ピクシブ百科事典

大秦寺哲雄

だいしんじてつお

特撮番組『仮面ライダーセイバー』の登場人物。
目次[非表示]

「答えは歴史に埋もれている。本の事は、本に聞け」

演:岡宏明

概要

ソードオブロゴスに所属するメカニック。第3章から登場。
仮面ライダーの使用する聖剣や、ワンダーライドブックのメンテナンスを担当している刀鍛冶にして、音銃剣錫音に選ばれた仮面ライダースラッシュの変身者。
ブックゲートガトライクフォン等は彼の祖先が作ったもの。

倫太郎曰く「人見知り」らしい。

一族に伝わる伝説から火炎剣烈火への思い入れがあり、飛羽真との対立後は組織への依存が強い倫太郎、敵愾心むき出しの蓮とは対照的に、尾上ともどもその真意や覚悟を見定めようとしていた。
そして第21章にてセイバーとの一騎打ちを行ったが、その中で飛羽真の「全てに手が届かなくても誰かを救いたい」という覚悟に烈火が呼応するのを目撃。
烈火の真の力を引き出せる可能性を飛羽真に見出したことで、神代玲花に掌握されて以降在り方が変質しつつあるソードオブロゴスをついに離反することを決断した。

離反後はファンタジック本屋かみやまに身を寄せており、ソードオブロゴスの在り方が玲花によって歪められていることを改めて認識、飛羽真たちと情報を共有、本格的に事態の真実を探すべく動き出した。

人物像

寡黙でぶっきらぼうな物言いをするが、聖剣のコンディションを即座に見抜き、所持者の意向を無視してまで整備を行う様は、正に職人気質そのもの。
また、尾上の大仰かつ馴れ馴れしい言動を「鬱陶しい」と断じる、緋道の自信過剰な態度を「構うな」と一蹴する等、神経質の面も多分に秘めている。

その為、冷たい印象を与えがちだが、聖剣がない状態やシリアスな空気の場以外では、「そっぽ向いたような姿勢で話す」、顔を向けられそうになったら「急いで手で自分の目許を遮る」等して、相手からの視線を極力避ける。倫太郎が評する通り「人見知り」なのは間違いないが、度が過ぎて対人恐怖症やコミュ障のようにも見える。
飛羽真にブラフを掛けられた際は、動揺した挙げ句、閲覧禁止の本やそれに至るキーの操作を自分から明かすなど、色々と隙を晒している。

第9章において、自身の聖剣の修復を完了させた事で、再びメギドとの戦闘に参戦。剣士としての実力は、剣と銃の特性を持つ特殊な武器を使いこなす技量に加え、「音の剣士」の称号に相応しい優れた聴覚を持ち、透明化したアヒルメギドの動きを瞬時に察することができる。

また、どうやら喧嘩が嫌いなようで、第11章で倫太郎と賢人とある事情により対立してしまった際は「2人共いい加減にしろ!!」と凄まじい怒号を上げ、「私は……喧嘩が嫌いだ」と視線をそらしながらボソッと呟いていた。

その一方、聖剣の刀鍛冶と言う生業のせいか、剣に対してある種のマニア的側面を持っていることが第22章で判明。
組織の枠を外れた為か完全にタガが外れており、飛羽真との合流後には光剛剣最光の詳細を調べようとユーリ相手に彼を追いかけ回す等、大暴走を起こしていた。

「頼む! 調べさせてくれ! オレの刀鍛冶としての好奇心が止まらねえェェェ―――ッ!!」

その最たるものがこの奇行であるが、正しくはこちらとなる(奇しくもテレ朝、日曜朝の東映作品キャラと言う共通点がある)。

だが、復活した賢人「世界を守る為に全ての聖剣を封印する」と宣誓・実質的な第三勢力と化した事で、不運にも大秦寺が最初の被害者となってしまった。
愛用する聖剣が封印された事で、普段は寡黙冷静な大秦寺であっても大いに取り乱し、「音銃剣錫音ぇぇぇっ!?」と絶叫するように呼び掛けるしかなかった。


ちなみに、第16章で年越し蕎麦を食べたいという倫太郎に対して「任せろ!最高の蕎麦を打ってやる」と発言している事から、どうやら蕎麦打ちの経験があり腕前にも自信があるらしい。残念ながら蕎麦を皆で食べる事は叶わなかったが、いつの日かまた機会が巡ってくることを祈りたいものである。


剣士列伝

15年前の時点で、剣士として尾上や先代の炎の剣士らと共に活動していることから、尾上程では無いにしろかなりの古株かつ年長者である事が伺える。ただし演じる岡氏は飛羽真役の内藤秀一郎、倫太郎役の山口貴也、賢人役の青木瞭の3氏より年下。
カリバーとメギドが引き起こした異変での戦いで、自身の聖剣を激しく消耗させてしまい、長い間眠りに就かせていた。

萬画 仮面ライダーバスター

TV本編の19年前となる最強の青春編では、刀鍛冶見習い兼剣士候補生として登場。最近の悩みは100歳を越えた祖父がまだ現役引退しないこと。
そこから11年後となる最強の子育て編では、かっての異変で聖剣を損傷し、修復に努めている。尾上とは互いに軽口を叩きあうなど、対等な友人として接している模様。

余談

演じる岡氏は制作発表会見で『仮面ライダーオーズ』やCSMシリーズについて熱く語り、副音声で解説していた篠宮氏に「こちら側の人ですね」と評された。

「スラッシュ」は一般的に「剣で斬る」「剣を振り回す」等を意味するが、「書物を酷評する」「書籍を大きく改定する」と言う意味もあり、自らの役目で剣士達を振り回し、時に剣士達を鋭く酷評する大秦寺の姿を的確に表していると思われる。

関連タグ

仮面ライダーセイバー  ソードオブロゴス

小沢澄子尾室隆弘烏丸啓シュラウド鴻上光生輪島繁クリム・スタインベルト仙人葛城巧葛城忍親子:主人公が扱うベルトやツールに、深い関わりがある人物繋がり。

深海理沙村上峡児笛木奏戦極凌馬檀黎斗石動惣一:こちらも同上の存在だが、ヴィランサイド(及び近い立ち位置)のキャラクター。

宝生永夢/仮面ライダーエグゼイド:性格の豹変ぶりを観て彼を連想する視聴者は多かったと思われる。

千子村正(Fate):戦う刀鍛冶繋がり。こちらは自身の剣を壊す前提の戦闘スタイル。

ロン・ベルク:戦う鍛冶屋繋がり。

ネズストリンダー:音属性/ロックバンド繋がりで、ハイテンションな側面とローな側面を持つ。

天津垓大秦寺哲雄 → ???

関連記事

親記事

ノーザンベース のーざんべーす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「大秦寺哲雄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 401897

コメント