ピクシブ百科事典

エンジェル(仮面ライダードライブ)

えんじぇる

ドライブサーガ第一弾『ドライブサーガ 仮面ライダーチェイサー』に登場するエンジェルロイミュードの人間態。※メインイラストの下記の女性

「大丈夫?仮面ライダー…チェイサー?」
「私は味方よ…迷えるロイミュード達のね…」

演/山崎真実

概要

ドライブサーガ第一弾『ドライブサーガ 仮面ライダーチェイサー』に登場するエンジェルロイミュード人間態である妖艶な雰囲気を醸し出す美女。

ロイミュード099が人間の精神を癒すことに人生をかけていた精神科医の“羽佐間翔子”をコピーした姿で、 (エンジェル曰く)“満たされない心を癒す感情の泉”『フェザーサーキット』という回路や『ライノスーパーバイラルコア』を独自に開発するなど高い知識と技術力を持っており、また、常に冷静沈着であまり感情を表に見せな超然的存在の様な雰囲気を纏っている。

その目的は『フェザーサーキット』を用いてロイミュードたちに人間と同じ心を持たせることで心が満たされる状況を作り出す事で彼らの持つ人間への劣等感を無くして完璧なロイミュードへと進化する事を促し人間たちと彼らが共存共栄出来る世界を築き上げる=究極の平和を実現させる事であり、それ故に人間を力と精神において超え、超進化に至り彼らを支配すると言うハートの考えを“バトルマニアの妄想”と嘲笑っており、寧ろ彼のやり方だといずれロイミュードは滅ぶとして危惧している(なお、この考えは後に奇しくも現実のものとなるのだが…)。

その目的の為にハートのやり方を息苦しく感じている他の同胞たちと共に新たな派閥を立ち上げ、また、自身の理想実現の為の協力者の1人として自身の派閥に引き入れる為にかつてロイミュードたちの番人として活動させられていたチェイス)こと仮面ライダーチェイサーに接触すると彼をまるで支援するかのように手助けを行い、ある事を切っ掛けに人間と同じ感情を持ちたいという悩みを抱くチェイスに『フェザーサーキット』を譲り渡す。
更に『フェザーサーキット』の副作用でチェイサーに変身出来なくなったチェイスに『ライノスーパーバイラルコア』を与えて超魔進チェイサーに変身できるように援護するなどその名の通り“ロイミュードたちを正しい道へと導こうとする天使”の様にも見える。

しかしその言動は退廃的かつ不気味な印象を漂わせており、単純に味方とも思えないような所もあるが…?

以下ネタバレ
















「私がコピーした羽佐間翔子は何度も何度も考えていたわ。究極の平和というものを…結論は一つ。全ての生物が心満たされ、活動を停止した世界。それが平和だわ…そして私は感謝される… みんなを導いた天使として。」

その本性は天使などではなく自身の心を満たすだけの目的で動くエゴイストそのものであり、堕天使という言葉が相応しい人物。
その為、彼女の語る理想論は全て上っ面だけのものである(なお、彼女の本性を一発で見抜けたのはハートとベルトさんだけであった)。

また、彼女の語る“究極の平和”とは全ての感情を人間とロイミュードから取り除いて人形となった人々、つまり生きているが死んでいるのと同じ状態になった人間やロイミュードを自身が統治するという歪んだ方法で創造されるディストピアであり、『フェザーサーキット』の真の効力とはこの回路を使って全ての物ごとに満足した者は次第に思考が無くなって行きやがて動かなくなってしまう要は『フェザーサーキット』を取り付けられた物の人格を消し去ってしまうという恐ろしい効能を持った危険極まりないもの。
更に、人形と化した者はエンジェルの命令のみに反応する操り人形と化してしまうらしい。

また、この回路を取り付けた者は平和に逆らう行為=戦いが出来なくなってしまうという効力も持っている。

なお、彼女は既に超進化態となった状態で登場しており、どのようにしてその境地へと至ったのかは不明だが、本人曰く「私の心は、最高に満たされている。この星の救世主になるという希望でね。」といっている事から少なくともその自信に満ち溢れた感情が引き金となっている事は確かなようだ(更にその為なのか、戦闘能力は既に超進化態に進化しているハートやブレンよりも高い)。

自身の本質をハートとベルトさんに暴かれた後、遂に本性を曝け出すと自身の考えに賛同していたロイミュードたちや反抗するハートのコアを自身の精神世界へと取り込み、更に人間にもその魔の手を伸ばし始める。

ハートのコアが奪われた事で彼女と戦い決意を固めたチェイスをも彼に渡した『フェザーサーキット』の効力で戦闘不能寸前まで追い詰めた上で、チェイスに吹き込み揺さぶりを掛けるが、ブレン・クリム・ハートの言葉を思い出し、生きとし生きるものすべての自由ために戦う戦士=仮面ライダーとなる事を決意したチェイスは「エンジェル…お前は俺に束の間の夢をくれた。でも、もういらない」と自身と一体化していた『フェザーサーキット』を無理やり引き剥がし仮面ライダーチェイサーへと変身。

彼の予想だにしなかった行動を垣間見た事で自身の行為を完全否定された事に激昂した彼女はチェイサーを排除するべく襲い掛かるが、冷静さを失い激情のままに挑んだことやチェイスが迷いを振り切り生きとし生けるものすべての自由のために戦う戦士“仮面ライダー”として戦う決意を固めたことで圧倒されていき『アクロスブレイカー』を胸部中枢に受け取り込んでいたロイミュードたちのコアを全て解放されてしまう。

最後は「これはお前に返す」と自身がチェイスに与えたもう1つのツール『ライノスーパーバイラルコア』をブレイクガンナーで撃ち出され大ダメージを負い、「そんな、チェイス…あなたを救える天使は私だけだったのにぃぃぃ!!!」と怨嗟の絶叫を上げた後に立て続けに放たれた『チェイサーエンド』を喰らい自身の野望諸共粉砕され絶命した。

関連項目

仮面ライダードライブ ドライブサーガ ロイミュード 人間態

エンジェル・ロイミュード 

堕天使

pixivに投稿された作品 pixivで「エンジェル(仮面ライダードライブ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1650

コメント