ピクシブ百科事典

キルトスカート

きるとすかーと

伝統衣装のひとつ。スコットランドにおける男性の衣装。キルトは英語名で、ゲール語ではフェーリア(Feileadh)と呼ばれる。 
目次[非表示]

概要

キルト(kilt)はスコットランドスカート状の伝統衣装。通常はタータン柄(タータンチェック)である。キルトは英語名で、ゲール語ではフェーリア(Feileadh)と呼ばれる。『現代人が見ると男のスカート着』 ハイランダーが着用したことで有名である。

詳細

 この衣装はプリーツスカートのように見えるいしょうであり、その成り立ちからポケットは付いていない。また、本来着用時にはパンツをはかないとされる(出典不明)。

歴史

 キルトに関する最古の記録はヘブリディーズ諸島における16世紀後半の記録といわれ、それ以前のことはわかっていない。
 また、この頃のこの衣装(現在フェーリア・モールと呼ばれる)は現在のものと異なり、「長い布を複雑にひだをつけ、そのうえに横になって着用、ベルトピンでとめる。ひざ上10cmくらいになり、余る部分は下にたらしたり肩にかけたりして着用」するものであったとされる。
 現在見られる形、フェーリア・ベック(すなわちプリーツのあるスカート)となったのは18世紀前半ごろである。

 18世紀中盤以前のハイランドではキルト、すなわちフェーリアを普段から身に着けることは一般的だったが、ハイランド人がみなキルトを着ていたわけではなく、ズボンの類を着用していた記録も少なくない。
 しかし、この地域で宗教(この地域に居住する人はカトリックが多かった)関係の上で盛んであった王政復古運動(ジャコバイト運動)が失敗した際、ハイランド人に対する厳しい弾圧があり、の禁止、民族衣装バグパイプの禁止など行われた。18世紀末にこの制限はなくなったものの、昔の衣装のみが民族衣装として認められた。新しい形の衣装が民族衣装として認められたのは19世紀前半になってからであった。

関連

民族衣装 タータンチェック スカート
中世ヨーロッパ ケルト スコットランド

pixivに投稿された作品 pixivで「キルトスカート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 125171

コメント