ピクシブ百科事典

尾藤吼太

びとうこうた

スーパー戦隊シリーズ第26作『忍風戦隊ハリケンジャー』に登場する人物。ハリケンイエローに変身する。
目次[非表示]

演:山本康平

人物

忍風館陸忍科第507期生。
かつては椎名鷹介野乃七海と共に落ちこぼれの忍者と言われていたが、館長の日向無限斎は、実は高く評価していた。
宇宙忍群ジャカンジャの襲撃時では、鷹介・七海と共に朝礼をサボっていたため、難を逃れることが出来た。

後先考えずに突っ走りがちな鷹介や七海に対し、吼太は慎重派で、それで対立したこともあった。(巻之四・巻之二十九)
鳴子(めいこ)という保育士の妹がいて、彼女は兄が忍者であることを知っている模様。
普段の彼は介護福祉士として活動しており、高齢者たちのウケはいい。それもそのはず、若い頃の祖父に似てイケメンだかららしい。ちなみに特徴的な髪の毛は天然パーマである。

尾藤あやめという戦前に生まれた祖母がおり、現在は死別しているが、巻之二十五にて復活忍者バンパ・イヤーンの能力で現代の女子高生レベルにまで若返って現世に蘇る。死亡した後もずっと守護霊として彼を見守って来たらしく、戦争で死亡した夫の二の舞になるのを止めるべく、ハリケンジャーを辞めさせようとした。しかし、彼の奮闘する姿を見た彼女は安心してあの世へと帰っていった。今も彼女は尾藤家を影から見守っている事だろう。


海賊戦隊ゴーカイジャー』では

第25話「海賊とニンジャ」および第26話「シュシュッとTHE SPECIAL」に、鷹介・七海と共に登場した。
現在でも介護福祉士として活動を続けている。
宇宙帝国ザンギャックの行動隊長・サタラクラJr.とサンダールJr.の暗躍を察知し、鷹介・七海と再会。
ゴーカイジャーに対しては、当初はあまりいい印象は持っていなかったが、ボキ空間での交流で考えを改める。
戦闘シーンでは、ジョー・ギブケンドン・ドッゴイヤーと武器交換をし、ジョーのゴーカイサーベルを手に持った時には、「海賊の武器だ!」と歓声を上げた。

「10years after」では二児の父親になっており、娘は「鈴音」、息子は「陸」と名付けられた。
彼女達には自分がハリケンジャーだという事は秘密にしていたが、続編の小説版で彼女達の活躍を描いたエピソード「毒鳥と姉弟」ではとうとう正体がバレてしまう。黒子ロボが記憶を消去しに現れたが、吼太の判断で記憶は消されることはなかった。

余談

吼太を演じた山本氏は仮面ライダードライブで第5話から第6話にかけてゲストである市川勇蔵を演じており、シノビチェンジのポーズを取ったスチールが撮影されている。

関連タグ

忍風戦隊ハリケンジャー ハリケンイエロー
椎名鷹介 野乃七海

鷲尾岳 ← 尾藤吼太 → 樹らんる

関連記事

親記事

ハリケンイエロー はりけんいえろー

pixivに投稿された作品 pixivで「尾藤吼太」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7547

コメント