ピクシブ百科事典

邪藩牛次郎

じゃぱんぎゅうじろう

「デュエル・マスターズ」シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

「うっひいいいいいい、きたきたきたああああああっ!」

「なにぃ!?牛次郎のライフポイントが…上昇していく!?」

デラックス牛次郎 完成!

概要

声優志賀克也
アニメ漫画デュエル・マスターズに登場する。

とても老けて見えるが初登場時は12歳の小学生
IQ200(後に400に向上)の天才。

名前は「ジャパン(日本)を牛耳ろう」という意味から来ているか。
一人称は「オレ」「ぼく」「ぼくちゃん」「ぼくちん」。
笑ったり攻撃を受けたりすると、べらっ!べららっ!とよく分からない声を出す。

元々ツッコミどころ満載の漫画ではあるもの、どこまでも卑劣・卑怯なキャラクターであり、読者からも非常に忌み嫌われている。

本編での活躍

白凰の部下として登場。だが黄昏ミミとは違い白凰を尊敬する気などサラサラ無く、むしろ白凰を倒して自分が主になる野望を抱いている。

実力は高いものの、相手のデッキ作成や手札を盗み見たり、ライフを操作するなどイカサマをしたりと、卑劣な面が強い。漫画とアニメともに牛次郎の登場回では「最低のデュエリスト」とサブタイトルが付けられている。

切札勝舞との闘いでは卑劣な手段を使っても敗れる。それ以降、自分を負かした勝舞と、自分より格上の存在である白凰を恨んでおり、時には本気で殺そうとする事もあった。

(この項目は加筆が求められています。)

設定

いつも乗っているロボットは「レッツデュエ郎DX」縮めて「デュエ郎」とも呼ばれる。彼がコンプレックスの身長を誤魔化すために自作した物らしい。このロボットはなんと自我も持っており、主に忠実。

戦法

MTG時代ではヴァンガード(ヴァンガード・カードと呼ばれる特殊カードを一枚用意し、手札の初期枚数/最大枚数と開始時のライフの総量はそれに補正がのった状態で開始し、デュエル中に個別の能力を発動できる)という特殊なルールで勝舞に挑んでいる。デッキはミミ曰く『の土地カードと相手を妨害する効果を持ったカードだけで構成されており、クリーチャーは一枚も入っていない』という、いわゆる「パーミッション」と言われる戦法をより特化させたようなデッキだった。
問題なのは『デッキ構築の光景を盗撮し、あえてバラして動揺を誘う』『かつてスリヴァーを使用した勝舞が心理的に相手しにくい Sliver Queen, Brood Mother スリヴァーの女王のヴァンガード版)を分かっていて使う』・『条件を満たすと打ち消し不可の大火力化する「ウルザの激怒」という呪文を無駄撃ちさせるために彼の父を罵る』と相手を心理的に追い詰めてミスを誘うフェアプレー精神が微塵にも感じられないものであった。

デュエル・マスターズでは、デッキのメインカラーを水としている。

(この項目は加筆が求められています。)

さらなる実態

バトルアリーナ編でも同じ四天衆の三国と愛善を人質にとり白凰に裏デュエルを挑み、白凰に対して「自分だって神殿で弱い決闘者を使い捨て、強い決闘者を自分の練習台にして玩具のように散々に扱ってきたくせに」などと白凰がかつて犯してきた過去の罪を糾弾し、デュエル中に白凰の母の死を知っても、悲しまないどころか作り話扱いにし、おまけに自分が負けそうになった途端に負けると爆破する爆弾ベルトを爆発させ白凰に瀕死の重傷を負わせた。その時に「言い間違ってたみたいだけど、じつはこの爆弾ベルト、勝ったほうが爆発するんだ」と言ってのけ、勝舞ら仲間達の逆鱗に触れることになった。これら一連の悪行はバトルアリーナ終了直後に判明するが、全く改心せず平然とした顔で逃亡した。以上のことから、本質的には過去に犯した罪を認め潔く爆破を報いとして受け入れていた白凰や物語全体における諸悪の根源であるザキラよりも最低最悪な悪役であろうことが伺える。
尚、後年のデュエル・マスターズVSですら、寄成ギョウと手を組み、その背後で切札勝太ルシファー達にも罠を仕掛ける手助けをしているのだから、兄弟揃ってこいつに苛まれているのだ…。切札兄弟の安息の日は何時来るのか…。

関連項目

デュエル・マスターズの登場人物  外道 ゲス 卑劣漢 哀しき悪役
インセクター羽蛾他作品の登場人物。牛次郎とは『眼鏡をかけたデュエリスト』『頭脳派を気取っているが、実際は勝つためならルールやモラルに反する手段も躊躇なく実行できる卑劣漢』という点が共通している。

関連記事

親記事

デュエル・マスターズの登場人物 でゅえるますたーずのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「邪藩牛次郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 634

コメント