ピクシブ百科事典

ロイミュード006

ろいみゅーどぜろぜろろく

仮面ライダードライブに登場するロイミュードの幹部の1人にしてとても不運な幹部。※イラストは人間態の姿。
目次[非表示]

「お前も来たね」

演:松浦新

概要

海外で活動していたロイミュードの幹部。
第1話のグローバルフリーズの回想シーンで初登場しており(後述)、それ以降は海外で活動していたらしく、第37話からハートの要請を受け日本に上陸を果たした。
人間態は白いスーツ帽子、そして丸い黒のサングラスを身に付けたマフィア風の姿をしており、初登場時は黒服の部下を従えていた。
チェイスとは互いに顔見知りで、その戦闘能力は人間態のままでも仮面ライダーチェイサーを圧倒できる程の実力を持つ。

他者に対しても「お前」と呼ぶなどの高圧的な態度をとっており、37話で登場した際、ハートに「自分の足元には気を付けたほうがいい」と忠告するなど、現在のロイミュード幹部の立場に揺さぶりをかけようとしている節もある。

ハートの出した課題の一つである「蛮野天十郎の奪還、もしくは始末」を主目標としており、部下と共に執拗に彼を狙った。

なおハートの話では既に進化態になっている様であるが、彼にすら自身の本来の姿や能力は伏せている為、その真の実力は未知数。37話時点で判明しているのは、高い戦闘能力を持ちカンフーの様な格闘術を得意としている事のみであった。本人曰く進化態は「ハートにも勝るとも劣らない」との事。

まさかの展開


第40話でトルネードがドライブたちに敗れたのを機に、次は自身が超進化態へと至り『約束の数』に入ろうと動き出すが、続く第41話で蛮野を始末しようとして返り討ちに遭い、コアを抜き出されて破壊されてしまい死亡。進化態としての姿や能力を披露すること無く退場してしまった。抜け殻となった肉体は蛮野によって、ゴルドドライブのボディとして利用された。

余談

演じる松浦氏は中国武術の日本チャンピオンで、2007年の世界大会においても3位入賞歴があり、生身のアクションも吹き替えなしで行っている。
上記の通り、第1話から既に登場していたのだが、この際も不意打ちとは言えファンキースパイク単身に倒されてしまっていた。
また、シングルナンバーでは唯一ドライブと対峙せずに死亡した個体でもある。
特状課の面々とは遭遇していないものの、彼の死自体は周知されているようで第43話のロイミュード撲滅表では既に倒された扱いとなっている。

関連項目

仮面ライダードライブ ロイミュード ロイミュード(コブラ型) 出落ち

pixivに投稿された作品 pixivで「ロイミュード006」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24533

コメント