ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

下級ロイミュードの一種。名前の通り蜘蛛がモチーフで、胸部が赤い蜘蛛のようになっており、口元も実際の蜘蛛の口のように鋏状になっている。


身軽な動きで壁や天井を自在に移動できる他、口から蜘蛛の巣状の粘着性がある糸を吐き、相手の動きを封じたり、空中に足場を形成して移動する能力を持つ。スパイダーバイラルコアを過剰に取り込む事で、8本の長い脚を生やしたスパイダーバイラルコアを模した巨大化形態に変化できる(ただし劇中では、ボルトロイミュードのコピー体であるボルトゴーストが変化した個体しか確認されていない)。

純粋な戦闘力は他の2種類に比べるとやや劣っているものの、一部の個体は進化前から特殊な能力を使用でき、進化後もその能力を生かしたトリッキーな個体に進化しやすい。


人間態は、それなりに地位や名が知れた才能に富んだ人物(実業家やデザイナー、科学者など)が選ばれやすく、独特の感性を持つエキセントリックな性格の個体が多い。


シングルナンバー

  • 002

演:蕨野友也

第1話より登場。ロイミュードの事実上の指導者である。

第2話冒頭におけるベルトさんの回想で001003と3人でクリム・スタインベルトの研究所兼自宅を襲撃し、重傷を負ったクリムに迫っていた(第10話において、その後彼が殺害した事が判明。さらにロイミュードの生みの親である蛮野博士も殺害していた模様)。

グローバルフリーズ決起前から既にロイミュードの指導者として君臨しており、「Type zero」では全世界のロイミュード達に対して演説を行い、幹部達の事も先導していた。ちなみにこの時点ではまだ進化前だったが、この時から「ハート」と名乗っていた。その後のグローバルフリーズの際にも先陣をきって暴れていたがプロトドライブに倒される。しかし復活後に進化してハート・ロイミュードとなりプロトドライブを倒した。

ちなみに初めて人間態を与えられた個体であり、コピー元は蛮野への出資を断った青年実業家の容姿である。その理由は蛮野の私情による物であえてその人間態を使い続けている。

詳細は「ハート」の該当記事を参照。


演:クリス・ペプラー

Type zero」で初登場。グローバルフリーズの決起集会に参加していた。

グローバルフリーズ以降は長らく行方不明になっていたらしく、ハートの招集にも応じていなかったが、第39話のラストより登場。彼の行動が劇場版の話にも大きな影響を及ぼす事となる。

その正体は蛮野の支配プログラムを仕込まれた彼の配下のロイミュードであり、暗躍していた悪のクリム・スタインベルト。裏ではずっと彼の計画遂行の為に協力して活動していた。

実は初期型3体と同時期に開発された個体であり、15年前にクリムが襲撃された際に001、002、003とは別行動でクリム邸に侵入し、死に間際のクリムの姿をコピーし、クリムの姿と頭脳を手に入れた。しかし、蛮野のプログラムで一度は全ての記憶を失ってロイミュードの幹部として活動していたが、データとなった蛮野と再会した事で記憶を取り戻し、蛮野の配下としての活動を再開する。

その性格は極めて機械的で冷淡であり、蛮野の指示に従って動くだけで同族に対しても極めて淡白。感情を吸収して良くも悪くも極めて人間的な存在になっているロイミュード達の中では、ある意味かなり異質な存在である。また、あくまで蛮野のプログラム通りに動いている人形のような存在なので、当然ながら進化態には至っていない。

さらに劇場版の本来の歴史では、暴走したベルトさんによって支配プログラムが解除され、最終的には量産されたロストナンバーのロイミュード達を率いて、彼がロイミュードの王として世界を支配していた。しかし、進ノ介達の活躍やあるイレギュラーの介入によって歴史が変わり、結果的にはその未来が実現する事はなかった。


  • 008

演:日向丈

Type zero」で初登場。グローバルフリーズの決起集会に参加していた。

その後は長らく海外で活動していたらしく、本編第37話にて006らと時を同じくして帰国する。人間態はサングラスをかけたバックパッカー風の男性であり、コピー元は世界的ファッションデザイナーのジョージ白鐘

