2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ロイミュード006

ろいみゅーどぜろぜろろく

『仮面ライダードライブ』に登場するロイミュードの幹部の一人にして、とても不運な幹部。※イラストは人間態の姿。
目次[非表示]

「008、お前も来たネ」
「蛮野、お前は私が超進化する為の生贄ヨ」

データ

身長200.0cm
体重97.0kg
特色/力圧縮エネルギー弾による射撃攻撃、重加速現象の発生、高度な格闘術
人間態のコピー元不明
松浦新(まつうらあらた)


概要

ロイミュードの幹部。シングルナンバーの個体の一人で、素体はコブラ型

第1話のグローバルフリーズの回想シーンで初登場しており、この際には不意打ちとはいえ、ファンキースパイク単身に倒されてしまい(スパイクの通る道路の看板には『この先トンネル』の標識が確認できるが、006の体を文字通りトンネルにしてしまうという、なかなかにえげつない戦い方だった)、その後はコアだけとなって電線を伝って電子世界に逃走した。それ以降はそのまま長らく海外で活動していたのだが、第37話からハートの要請を受けて日本に帰国した。

人間態は白いスーツ帽子、そして丸い黒のサングラスをかけた髭面の怪しげな中華ギャング風の男性の姿をしており、黒服に擬態した部下の下級ロイミュード達を複数(計9体)従えている。一人称は「私」で、いかにも中華系のキャラクターらしく語尾に「ネ」や「ヨ」を付けて話す事が多いのが特徴。さらに戦闘を行う際には、サングラスを自ら外して投げ捨てる癖がある。
コピー元の詳細は不明だが、おそらく海外で活動していたギャングのボスだったと思われる。これについては、既にアメリカのマフィアの兄弟をコピーしたガンマン018という前例がいた。

性格は、その見た目通りに非常に好戦的かつ挑発的で、他者に対しては「お前」と呼んで常に高圧的な態度をとっている。同じく海外で長らく活動していた幹部であるトルネード(ロイミュード・008)とは互いに折り合いが悪いらしく、帰国して早々に挑発的な態度をとって一触即発しかけていた。一方で、意外にも戦闘については周到で、部下を使っての情報収集にも余念がなく、ライダーと戦う際には威力偵察も行っている。しかし、その部下のロイミュード達の事は捨て駒程度にしか認識しておらず、蛮野に部下を一掃された際にも「所詮は雑魚」と切り捨てている。
さらには野心家で、ハートの指導者の座を狙っているらしく、ハートに「自分の足元には気を付けた方がいい」とあえて忠告をする事で、彼の立場に揺さぶりをかけようとするような言動もしている。こういった野心もあって、これまでハート達からは距離を置いて独自に活動し、ハートに名前を教えるように促されても、自身の能力の開示に繋がる為に008と共に暗に拒否している。
他にもチェイスとも互いに顔見知りだったらしく、チェイスからは強く警戒されていた。

本人曰く、「ハートにも勝るとも劣らない」程の進化態を既に手にしており、既に超進化態に近いところにまで達していたらしいが、ハートにすら自身の進化態や能力の詳細は伏せている為、その真の実力は未知数。本人が進化に至った強い感情や執着の詳細も不明なのだが、ハートから提示された課題の一つである「蛮野天十郎の奪還、もしくは始末」を達成する事で、超進化態に至れると本人は確信しており、超進化態に至るべくそれを主目標として部下と共に執拗に彼を狙い、蛮野を守っていたチェイスと詩島剛の2人と、2度に渡って衝突するも決着はつかなかった。

実際にその戦闘力は非常に高く、カンフーの様な対人格闘術を用いて人間態のままでも仮面ライダーマッハを圧倒できる程の実力を持つ。さらに部下の黒服の下級ロイミュード達も同様の格闘術や互いに連携技なども体得しており、通常の下級ロイミュードを超える戦闘力を有している。
他にはシングルナンバーの幹部の一人である為に、001や008と同様に任意で退化する事もできるらしく、当初は自身の能力の詳細を隠すべく、怪人態ではあえて進化前の姿で活動していた。

まさかの展開


第40話で、同じく超進化態候補だったトルネードがドライブ達に敗れたのを機に、いよいよ自身が超進化態へと至り『約束の数』に入ろうと動き出す。続く第41話でバンノドライバー(蛮野)を始末しようとするが、部下を全員倒されてしまい、そこで遂に自らの進化態を披露しようとしたものの、その隙を突かれてコアだけを抜き出されてしまい、そのままコアを破壊されて死亡した。
結局、作中で進化態としての姿や能力を披露する事無く退場してしまった。また、シングルナンバーの個体の中では唯一、ドライブ系のライダーと一度も対峙せずに死亡した個体でもある(本編の仮面ライダードライブは勿論、プロトドライブとも戦闘はおろか遭遇もしていない)。

残された抜け殻となったボディは蛮野によって、ゴルドドライブに変身する為の素体として利用されて、第46話でチェイサーマッハによってゴルドドライブが撃破された際に破壊された。

彼の死はブレンが直接確認し、おそらくハート達にもブレンか当事者の蛮野自身を通して伝わったと思われるが、その後にロイミュード側では立て続けに蛮野によって、重大な問題が引き起こされそれどころではなくなった為、結局ハート達が彼の死について特に言及する事はなかった。
一方で、ライダーサイドでは元々彼と直接対峙していたのはチェイスと剛だけであり、進ノ介を始めとした特状課の面々は誰も遭遇した事もなかったものの、彼の死自体は後に確認されて周知されたようであり、第43話のロイミュード撲滅表では既に倒された扱いとなっている。

余談

演じる松浦氏は中国武術の日本チャンピオンであり、2007年の世界大会においても3位入賞歴があり、生身のアクションも全て吹き替えなしで行っている。

前述通り、彼の進化態は不明のまま退場したが、ファンの間ではもう一人の幹部の008が風の能力を持つトルネードだった事や、進化態を披露しようとした際に全身が黄色がかかったオレンジに発光したり、スパークのようなものを放っていた事から、雷に纏わる能力の進化態だったと考察されている。ちなみに電気系の能力を持った進化態は既にボルト・ロイミュードがいた。
加えて彼が進化に至った感情や欲求は、ハートへの野心やロイミュードの開発者である蛮野を倒せば超進化に至れると本人が確信していた事から、「自分より上位の者を蹴落として、自分がのし上がる事で得られる喜びと達成感」だったのではと考察されている。いかにも成り上がりのギャングのボスらしい欲求であり、メディックの「献身的な愛」とは真逆の欲求だとも言える。

到底幹部とは思えない程の出落ちとしか言いようがない扱いだった彼なのだが、そのあまりにもしょっぱ過ぎる活躍から、逆に一部ではネタキャラとして一定の人気を集めている。

関連タグ

仮面ライダードライブ ロイミュード ロイミュード(コブラ型) バンノドライバー ゴルドドライブ 
かませ犬 出落ち

リオン=アークランド:仮面ライダーに登場する、戦闘開始時に眼鏡(こちらはサングラス)を投げ捨てる後輩。こちらも既存のライダー色違いに変身する。

ロイミュードXXX
リベンジャーロイミュード005) → ロイミュード006ソードロイミュード007

外部リンク

ロイミュード006 仮面ライダー図鑑

ロイミュード006人間態 仮面ライダー図鑑

関連記事

親記事

ロイミュード ろいみゅーど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ロイミュード006」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ロイミュード006」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 71892

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました