2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「大鎌の技を極めしもの」

概要

ストリウス剣技の産みの親に全盛期以上の力を与えて蘇らせた、四人の究極の剣士の一角。
左肩にスパルタンの物と同型の丸形アーマーを装備し、そこからピンクのマントが伸びている
(右肩はクオンと同じ)。
データ

身長210.5cm
体重112.1kg
特色/力特殊能力
武器大鎌・プロビデンスサイズ
刀剣ではなく目の意匠がある大鎌を得物とする型破りな「剣士」。
相手を翻弄しつつ優位を保つようなスタイルを好むが、特に鎌で攻撃を受け止め、別属性に変換して撃ち返して反撃すると言うトリッキーな戦術を取る。
剣士達の必殺技はそれぞれの聖剣の属性を纏った斬撃が非常に多い為、必殺技がほぼ通じない所か、逆に攻撃手段にされてしまうと言う厄介な敵。
当然、撃ち返しを使用しない純粋な剣戟のおいても高い戦闘能力を誇る。

活躍

第44章「開く、最後のページ。」
初登場。バスタースラッシュの2人を相手に戦闘に入る。
バスターの攻撃を竜巻に変換して二人を打ち上げ、そこから更に炎による追撃を加えるなど圧倒。"ハンデなど存在しない"かのように二人を追い詰めた。
その後は仮面ライダーストリウスの放った光球によって二人を含む剣士全員が変身解除され圧勝。相応しい最期を演出するためにストリウスが敢えて撤退したため彼や他の3人と共に姿を消した。

第45章「十剣士、世界を賭けて。」
仮面ライダーストリウスが去り際に召喚した『破滅の塔』の内部で待ち受け、二番手として登場。
今度はブレイズ(何故か基本形態)とバスターが相手となるが、依然変わらぬ戦闘能力で二人を変身解除させる。役割はあくまで「足止め」なのか倫太郎尾上がダウン(尾上曰く「休憩」)して言葉を交わしている間は沈黙していた。
その後ブレイス・タテガミ氷獣戦記とバスターに再変身した二人を戦闘を継続する。氷獣戦記の氷を炎に変換して反撃するなど相変わらず優位に立つが、スパルタンを破ったが進むの見たバスター/尾上がブレイズを先に行かせるために放った「大断断」を受け、ブレイスを取り逃がし彼とタイマン戦となる。

第46章「さようなら、私の英雄。」
2対1でも優勢だったハイランダーが不利になる筈も無く、再度バスターを変身解除。
なおも生身で奮起する尾上の手から土豪剣を叩き飛ばして石突で殴り倒し、今度はとどめを刺そうとするが、間一髪間に合った大秦寺の錫音弾を受けそちらに狙いを変更。錫音弾を変換した火炎で攻撃する。
今度は尾上が大秦寺を助け決死の思いで変身、最後の攻撃を仕掛ける。スラッシュが捨て身で放った音読撃やバスターのジャッ君と土豆の木の範囲攻撃を受けても意に介さず、すでに這う這うの体の二人を追い詰めるが、バスターが玉砕覚悟で羽交い締めにした所をスラッシュの「ビート・ロリポッパー」を受け消滅した。

余談

  • 大鎌は恐らく大魔王アザゼルの物を流用していると思われる。
  • 固有名の「ハイランダー」=「Highlander」は恐らく嘗て存在した出版社のハイランドから取られたと思われる
  • 唯一最終戦(第46章)で決着を付けた相手と初戦(第44章)で戦った相手が一致している。
  • 武器名は当初「プリズミックサイズ」と記されていた(光を分散・屈折・全反射させる光学素子「プリズム」で撃ち返す能力を表したものと思われる)。因みに変更後のプロビデンス = Providenceは「摂理」「神の意思」といった意味合い。


関連タグ

仮面ライダーセイバー
ロード・オブ・ワイズ
ストリウス

ロイミュード(死神):同じ姿をした個体が複数おり、その内何体かは大鎌が武器。
トラユーフォーフォーム:右肩がピンクでヒラヒラがついてる形態。
ファイティングジャッカルレイダー:前作の大鎌使いで見た目がなんとなくにている。
ラディッツ:2人がかりでやっと倒した相手で、息子持ちの戦士が羽交い締めしもう1人決死の一撃で葬った点も酷似している。

関連記事

親記事

ロード・オブ・ワイズ ろーどおぶわいず

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました