケモンとなる(後に後述の通りチャンピオン戦でこの1匹の最終進化形を手持ちとして繰り出してくる)。

如何にも完璧に見えるが、実はかなりの方向音痴
目と鼻の先にあるエンジンシティの巨大な昇降機すら見失ってしまうほどで、ホップやソニアからも心配されている。ソニアのワンパチにも度々助けられているらしく、現在でも移動に関しては相棒のリザードンがマネージャーを兼任している状態である。

服装は黄色いラインの入った帽子に剣と盾が描かれた専用のユニフォームを着用している。
また、羽織っているマントには様々な企業のロゴが刻まれている。

リザードンポーズ

「両足を軽く開き、左手の親指・人差し指・中指を立てながら腕をまっすぐ上に伸ばす」キメポーズ。左手の指はリザードンの爪に見立てていると思われる。

リザードンの リザードンポーズ!
【ポケモン剣盾】リザードンポーズ!!【ユウリVer】


フィールドで左スティックをぐるぐる回すことで主人公がその場でぐるぐる回転し、スティックの回転をやめるとゆっくり回転を止めながらこの決めポーズを取ることができる。(バシーン!というSEつき)。なお、ただのネタかというとそんなことはなく、とあるポケモンの進化に非常に重要な要素になっている。


手持ちのポケモン

※:主人公が最初に選んだポケモンによって変わる。


チャンピオンカップ チャンピオン戦


チャンピオンカップ再戦 トーナメント(クリア後)

  • ギルガルド♂ Lv70
  • ドラパルト♂ Lv68
  • ガマゲロゲ♀ Lv69 / エースバーン♂ Lv70(パターンA)
  • バリコオル♂ Lv69 / インテレオン♂ Lv70(パターンB)
  • ドサイドン♂ Lv69 / ゴリランダー♂ Lv70(パターンC)
  • リザードン♂ Lv65(キョダイマックス)



クリア後

「ブラッシータウンで キミと はじめて 会ってから ここまで
 長かったのか 短かったのか……
 バトルタワー 最高の 試合
 ダンデが 相手を させていただくぜ」

無題
rematch



主人公に敗れ、リーグチャンピオンの座を明け渡した後は、ムゲンダイナの一件により退任したローズの後任としてポケモンリーグの委員長に就任。ローズタワーを今作のバトル施設となるバトルタワーへと改築し、そのオーナーを務めることとなる。
チャンピオンという重責から解放されたからか、その姿はチャンピオンだった時よりも寧ろ活き活きとしているという。その一方で、「レッツ チャンピオン タイム!」に代わる新しい決め台詞がなかなか思い浮かばないのが悩みの種らしい。
なお、方向音痴な彼だが、流石に巨大なバトルタワーには迷わずに来れるようだ(バトルタワーのオーナーの仕事を引き受けたのも「仕事場に迷わずいけるから」というのも決め手の1つだった模様)。

施設内のバトルでも、クラスが上がるレベルの最終戦(いわゆる昇級試験)の相手として登場し、今度はチャンピオンでは無く一人のポケモントレーナーとして主人公と激闘を繰り広げることとなる。

無敵のトレーナー


なお、バトルタワー内では服装も普段のものとは異なるスーツ姿(上の画像)での登場となる。
…が、それでもあくまでキャップは手放さないようで、ポケモンに指示を送る際にも帽子を仰ぐような仕草を取る。

手持ちのポケモンはリザードン以外はトーナメントで使用したポケモンの中から毎回ランダムで選出されるが、必ずしもトーナメントと同一の個体とは限らず、場合によっては隠れ特性持ちの個体に置き換わっている場合もある(リザードンのみは例外で、「もうか」で固定)。
どの道、リザードンは必ず手持ちにおりステルスロックやいわタイプの技を覚えているポケモンがいればそれなりに楽になる。どうしても勝てないという場合は検討してみよう。

また、シュートスタジアムのチャンピオンカップ再戦にも登場することがあるが、この際はチャンピオンの時と同じ服装である(ちなみに、彼を招待するにはバトルタワーをモンスターボール級まで上げなければならない)。
服装こそチャンピオンと同じではあるが、この時には既にチャンピオンではなくなっているため、試合開始前のテロップが「ポケモントレーナーのダンデが勝負をしかけてきた!」へと変わっている。これを見て複雑な気持ちになったプレイヤーも多かったことだろう。

殿堂入り後にダンデ・ホップの自宅を訪れ、ダンデの部屋に入ると、「また熱いバトルをしよう」という旨の書かれた手紙と共に、ヒトカゲの入ったモンスターボールを入手することができる

おや:ダンデ


このヒトカゲは、キョダイマックス可能なリザードンに進化できる特別仕様となっており、さらにタマゴ未発見のポケモンと同様、個体値に3V補正の掛けられた強力な個体となっている。
手持ちに加えれば心強い味方となるので、ありがたく受け取っておこう。

おこられる
ダンデさん


追加DLCである『鎧の孤島』では、以前チャンピオンであった“マスタード”の元で修行を行っていたことが明かされた。そして、新たなるチャンピオンとなった主人公たちも彼の元で修行を行うこととなる。
マスタードによるとダンデも2つの塔に挑む修行を受けたのだが、ここでも方向音痴を発揮してしまい、道に迷って結局塔まで辿り着けなかったとのこと。実際、ヨロイ島は方向音痴でなくとも土地勘を十分に養えていないと道に迷ってしまってもおかしくないほど複雑な作りをしている。ダンデが塔に辿り着けなかったのも無理からぬ話であろう。
なお、主人公に敗北したことで結果的に師匠の18年間の王座保持記録は破れなかったらしい(またこのことから、少なくとも28歳よりは下であることがわかる)。

考察

発売から間もなくして、ファンの間では、ダンデは前作主人公的な存在だったのではないかという噂が立ち始めている。
その理由としては

  1. 10歳でチャンピオンになった: ポケモンの主人公は概ね10~14歳程度と設定されることが多く、ダンデがチャンピオンになった年齢は歴代のポケモン主人公の年齢設定と合致する。
  2. 幼馴染のライバル(ソニア)が居た: 本作の主人公とホップとの関係を彷彿とさせる。また、ポケモンの主人公は男の子女の子のどちらかを選ぶことができ、作品によっては選ばなかった方の主人公がライバルとなることもあった(ただし現在の時間軸ではライバルというとキバナがそのポジションである)。更に、ソニアの自宅のリビングに、ソニアのものと思しき銀色のトロフィーが飾られている事から、決勝戦でダンデとソニアが戦ったと思われ、ライバルとの決戦がラストバトルだった第1作を彷彿とさせる。
  3. リザードンを相棒として連れている: 第1世代の主人公を彷彿とさせる。ちなみにリザードンと出会った経緯は不明で、パートナーのゲットの仕方まで第1世代の主人公と同じかはわかっていない。しかし、鎧の孤島のマスター道場にてヒトカゲを除いた第1世代の御三家(フシギダネ、ゼニガメ)が貰える為、もしかしたらダンデは過去にマスター道場でヒトカゲを貰い、相棒にしていた可能性がある。
  4. 他のトレーナーと比べて明らかに所持ポケモンのレベルが高い: 殿堂入り後の主人公あるある。
  5. キャップを被っており、さらには負けると帽子で顔を隠した後にそれを投げながらポーズを決めるバトルタワーでは帽子で顔を隠して悔しさを露わにする様子も見られる)。
  6. 彼とのバトルで流れるBGMには、第1作の殿堂入り時のBGMのアレンジがフレーズの1つに使われている。
  7. ガラル地方に悪の組織が存在しない全く存在しないわけではないが): 過去作同様、チャレンジャー時代のダンデに冒険の過程で壊滅させられたためではないかという説あり。
  8. 方向音痴: ややこじつけ感はあるが、一応主人公もイベントそっちのけで街を彷徨いたり、ポケモンセンターやショップに行く等、傍から見ていれば方向音痴のように思われる行動を取ることはある。また、バトルタワーに通うようになると目的地に一人で着けるようになるのもそう見える

といった点が理由としてあげられる。

ダンデ(10)とソニア(10)の幻覚
あの頃の黄色い花たちと


このため、一部のユーザーの間では、「少年時代のダンデがガラルを冒険してチャンピオンになるまでの過程を描いたスピンオフ作品が見たい」という声も上がっている。

敢えてここで触れるがチャンピオン戦のBGMは歴代作品に於いて殿堂入り時に流れるもののアレンジ。このことが意味するのは…?