性格は極めて独善的なナルシストであり、ロイミュードの中でも特に個人主義が強く、幹部の中では唯一部下のロイミュードを一人も従えておらず、004程ではないが幹部らしい活動はほぼ何もしていない。多くの部下を率いている006とは真逆のスタンスであり、そういったスタンスの違いからか006とはかなり険悪な様である。また、個人主義の強さからかハート達とも距離を置いて活動しており、既に進化態に覚醒しているようだが、006と同じく当初はハートにも進化態の名は明かさずに「008(ゼロゼロハチ)」を名乗っていた。

第39話にて、遂に自身の能力と進化態であるトルネード・ロイミュードとしての姿を披露した。ちなみに当初は下級ロイミュードの姿で活動していたが、この姿でも風を操る能力を持つ。

作中では自身の欲求を満たす事で超進化態に至る事を目的としており、その為の鍵として詩島霧子に目をつけて拉致したが、特状課によって場所を突き止められて最終的にはチェイサーの援護を受けたドライブとマッハのダブルライダーキックを受けて倒された。


進化態

  • 010

浅矢一広(演:ルー大柴

第3、4話に登場。首の周りの色は青。半年前のグローバルフリーズの際に詩島霧子を襲い彼女にトラウマを植え付けた張本人である。相手を虹色の糸状に変換するという特殊能力を持つ。その後は半年間の間にペイント・ロイミュードへ進化を果たした。


  • 024

発明おじさん(演:あご勇

第9話に登場。首の周りの色は白色。放電能力を持つ。連続ボヤ事件を起こしたことで覚醒し、ドライブとの戦闘直前にボルト・ロイミュードへと進化した。


  • 030

甘城秀(演:松永博史)、笹本喜三郎(演:成松慶彦

既にボイス・ロイミュードに進化していた為下級ロイミュード時代は未登場だったが、第42話の回想で進化前に007と共に肉体を再生させられる姿が確認できる。首の周りの色は銀色。

また第41話の回想でもコアのみの状態で他のロイミュードたちと一緒にメディックに回復させられている。


  • 089

 ディー博士(演:岸祐二)

春休み合体SP」に登場。首の周りの色は水色。銀髪が特徴のエキセントリックな男性の姿をしている。その正体はある人物の目論みで40年前に亡くなったショッカーの科学者ディー博士(原典作品ではゲルショッカーの科学者として登場している)の細胞をコピーして誕生した存在であった。「空間変異装置」を完成させ、時空を歪め牙鬼軍団と共闘し暗躍。妖怪ブルブルニンニンジャーに倒された後、その封印の手裏剣を取り込んで自らブルブルの能力を得た「ショッカーブルブル」に変化した。


  • 050

声:吉開清人

第27話に登場。首の周りの色は青。何者かと結託し、融合進化態シーカー・ロイミュードに融合進化している。


声:小山力也

ロイミュードとしての階級が最も低い個体。首の周りの色は黒。夏の劇場版に登場し、その制御不能の気性の荒さからどこかに幽閉されている様だが…?


  • 099

本編未登場。詳細は不明だが第43話のロイミュード撲滅表にて既に倒されている。

また第41話の回想においては、コアの姿のみだがメディックに回復させられているのが確認できる。

その正体は、Vシネ「ドライブサーガ 仮面ライダーチェイサー」のキーパーソンであるエンジェル・ロイミュードに進化した個体である。なお、判明している限りではスパイダー型のロイミュードの中では唯一の女性型ロイミュードである。

精神科医であった羽佐間翔子をコピーした事で、エンジェル・ロイミュードに進化した上に、作中の時点では既に超進化態への進化までもを果たしていた。

劇中では下級ロイミュード時代の姿は登場しなかったが、『仮面ライダー図鑑』にてその姿を確認できる。首の周りの色は銀色。


各個体

  • 042

第1話に登場。アイアン・ロイミュードの配下のように活動する。首の周りの色は灰色をしている。アイアンからの扱いは悪く、088(バット型)共々ドライブに殴り飛ばされ倒れた所を足蹴にされていた。

タイプスピードと戦闘になり、タイプスピードスパイクの攻撃で倒された後、088とほぼ同時にコアも爆散した。

ゲームバトライド・ウォー創生にもTV版第1話の再現として登場し、その後は戦闘員キャラクターとして大量に出現する。


  • 093

第2話に登場。042同様アイアン・ロイミュードの配下のように活動する。首の周りの色が緑色になっている。進ノ介への銃撃と共に登場した時には気味の悪い笑い声を上げていた。

トライドロンとの戦いでシャドーの手裏剣により動きを封じられ、フレアによる突撃でボディを破壊された後コアを引き潰されて071(バット型)と共に撃破された。


  • 084

「僕の絵の、生贄になってくれませんか!?」

富士宮肇(演:村上雄太、第2話は怪人態のみの登場)

第2、3話に登場。画家である浅矢一広の弟子として人間社会に潜伏(実際には富士宮と言う弟子は存在しておらず、ペイント本人も彼が自身と同じロイミュードと気づいていたようである)していた。010と同じように首の周りの色は青。やはり010と似たような能力を持ち、相手を糸状に変えるその能力で対象の人物をデッサン画としているが、こちらはモノクロとなっている。最後はタイプスピードモンスターに撃破された。


  • 060

「コンビネーションから左フックや!」

強盗(演:団長安田(安田大サーカス))

第5話に登場。首の周りの色が白い。クラッシュ・ロイミュードの配下・・・と言うより舎弟的存在であり、074(コブラ型)と共に輸送車襲撃事件を行っていた。上記の台詞と共に左フックをドライブに見舞おうとするが、「何だそれ?!」の一言と共に繰り出されたアッパーで一蹴された。最後はドライブとの戦闘でハンドル剣の攻撃を受け撃破された。


  • 020

MOVIE大戦フルスロットル』に登場。首の周りの色は銀色。魔進チェイサーと共に不穏因子であるサイバロイドZZZボディを持つゾルーク東条仮面ライダールパンを襲撃するが、逆に彼にデータを吸収された上でコアを砕かれ消滅。その後、彼のデータを元にしたコピーが大量に生産される事になった。


闇商人(演:マービンJr

第12話より登場。ガンマン・ロイミュードの弟で普段は彼のものとよく似た帽子を被り豚の人形のついた杖を持ったハイテンションな小太りの男性の姿をしている。また帽子のスリットから人間の邪念の籠った紙幣金貨を取り込んで進化を図ろうとしていた。東洋系の容姿だが元となった人間は暗黒街に住む兄弟の弟であり、闇商人を営んでいた。ロイミュードの姿においてもその帽子姿はそのままで首の周りの色が水色になっている。個体の能力として重加速バンドを生成する能力を持ち、それを複数作動させることで強力な重加速を発生させることができる。最期はガンマンと共にマッハと戦うも敗北。コアのみで逃走するも破壊され撃破された。

なお怪人態変化時のエフェクトは首周りの色と違い黄色をしている。


  • 046

ラバーズキャッスルあまぎスタッフ(演:石井靖見スーツアクターを兼任)

第16話に登場。首の周りの色は銀色になっている。085(コブラ型)と共にボイス・ロイミュードの配下として活動する。ボイス・ロイミュードの戦いに加勢するが、ドライブが変身したタイプデッドヒートに圧倒され、085と共に撃破された。


  • 064

第17話に登場。首の周りの色は銀色。046同様ボイス・ロイミュードの配下として活動する。095(バット型)と共にボイス・ロイミュードと戦うが完成したシフトデッドヒートでマッハが変身したデッドヒートマッハに095諸共撃破された。


