ピクシブ百科事典

ロイミュード001

ろいみゅーどなんばーぜろぜろいち

「仮面ライダードライブ」に登場するロイミュードの一体。
目次[非表示]

概要

仮面ライダードライブの本編が始まる15年前に蛮野天十郎博士によって試作された、3体の自己成長型アンドロイド=ロイミュードの内の1体で、最も階級が高いロイミュード(ロイミュードは例外を除いて108体おり、数字が若いほど階級が高い)でもある。
コブラ型下級ロイミュードで、首元に金の装飾が施されている(001~009の共通した特徴)。

誕生後、ロイミュード002(後のハート)・003(後のブレン)と共に反乱を起こし、蛮野博士とスタインベルト博士殺害した。

そして、人類にとって代わる為の世界一斉蜂起『グローバルフリーズ』では、他のロイミュードの先頭に立ちながら街で暴れていた。
その後の消息は不明であったが、実は水面下で参議院議員にして国家防衛局長官の真影壮一として暗躍しており、第25話で再びその姿を現した。

ロイミュードの統率は専ら自身が「王の器」と見込んだ002ことハートに一任しており、自らは裏で権謀術数を巡らせて暗躍することが多い。またその人柄について、基本的に辛口で毒舌家のブレンから「とても頭脳的で用心深く冷酷」「迂闊に近づけば虫けら同然に潰される」と評されており、冷酷な性格や智謀の高さが窺える。詳しい人物像は、真影の個別記事を参照。

なお、登場当初はハートらに「001」とナンバーで呼ばれ、下級ロイミュードの姿しか現していなかったが、第31話にて上級ロイミュードの姿であるフリーズ・ロイミュードの姿を見せた。この姿での能力等は個別記事を参照。

能力

代表的な能力として、氷の針を人間の耳の裏から脳に刺すことで人間の記憶を操作する能力を持ち、この能力と自らの地位を利用してロイミュード関連の事件を隠蔽していた。
しかし、一部の特異体質を持つ人間にはその能力は無効化されてしまうと言う弱点があり、更に当初はそれらの人間を見分ける術を持っていなかった為、作中の12年前より偽の新型ウイルス騒動とそれを利用した全国一斉検診を利用して特異体質を持つ人間を特定して密かに誘拐しており、彼らを使った人体実験を行なっていた。
他にも、記憶を改竄された人物には耳の裏に氷の結晶の様な傷ができる・彼が死亡すると少しずつではあるが元の記憶が戻るという特徴がある。

また、自身の能力を不特定多数の人物へとウイルスのように拡散させることが出来る(使用例:吹雪を起こして広範囲の人物の記憶を一気に改竄する)他、他のロイミュードにその拡散能力を貸し与えることも出来る
他にも、体を氷で覆う事で攻撃を防御することも可能。

ちなみに、融合進化態を生み出すネオバイラルコアを製造した張本人でもあるが、それが能力によるものか何らかの技術によるものかは不明(蛮野とその配下である004に製造させていた可能性もあるが、真相は不明である)。

余談

前述の様にこの姿でいた期間は長いものの、この姿で仮面ライダーと戦闘を行った描写は一度も無い。第31話で初めて仮面ライダー達と対峙・戦闘した際には進化態の姿であった。
※その為、戦闘時の能力はフリーズの個別記事を参照。

関連項目

ロイミュード ロイミュード(コブラ型) 
真影壮一 フリーズ・ロイミュード
ハート ブレン

pixivに投稿された作品 pixivで「ロイミュード001」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10123

コメント