アニポケのダンデ

アニポケ新無印

CV:小野大輔

【アニポケ】ダンデ


新無印12話より初登場。ゲーム本編での人物では12話と歴代のアニポケの中では遅め。相棒は原作通りキョダイマックスに変身可能のリザードン。
最強のトレーナーとされるマスターズエイトの一人。マスターズエイト最強を決定する大会『ポケモンワールドチャンピオンシップス』にてカントー四天王杯優勝者であるワタルと決勝戦で対決。相手はギャラドスで相性不利ながらも見事勝利し世界最強の座を手にした。

試合終了後、スタジアム会場の外で野生のカジリガメがダイマックス化して大暴れし、駆け付けた先にいたサトシとキョダイマックス化したピカチュウにキョダイバンライの指示を出すよう促し、事なきを得る。
その後、サトシの強い要望を受けて彼と一線交える事になるが、チャンピオンとしての実力でサトシとピカチュウに圧勝する。
サトシの事は「若くて荒削りなトレーナーは好きだが、まだ足りない」と評しており、同時に公式戦のスタジアムでの再戦も約束するなど今後の成長に期待を抱いている。
なお、この時に貸したダイマックスバンドはそのままサトシに譲っている。
以降、このシリーズでのサトシの目標は「ダンデに勝つ」事になった。

薄明の翼

CV:櫻井孝宏

ダンデ


原作の設定がそのまま反映されている本作においては、登場人物たちの視点を通じて、ガラルのポケモンリーグにおける絶対王者として人々の尊敬を集める人物という描写がなされている。
第1話でのサイトウ戦(リザードン vs カイリキー)を筆頭に、ジムリーダーが主人公となる話数においては特に威圧感を放っており、周囲から「無敵のダンデ」がどのように見えているのかを擬似体験させられる構成になっている。
試合の中継映像、ローズの回想、プレッシャーを伴う幻影や雑誌の表紙といった間接的な登場が続き、彼自身の言葉を聞く機会は第6話エンディングを待つこととなった。見知らぬ少年が描いたという自分とリザードンの似顔絵を見て口元を綻ばせたその表情が、飾り気のない一人の青年のものであることに感じ入った視聴者もいた様子。
最終話では例によって特大の方向音痴を発揮しながらも、気難しいアーマーガアと即座に仲良くなってみせ、さらにはアーマーガアの背に乗ったまま最高速度を引き出した上で涼しい顔をしているなど、トレーナーとしても人としても非凡な一面が垣間見られる。
初対面のジョンに対して気さくに接する人柄の良さ、入院中の身である彼をバトルに誘う貪欲さ、未だトレーナーですらない少年を対等に扱う真摯な姿勢といった複雑な人間性が描かれ、その終幕はソニアからの一言によって結ばれている。
シュートスタジアムにおける強敵・キバナとのバトルではギルガルド、ドラパルト、キョダイマックスリザードンを繰り出し、目まぐるしい戦いで観客と視聴者を熱狂させた。

関連イラスト

ガラル地方最強のポケモントレーナー
Champion



関連タグ

ポケモン剣盾 ポケモンリーグチャンピオン ガラル ハロンタウン
ホップ ソニア キバナ マサル ユウリ
リザードン


  • グリーン:主人公に有利なタイプの御三家を使うチャンピオン。フシギダネを選んだ場合はダンデ同様リザードンがエースになる。
  • ククイ博士:主人公に有利なタイプの御三家を使うラスボス(チャンピオンではない)。地元での人気が高く、戦闘曲も歴代作品共通で流れるもののアレンジという点も共通している。
  • ワルダック:前座から一気にレベルが跳ね上がるラスボス。Lv50弱からの連戦だが前座で一気に5、更にコイツでまた一気に5程上がる。

関連記事

親記事

ポケモンリーグチャンピオン ぽけもんりーぐちゃんぴおん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダンデ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53889602

コメント