  • 044

第20話に登場。チェイスに代わってメディックにより新たな死神に任命された「死神軍団」の1体。進化途中の下級ロイミュードだがケープを羽織り、頭を檻のような兜で隠している。武器として096と同じ鉤爪を右手に装備している(ただし左手は通常のロイミュードと同じ)。下級ロイミュードながら仮面ライダーに奮戦するも怒りに燃えるドライブのタイプデッドヒートの猛攻を受け、最後はメディックの盾にされ、094(コブラ型)と共に爆散した。


  • 054

第21話、第22話に登場。「死神軍団」の1体で044と同様に鉤爪を装備している。最後はデッドヒートマッハと交戦し、034(コブラ型)と共に撃破された。


  • 027

演:関智一

Type HIGH SPEEDより登場。首の周りの色はカラフルな色合いとなっており、物の外見をコピーする能力を持っている。この力を使って児童雑誌『てれびくん』の海賊本・『てびれくん』を制作して大規模な詐欺事件を起こして子供たちの夢を踏みにじり、更にドライブの姿をコピーして悪行三昧(?)を働いていた。


  • 102

映画『スーパーヒーロー大戦GP』に登場。首の周りの色は銀色。ショッカーによる歴史改変が行われる前に街で暴れていたが、駆けつけたドライブの『スピードロップ』で撃破されてしまった。


  • 078

第27話に登場。首の周りの色は銀色。シーカー・ロイミュードの配下として活動する。082(コブラ型)と共にマッハと交戦するが、参戦したチェイサーに撃破された。


  • 028

国家防衛局長官の秘書(演:石井淳)

第31話に登場。「死神軍団」の1体。武装については044、054と同じで、怪人態変化時のエフェクトは頭部などと同じ茶色。

001こと真影壮一の要請で092(バット型)と共に貸し出される。彼の部下に擬態していたが進ノ介が真影を攻撃した際に正体を現し、進ノ介を襲うが、駆け付けたチェイサーと交戦し、092と共に撃破された。元となった秘書は028が貸し出されるより前の第29話でも登場しており、028が貸し出された後に入れ替わったものと思われる。

なお、コピー元本人は始末されずに生存していたようだが、『ドライブサーガ 仮面ライダーハート』にてロイミュード5886に襲撃されてしまう。


  • 039

特殊部隊隊員

第36話に登場。首の周りの色は銀色。ブレンの配下として038(コブラ型)、040(バット型)と共に特殊部隊の隊員に化けていた。何故か怪人態のままでブレンと他の2名と共に特状課の実況を興味津々に眺めていた。最後はライダー達と交戦し、チェイサーによって038、040もろとも撃破された。


  • 047

警視庁職員

第35-36話に登場。首の周りの色は銀色。039同様ブレンの配下として048(バット型)、049(コブラ型)と共に記者会見に参加する警察関係者に化けていた。その後の戦闘では進ノ介に殴り飛ばされ倒れた所をシーフに「も~!この骸骨!!」と叩かれていた。最後はライダー達と交戦し、マッハによって048、049もろとも撃破された。

ドライブサーガ 仮面ライダーチェイサー』の冒頭にも登場。何かしらの問題行動を起こしたようで魔進チェイサーの手によって処刑された。


  • 025

第36話と第37話の間に発火事件を起こし、その後撃破されたことが語られている。

ドライブサーガ 仮面ライダーチェイサー』にも冒頭のグローバルフリーズの回想で登場。053(バット型)、ナンバー不明(コブラ型で首周りの形状から少なくともシングルナンバーではない)と共に行動していたがプロトドライブと遭遇し敗れた。

テレビ本編ではロイミュード撲滅表のみでの登場だったが『仮面ライダー図鑑』などでは姿を確認でき、首周りの色は銀色となっている。


  • 036

演:榮男樹

第37話に登場。首の周りの色は銀色。006の配下的存在で062(コブラ型)と共に日本に帰国する。

人間態の姿でも腕だけをロイミュードのものにして銃撃を行うことが出来る。通常の下級ロイミュードだが062と連携してチェイサーを翻弄するほどの高い戦闘力を持つ。

第39話にて新たに098(バット型)も加えてマッハ・チェイサーと再戦するが、チェイサーに他の2体とまとめて撃破された。


  • 045

第38話に登場。「死神軍団」の1体。上記3体とは異なり大鎌「ヘルサイス」で武装している。041(コブラ型)と共にライダーたちと交戦するがマッハとチェイサーの連携により撃破された。


