ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

仮面ライダードライブの本編が始まる15年前に蛮野天十郎博士によって試作された、3体の初期型ロイミュードの内の1体で、全ロイミュードの中で最も序列が高い個体(ロイミュードは例外を除いて108体おり、数字が若い程に序列が高い)でもある。素体はコブラ型下級ロイミュード

誕生後に、同じ初期型のロイミュード002(後のハート・ロイミュード)・003(後のブレン・ロイミュード)と共に反乱を起こし、蛮野とクリム・スタインベルト博士の両名を殺害した。

前日談の『type zero』でのハートによる決起集会にも参加しており、この時も一人だけ椅子に座ってハートの演説を聞いていたり等、他の幹部達とも明らかに異なる雰囲気を出していた。
そして、人類にとって代わる為の世界一斉蜂起『グローバルフリーズ』の際には、他のロイミュード達の先頭に立って街で暴れており、その後は進化態となったハートに敗れたベルトさんに「お前の負けだ」と告げながら破壊しようとするも、シフトカー達の妨害で逃げられてしまった。
その後の消息は長らく不明であったが、実は水面下で参議院議員にして国家防衛局長官の真影壮一として暗躍しており、第26話で再びその姿を現してベルトさんを戦慄させた。

最高位のロイミュードでありながら、ロイミュードの統率と指導者の座は自身が「王の器」と見込んだ002ことハートに全て譲っており、自らは表には立たずに裏で権謀術数を巡らせて暗躍する事が多い。その為に、ハートからは「誰も知らない幻のロイミュード」と評されている。
幹部を初めとした他の多くのロイミュード達からも恐れられている存在であり、その人柄については基本的に辛口で毒舌家のメディックからも「頼もしいけど不気味な男」と評され、同様に毒舌家のブレンからも「とても頭脳的で用心深く冷酷」「迂闊に近づけば虫けら同然に潰される」と評されているなど、その冷酷な性格や智謀の高さや危険性は勿論、他の幹部達からも特別な存在として認識され、一目置かれているという事が窺える。詳しい人物像は真影壮一の記事を参照。

実際に、ロイミュードの指導者はハートである為、立場上は他の者達と同じ幹部なのだが、同じ幹部であるブレンを側近とし、既に幹部を降ろされていたとはいえシングルナンバーである007を初めとした多くのロイミュード達を配下として従え、メディックですら基本的に彼の意向には逆らえない様子であるなど、明らかに通常の幹部の枠を超えた実権と力を有している事が分かる。

12年前の泊進ノ介の父・泊英介の殉職した事件に関わっているとされる、進ノ介にとっては因縁の相手であり、ベルトさんが最初の反乱やグローバルフリーズの件を経て、ハートと並んで最も恐れている存在であり、同時に本願寺課長と共に長年に渡って追い続けてきた最大の敵でもある。

なお、登場当初はハートらに「001」とナンバーで呼ばれ、下級ロイミュード態の姿しか現していなかったが、第31話にて上級ロイミュード態であるフリーズ・ロイミュードの姿を披露した。

能力

代表的な能力として、氷の針を人間の耳の裏から脳に刺す事で人間の記憶を操作するという能力を持ち、この能力と自らの地位を利用してロイミュード関連の事件を隠蔽していた。彼から直接氷の針を打ち込まれた人物には、耳の裏に氷の結晶の様な傷ができるという特徴がある。

彼の記憶操作の影響は作中の日本国全体に影響を及ぼしており、警察を初めとした公的機関は誰もロイミュードの存在を認めず、ベルトさんや本願寺課長らが水面下で進めていた対ロイミュードの方策も悉く潰されるか遅延させられており、ロイミュードの実在が公のものとなった後ですら、特防センタービルの建設や対ロイミュード装備の開発等が遅らされていた(その一方で、皮肉にも彼の能力のおかげで、当初は仮面ライダー達の実在や正体も世間から隠蔽できていた)。

彼の能力は、具体的には「ある特定のワードを指定して、それにまつわる記憶を凍結する」というものであり、単純な記憶の操作だけでなく一種の認識操作まで可能で、彼の能力の影響を直接受けた人間は、目の前で彼がロイミュードに変身して戦闘が行われても、それが日常の風景であるかのように一切反応をしなくなる。さらに後述する件で誘拐した人物達の記憶を凍結した場合には、その周辺の人物や親族すらその人物が誘拐された証拠を見せても無反応となる程である。
しかし彼の能力の最も驚異的な部分は、単純な記憶操作の力ではなくその拡散能力にあり、彼の行った記憶操作は、その人間を媒介してまるでウイルスのように多くの人間に自然拡散させる事が可能である。作中では氷の針を使わずとも、吹雪を起こして広範囲の人物の記憶を一気に改竄するという技も見せている。記憶操作の影響は拡散する程に薄くなるが、どれだけ薄くても能力をうつされれば何らかの影響を受けてしまい、例としてロイミュードに関する記憶操作の影響を受けていた現さんの場合は、「ロイミュードというワードを喋れなくなる」という効果が発現していた。
さらに他のロイミュードにその拡散能力を貸し与える事も出来る。ちなみに12年前の時点で彼は既にこれらの能力を発現しており、彼による操作はその頃から行われていた。

しかし一部の特異体質を持つ人間には、その能力は無効化されてしまうという弱点があり、更に当初はそれらの人間を見分ける術を持っていなかった為に、作中の12年前に偽の新型ウイルス騒動を引き起こして、それを利用した全国一斉検診を利用して特異体質を持つ人間を特定して密かに誘拐しており、彼等を使った人体実験までもを影で行なっていた。さらに凍結したワードに直結するものと記憶操作をした人間が接触した場合、記憶操作の影響力が弱まる事もある。そして彼が死亡すると彼の記憶操作が解けて、その影響を受けた全ての者達の記憶が少しずつ戻り始める。

戦闘面では、体を氷で覆う事で攻撃を防御する事が可能。

ちなみに融合進化態を生み出すネオバイラルコアを製造した張本人でもあるが、それの製造が能力によるものなのか純粋な技術力によるものなのかは不明(蛮野を利用した可能性もある)。

余談

前述の様にこの姿でいた期間は長いものの、この姿で仮面ライダーと戦闘を行った描写は一度も無い。第31話で初めて仮面ライダー達と対峙・戦闘した際には進化態の姿になった。
※その為に、戦闘時の能力はフリーズの個別記事を参照。

前述した彼の能力が効かない特異体質については、作中では特異体質と説明されていたものの、実際は強靭な精神力を持つ人間には彼の能力は効かないというのが真相だったのではとファンからは考察されている。実際に変身に強靭な精神力が必要とされる仮面ライダーの変身者にはいずれも彼の記憶操作の力は効いておらず、その他の能力が及ばなかった者達も同等かそれに近い精神力の持ち主だった可能性が高い。しかし、人間の事を虫けら同然に見下している001にはそれが根本的に理解できず、勝手にそれを特異体質だと思い込んでいただけだったのだと思われる。
実際にそれならば、12年に渡って人体実験を重ねても、特異体質の実態が掴めなかったのも当然である。

関連項目

ロイミュード ロイミュード(コブラ型) 
真影壮一 フリーズ・ロイミュード
ハート ブレン

関連記事

親記事

ロイミュード ろいみゅーど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ロイミュード001」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ロイミュード001」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13245

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました