ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避


スコットランド高地人

「ハイランダー(Highlander)」は「高地に住む人」という意味で、狭義にはスコットランド北部高地の住民を指す。
スコットランド北部高地は古代より隔絶された僻地で、独自の文化が保持され、外部からの侵略者(ノルマン人イングランド王国など)と勇猛果敢に戦ってきた。
生産力に乏しい土地のため、多くの成年男子はイングランドをはじめとするヨーロッパ諸国の傭兵として収入を得、キルトスカートを穿き、バグパイプを演奏し、クレイモアを振り回す戦士だったと言われる。

現在、スコットランドを募兵地域とする「ロイヤル・スコットランド連隊」の第4大隊(機械化歩兵)は「ハイランダーズ」、第5大隊(空中強襲歩兵)は「アーガイル・アンド・サザーランド・ハイランダーズ」と呼ばれている。

カードゲーム用語

トレーディングカードゲーム(TCG)業界では、同名カードを1枚ずつしか投入しないデッキをハイランダーと呼ぶ。
これは「ハイランダー 悪魔の戦士」(原題はHighlander)という映画の副題「生きていられるのは一人だけ(There can be only one)」に由来する。
特定のカードに依存しないため相手にとっては対策が難しい反面、これといった攻めパターンが存在せず、現実には戦術が安定しないなどのデメリットがあり、ファンデッキの域を出ないが、公式大会でハイランダーを指定される場合もある。

しかし、カードゲームのアニメや漫画の登場人物はそのような構成が多い。
メインキャラクターの場合はマンネリ防止や販促のため、各種対抗カードが(デッキを作った本人でさえ忘れるほど)満載されているため※、そして戦術の安定性なんて主人公補正デスティニードロー)でどうとでもなるため。サブキャラクターの場合は登場回数の少なさから作者が深く考えていないため。
※ピンチ時「あのカードさえ引ければ」ではなく、カードを引いてから「これは!」と閃き、そのカードを使って逆転する状況。

同様の事はカードゲーム以外にも装備などで同アイテムを複数配置しないという意味で『ハイランダーデッキ』と言われる事がある。特に「同名アイテム1個まで」という条件で発動するスキル等が存在する『グランブルーファンタジー』ではハイランダーの需要が存在するのだ。

関連タグ

スコットランド キルトスカート ジャコバイト クレイモア
ハイランダー(世界樹の迷宮) ハイランダー 悪魔の戦士 絶叫戦隊ハイランダー

関連記事

親記事

スコットランド すこっとらんど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハイランダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 517117

コメント