  • 056、079

第41話に登場。首の周りの色は銀色。006の配下的存在。他のロイミュード達と蛮野を襲撃するが、返り討ちに遭い他のロイミュードとまとめて撃破された。


  • 012

第1話冒頭より登場。首の周りの色は緑色。002同様街で暴れていたが、ミッドナイトシャドーに撃破され、006、066(バット型)と共に数字の姿で逃亡した。その後メディックにより回復させられたことが第41話の回想で明らかとなっている。

その後、最終話に1か月前の回想と言う形で登場。この時は首の周りの色が銀色になっている。055(コブラ型)と共に犯罪組織「ネオシェード」と共謀していた。そしてアジトを突き止めたライダー達と交戦するがマッハチェイサーの連携により撃破された。

その為、第43話のロイミュード撲滅表にて既に倒されているのが確認できる。


  • 022

第43話に登場。「死神軍団」の1体。武装は特にしていない。

メディックの命令でブレンを確保しようと、013(コブラ型)、080(バット型)と共に彼を襲撃するがドライブ達と戦い他の2人とまとめて撃破された。


  • 032

第44話に登場。「死神軍団」の1体。武装は銃器。偽りの約束の地に集まるロイミュードであったがライダーたちと交戦し、最後はチェイサーにより021(コブラ型)、083(バット型)と共に撃破された。


  • 097

第44話に登場。首の周りの色は銀色。偽りの約束の地に集まるロイミュードであったがライダーたちと交戦し、最後はマッハにより073(コブラ型)、107(バット型)と共に撃破された。

ドライブサーガ 仮面ライダーチェイサー』にも登場。こちらでは本編では見せなかった白い服を着た男性に化けている。エンジェルに賛同するロイミュードの1人であったが、他の賛同者と共にエンジェルによってコアを取り込まれてしまうもチェイサーの活躍でコアを解放された。


  • 015

第45話に登場。蛮野の配下となった「死神軍団」の1体。武装は特になし。075(コブラ型)、035(バット型)と共にドライブピットを襲撃し、これの破壊に成功する。

その後、ライダー達と交戦するが、ライダーの連携攻撃を受け、最後にトリプルライダーキックを喰らい他の2名と共に爆散した。

ドライブサーガ 仮面ライダーチェイサー』にも登場。こちらでは本編では見せなかった白い服を着た男性に化けている。エンジェルに賛同するロイミュードの1人であったが、他の賛同者と共にエンジェルによってコアを取り込まれてしまうもチェイサーの活躍でコアを解放された。またこのときは死神への強化改造前であるため、一瞬であるが元の下級ロイミュードを見せている。


  • 019

第45話に登場。蛮野の配下となった「死神軍団」の1体。武装は特になし。蛮野と他の死神達と共に真の約束の地である特防センタービルを占拠する。

特防センタービルにてゴルドドライブ、070(コブラ型)、059(バット型)と共にライダーたちと交戦するが、チェイサーによって他の死神2体と共に撃破された。


  • 081

第45話に登場。蛮野の配下となった「死神軍団」の1体。武装は特になし。蛮野と他の死神達と共に真の約束の地である特防センタービルを占拠する。105(コブラ型)、101(バット型)と共にビル上階の護衛を担当する。

第46話でドライブハート・ロイミュードメディック・ロイミュードと交戦するが、最後はドライブによって撃破された。

関連記事

仮面ライダードライブ ロイミュード 下級ロイミュード

ロイミュード(コブラ型) ロイミュード(バット型)


蜘蛛男 - モデル

ミラーモンスター ワーム - 同じくクモ型怪人が多数登場

関連記事

親記事

下級ロイミュード かきゅうろいみゅーど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11569

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました