ピクシブ百科事典

クリム・スタインベルト

くりむすたいんべると

『仮面ライダードライブ』の登場人物。
目次[非表示]

概要

演:クリス・ペプラー

2話から登場した科学者男性
トライドロンドライブドライバーシフトカーなど、仮面ライダードライブに関する装備の開発者。 名前から外国人国籍不明)と思われるが、流暢な日本語で話す(今際に至っても日本語で話していた事から、普段から日本語を使っていたと思われる)。

2話冒頭でハート率いるロイミュードに自宅兼研究所を襲撃され重傷を負わされながら「まだだ…まだ死ねない…」と呻いていた。その次の場面ではドライブドライバーベルトさん)が「か…」と呟いており、ベルトさんと彼が同一人物である事が示唆された。
それ以降もベルトさんとスタインベルト博士の関係は随所で示唆されている。

なお、研究一筋の人生を送っていたため、恋人妻子はおらず、生涯独身であったようだ。

生前は趣味として多くのスポーツカーを収集、コレクションしておりそれらの保管場所として巨大なガレージ兼研究施設でもある「初代ドライブピット」を所持していた。

15年前の真相

第10話にて、真相の一端が明かされた。

15年前、蛮野天十郎という科学者が自己成長型アンドロイドの開発を進めていた。しかし動力源の問題で壁に突き当たった蛮野博士は、友人のスタインベルト博士にシフトカーなどの動力源「コア・ドライビア」の提供を要請した。
スタインベルト博士は既にシフトカーなどの反作用として重加速現象の発生を確認していたが、蛮野博士との友情を重んじ、貸与を快諾した。だが、この動力源を使用した3体の試作モデル(ロイミュード001002003)が暴走を起こし両博士を殺害。
スタインベルト博士はこの事態を予期してか、予め自身の意思、記憶、知識、性格を人格プログラム化してドライブドライバーに移植し、ある意味で生き永らえた(ベルトさん自身はスタインベルト博士の最期に関しての記憶も有しているらしく、彼は既に死んだと認識している模様)。

つまりベルトさんの「残念だったね。私はベルトだ。」「呼び捨ては失礼だね。」
などのセリフは、スタインベルト博士の意思が引き継がれたが故に発した発言だったのである。

ロイミュードの完成と非常に危険な重加速発生能力の付与はスタインベルト博士の協力が無ければ実現しなかった(蛮野博士が欲していたのはあくまでも動力源としての能力)ものであり、現在に至っても人類に対して大きな脅威となる存在を生み出し多大な被害を出した事に対する責任を強く感じている。
本来は自分自身がロイミュードと戦う戦士となるつもりであったらしくその為のボディを用意しており、その計画が頓挫し魂を移す器をベルトに変更した後もプロトドライブシステムを運用するためにプロトゼロを製作するなど、当初はロイミュードとの戦いに他人を巻き込む事を避けていた節が見られる。

残された謎(随時更新求む)

霧子沢神りんな(2人は進ノ介よりも早くスタインベルト博士の死の経緯を知っていた)、警視庁との関係は劇中では明らかにされていなかった。

だが後に、特状課本願寺純課長がベルトさん最大の協力者であった事が判明、課長はベルトさんの事を生前の名で「クリムちゃん」と呼んでいた。
また、霧子・りんな両人との過去の関係についてはBlu-ray COLLECTION特典の『シークレット・ミッション type TOKUJO』第一話にて、りんなとはスタインベルト博士がまだ生存していた頃から面識があった事、霧子は本編開始前にドライブへの変身者候補として実際に変身を試みていたことが明らかになった。
ただし霧子・本願寺両人とスタインベルト博士の接点に関しては未だ謎である。

恩師であるハーレー博士に霧子の弟のを仮面ライダーにする為に預けていた辺り、あくまで推測だが少なくとも生前に二人の両親とも関わりがあったのかもしれない(なお、剛の父親はロイミュードの開発者である蛮野博士であることがその後判明しており、少なくとも剛の父親とは面識があったことになる)。

また、劇中でドライブドライバーがスタインベルト博士の意思を宿している事を認識していたハート・ロイミュードが、プロトドライブを倒した際に何故彼を破壊しなかったのかも不明である(40話の回想シーンで、蛮野がハートに対して行っていた非人道的な実験をスタインベルト博士が非難するシーンがあり、これがハートにベルトの破壊を思い止まらせた原因になったのでは…という説もある)。

また第38話の終盤にてサングラスを掛けた彼に似た男性が確認された。彼の正体は第43話にて明らかとなった

研究者としてのけじめ

最後の一人となったハートの消滅を以ってロイミュード108体の殲滅が確認された後、彼は技術の悪用を防ぐ為に仮面ライダー及びロイミュードの技術を封印することを決意。進ノ介からシフトブレスを受け取ると、未来での再会を約束してライダー関連の装備(シグナルチェイサーは剛が持ち出した)及びメカを自身と共に地下深くで眠りにつくのだった。

その後

超movie大戦ジェネシス』では進ノ介とタケルが過去に飛ばされた際、何故か大天空寺の庭にベルトさんの状態でポツンと置かれていた。当然、この頃はまだ進ノ介との面識は無かった。
この時にダヴィンチ眼魔の暗躍を知った為か、現代では最終決戦時にトライドロンと共に進ノ介のもとへ駆けつけ、事件解決後は進ノ介に結婚の祝福をしてから再び地下深くに戻って行った。

平成ジェネレーションズ』では地下深くで眠りについていたところを鎧武に叩き起こされたらしく、終盤で鎧武に持ち運ばれる形で進ノ介と再会。彼を再度ドライブに変身させ、ロボルバグスターと対決した。

余談

トニー・スターク - ご存じアイアンマンの中の人・科学者、アゴヒゲなどの特徴が似ている。


関連タグ

仮面ライダードライブ ベルトさん ドライブドライバー トライドロン
蛮野天十郎 ロイミュード004

pixivに投稿された作品 pixivで「クリム・スタインベルト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77411

コメント