ピクシブ百科事典

クラッシュ・ロイミュード

くらっしゅろいみゅーど

クラッシュロイミュードとは、『仮面ライダードライブ』第4話に登場した怪人。ロイミュード023が進化した上級ロイミュード。
目次[非表示]

「先に仮面ライダーを消すのは、オレかもよぉ!」

データ

身長223.0cm
体重250.0kg
特色/腕部の大質量ハンマーから繰り出す強力な打撃、火薬などの危険物を摂取し一時的に戦闘力を上昇させる
進化元ロイミュード023
人間態のコピー元不明
CVHIRO(安田大サーカス)


概要には、限度があるんじゃないの?

コブラ型ロイミュード023が進化した上級ロイミュードの1体。モチーフはハンマー。本編では登場時には進化を果たしており、下級ロイミュードの姿は未登場。
人間態は派手な衣装に身を包んだ肥満体の巨漢の姿をしており(何故かロイミュードの姿に戻ると痩せる)、常に何かを食べている。なお、コピー元の人物については明かされていない。
第4話で初登場し、第5話から本格的な行動に移る。
自身の欲望に忠実な暴れん坊で、ブレンから「無秩序で無遠慮で問題の者」と言われたり、チェイスからも060(演:団長安田)と074(演:クロちゃん)も含め「お前(ブレン)が一番嫌いそうな奴ら」と称され、処刑の対象にされかけるなど問題のある面が多い。また、相手の命乞いを「やーだね!」と一蹴して叩き潰そうとする等、演者のイメージとは大違いの残酷な面も見られた。
見た目通りのパワーファイターであり、両腕のハンマーからの強力な打撃を得意とする。さらに爆薬などの危険物を摂取することで一時的にパワーアップすることも可能であり、爆薬を求めて下級ロイミュード060、074を引き連れて輸送車襲撃事件を起こしていた。060と074からは「兄貴」と呼ばれ慕われており、部下と言うよりは舎弟に近い間柄の様である(第5話のタイトルではこの3人を『鋼の強盗団』と呼称している)。
最後は爆薬を製造するフォントアール社を074と襲撃中にドライブとの戦闘となるも巨大化した074を撃破されタイプワイルドと戦うも力及ばずハンドル剣の「ドリフトスラッシュ」を受け撃破された(ドライブは倒すと周囲を巻き込んで大爆発するとか考えなかったのか?)。

余談

安田ロイミュード大サーカス現る!


クラッシュ及びその舎弟2体を演じる安田大サーカスは、かつてレスキューフォースにて幹部怪人を演じており(その時はクロちゃんがリーダー格だった)その為か演技がかなり板についており、アドリブも多かったとのことである。因みにクラッシュはパワー系の怪人だが、演者のHIROは元大相撲力士の経歴(元序二段・和歌桜)がある。
名前やモチーフはロボット刑事のコワシマンやイナズマンFのハンマーデスパーと類似している。
また、第5-6話ではクラッシュ達に襲われる輸送車の運転手・市川勇蔵役で山本康平(忍風戦隊ハリケンジャー尾藤吼太/ハリケンイエロー役)、フォントアール社社長・倉持満役で水野智則(大戦隊ゴーグルファイブの大山大介役)が出演しており、山本氏は平成ライダーでは3回目の出演、水野氏は31年ぶりの東映特撮出演となった。市川の身長がドライブとほぼ同じ位(199㎝)に見える点はご愛嬌。

関連タグ

仮面ライダードライブ ライダー怪人 ロイミュード 上級ロイミュード ロイミュード(コブラ型) 

ロイミュード018:演者が同じく元大相撲力士

ロイミュードXXX
ロイミュード022クラッシュロイミュード(023) → ボルトロイミュード(024)

外部リンク

ロイミュード023 仮面ライダー図鑑

クラッシュロイミュード 仮面ライダー図鑑

クラッシュロイミュード人間態 仮面ライダー図鑑

関連記事

親記事

上級ロイミュード じょうきゅうろいみゅーど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「クラッシュ・ロイミュード」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「クラッシュ・ロイミュード」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38977

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました