ピクシブ百科事典

仮面ライダードライブ

かめんらいだーどらいぶ

「仮面ライダードライブ」とは、2014年より放送の特撮ドラマ作品。「平成仮面ライダーシリーズ」としては第16作目となる。
目次[非表示]

あの日、世界は静止し、崩壊するはずだった。
一人の男と、一台の車がその運命を変える。

この男、刑事で仮面ライダー!

概要

2014年5月に商標登録公開。平成ライダー16作品目。
同年8月下旬にムック「THE仮面ライダーEX VOL.2 」や幼児雑誌などで概要が先行発表、8月28日に製作発表が行われた。メインスタッフは東映プロデューサーに大森敬仁、メインライターに三条陸という『獣電戦隊キョウリュウジャー』のコンビとなる。
2014年10月5日よりオンエア、全48話で2015年9月27日をもって完結した。

をメインモチーフとしており、仮面ライダーシリーズ初のスーパーカーを駆る仮面ライダー

主題歌松岡充氏がユニット「mitsuru matsuoka EARNEST DRIVE」名義で担当した。

なお、劇場版は久しぶりに次回作の主人公のゲスト出演が見られた他、前々番組『仮面ライダーウィザード』以来となる特別編が展開される。

そして約半年後、テレ玉お昼の時間帯で再放送が開始する。

総合的な評価

主人公警察官で、刑事ドラマものの要素も取り入れられている。そのため「とりあえず戦うぞ!」というタイプの主人公が多いライダーシリーズに置いては群を抜いた知性派の主人公として話題を呼んだ。

また前作、『仮面ライダー鎧武』の作風があまりに重々しくシリアスだったことが原因で視聴率を大きく落としてしまったため、TV局の要望により二話1エピソード、コメディ&ドラマ路線に戻された。
そのため、作風そのものは前作と比べるとかなり明るく、全体的にコミカルな要素が強い。ギャグやコメディの数も多く、王道的な作品として比較的子供でも見やすいように工夫されている。一方で公務員&仮面ドライバーなど、メタルヒーロー化した異色作でもある。

ストーリー自体はかなりシリアス要素が多く、物語前半こそコメディを織り交ぜた明るめの作風ではあるが、物語が進みドライブの変身者が広く知れ渡る出来事を境にシリアス色が強くなっていき、後半ではコメディ要素を残しつつもハードで怒涛の展開が繰り広げられた。

怪人サイドに純粋な悪人とは言い切れない人物がいたり、逆に人間サイドに救いようのないド外道が多数いたりと、「怪人は悪で人類は正義」という単純な勧善懲悪論では割り切れない複雑なキャラクター設定がなされているのも大きな特徴である(一応、過去の平成ライダーにもいくつか前例はあるが、本作は特にそうした傾向が顕著である)。

それを象徴するかのように後述の劇場版において一時的とはいえ主人公が自らの意思で率先して悪の手先として働き、先輩ライダーさえも打ち倒すといったシーンも描かれている。

あらすじ

機械生命体・ロイミュードによる大規模破壊「グローバルフリーズ」から半年。人々は日常に戻りながらも、当時の周囲の時間が止まったような感覚重加速、通称「どんより」と呼んで恐れていた。

そんな「どんより」に対応する警視庁特状課に勤める警察官・泊進ノ介は、愛車「トライドロン」に備わった謎のベルトから盛んに戦士になるよう語りかけられていたものの、グローバルフリーズ中に起きた事故により相棒を失ったことでどんよりとした日々を送っていた。

だがそんな彼の日常は、再び発生した重加速現象とロイミュードによる犯罪によって一変する。
目の前で苦しむ市民を救うため、そして自身がもう1度走り出すため、進ノ介は重加速の中でただ一人動ける戦士・仮面ライダードライブとなりロイミュードとの戦いに身を投じるのだった。

登場人物

仮面ライダードライブの登場人物一覧

主題歌/挿入歌

作詞:藤林聖子/作曲・編曲:tatsuo/歌:Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE
OPテーマ。マッハ/サーガではアレンジ版である「eternity(~from SURPRISE-DRIVE)」がテーマ曲として使用された。こちらはマッハ/サーガ発表前にシングルで発売されていたもの。

  • Full Throttle
作詞:藤林聖子/作曲・編曲:tatsuo/歌:S.S.P.D.〜Steel Sound Police Dept〜
仮面ライダーマッハ/仮面ライダーチェイサーマッハテーマソング。

  • Don't lose your mind
作詞:藤林聖子/作曲・編曲:tatsuo/歌:S.S.P.D.〜Steel Sound Police Dept〜
仮面ライダードライブ戦闘テーマ。しかし、もっぱら挿入歌としてはOPが使用される事が多かった。

  • UNLIMITED DRIVE
作詞:藤林聖子/作曲:DJHurryKenn/編曲:RYO/歌:仮面ライダーGIRLS
タイプ
タイプトライドロン戦闘テーマ。

  • Spinning Wheel
作詞:藤林聖子/作曲・編曲:鳴瀬シュウヘイ/歌:泊進ノ介・詩島剛・チェイス(C.V.竹内涼真・稲葉友・上遠野太洸)
ドライブ/マッハ/チェイサー共闘テーマ。

  • sing my song for you 〜サヨナラの向こう側まで〜
作詞・作曲:松岡充/歌:Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE with TEAM ドライブ and 鎧武(佐野岳小林豊志田友美、竹内涼真、内田理央、上遠野太洸、蕨野友也、松島庄汰)
MOVIE大戦フルスロットル主題歌。歌詞は松岡充氏が手掛けて来た平成ライダーテーマ曲の歌詞が挿入されている。

  • Who's That Guy
作詞:藤林聖子/作曲・編曲:SAKOSHIN/歌:及川光博
スーパーヒーロー大戦GP/春休み合体スペシャル主題歌。
タイトルを和訳すると「あの男は何者だ」。

  • time
作詞 - 松岡充 / 作曲 - tatsuo / 編曲 - tatsuo、五十嵐“IGAO”淳一 / 歌 - Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE
仮面ライダー4号主題歌。

  • re-ray
作詞・作曲:松岡充/編曲:tatsuo、鳴瀬シュウヘイ/歌:Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE
劇場版主題歌。

  • good bye little moon
作詞・作曲:松岡充/編曲:tatsuo、五十嵐“IGAO”淳一/歌:Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE
ドライブサーガ仮面ライダーチェイサー主題歌。元々は「TIME」のシングルCDに収録されていた楽曲。

シークレット・ミッションシリーズ

様々な媒体で展開される外伝作品の総称。本編とリンクしている・短編・前日譚や推理ドラマ等の本編では取り扱う事が出来ないテーマを扱っている、といった特徴がある。

MOVIE大戦フルスロットル』公開に合わせて、来場先着100万名に入場者プレゼントとして無料配布されたDVD作品。テレビシリーズの前日譚に当たる物語で、プロトドライブの活躍が描かれる。

てれびくん』2015年1月号に付録として同梱されたDVD作品。『type ZERO』の後日談に当たる物語で、『MOVIE大戦フルスロットル』ともリンクしている。時系列は本編第4話と第5話の間とされているが、小説『マッハサーガ』では第6話以降とされている。

  • 『type HIGH-SPEED! ホンモノの力! タイプハイスピード誕生!』
ドライブのハイパーバトルビデオに当たる作品。『てれびくん』2015年3月号から応募が開始された、有料の応募者全員サービス作品。タイプハイスピードにせドライブが登場する。
時系列は第22話と第23話の間で、『type TOKUJO』の後(小説『マッハサーガ』より)。

  • 『type TOKUJO』
テレビ本編のBlu-ray COLLECTIONに特典として収録されている作品。特状課誕生の経緯と全てのシークレット・ミッションシリーズを繋ぐ謎を取り上げている。全4話。
グローバルフリーズ当日に起きたとある殺人事件を解き明かす推理ドラマの意味合いが強く、敵怪人との戦闘等の仮面ライダー要素はかなり少ない。
時系列は第22話と第23話の間で、『type HIGH-SPEED!』の前(小説『マッハサーガ』より)。
第1話「特状課はどうやって集められたのか」2015年4月8日発売の第1巻に収録
第2話「アニマシステムとは一体なにか」2015年7月8日発売の第2巻に収録
第3話「だれが小田桐教授を殺したのか」2015年10月7日発売の第3巻に収録
第4話「なぜ蛮野博士はグローバルフリーズを狙ったのか」2016年1月6日発売の第4巻に収録

  • 『type LUPIN ~ルパン、最後の挑戦状~』
MOVIE大戦フルスロットルに登場した「仮面ライダールパン」との決着を描く、シークレット・ミッションシリーズ最終作。時系列はテレビ本編の最終回直前(少なくとも下記の『仮面ライダーチェイサー』よりは前の時系列)。
10月1日発売の『てれびくん11月号』から募集開始。10月31日発売の『仮面ライダードライブ超全集』からも応募可能。ちなみに、応募者全員有料サービスDVD。
また、この作品もハイパーバトルビデオと言う扱いで、史上初のHBV第2弾である
youtubeの公式予告動画への外部リンク

ドライブサーガ

シークレット・ミッションシリーズとは異なる、仮面ライダードライブの新たなVシネマ作品シリーズ。

  • 『仮面ライダーチェイサー』
発売日は2016年4月20日(水)
時系列は本編第41話の直前、すなわち『サプライズ・フューチャー』の直後。
チェイスを主人公に据えて彼のルーツや心情に迫る作品で、プロトドライブの再登場魔進チェイサーの新たな姿である超魔進チェイサーが登場する。
ゲストとして赤い警察ライダーである照井竜/仮面ライダーアクセルが登場する。

  • 『仮面ライダーマッハ/仮面ライダーハート』
外伝作品第2弾。
発売日は2016年11月16日(水)
時系列は双方共に小説『マッハサーガ』の後。
新たな仮面ライダーとして、仮面ライダーマッハチェイサー仮面ライダーハートが登場する。

仮面ライダードライブ作品初のドラマCD作品
発売日は2016年11月30日(水)
オリジナルキャラクターとして人工知能の「ヒュプノス」(CV:神谷浩史)が登場する。

東映特撮ファンクラブにて全2話で制作。配信は2019年4月下旬を予定。
元々は2017年エイプリルフールネタだったが、2019年のエイプリルフールにも再び告知され、またネタかと思いきやまさかの公式となった。
名実ともに「平成のトリを飾る仮面ライダー」。

公式外伝小説

著者:大森敬仁・監修:長谷川圭一
"講談社キャラクター文庫"より発売中の外伝小説作品。
発売日はドライブサーガ第1弾と同じ2016年4月20日(水)。 
物語の舞台は本編から2年後。マッハこと詩島剛のその後と初変身の際のエピソード及び本編完結後に起きた事件を取り上げる。
なお、ドライブサーガとリンクする内容も文中に存在している。

放送休止情報

2014年11月2日:「第46回全日本大学駅伝」放送の為。第4話と第5話の間。
2015年1月4日:「石ちゃん&振分親方のご当地グルメとりわけ旅 新春SP」放送の為。第12話と第13話の間。
2015年6月21日:「第115回全米オープンゴルフ」放送の為。第34話と第35話の間。

類似点のある作品・キャラクター

仮面ライダーシリーズ


スーパー戦隊シリーズ

ドラマ

映画
  • ワイルド・スピードシリーズ:「スピード」「ワイルド」「カーアクション」という共通点あり。

外部リンク

TV朝日公式サイト
東映公式サイト

ドライブサーガ第1弾公式サイト
ドライブサーガ第2弾公式サイト

関連動画




関連イラスト

最古シリーズだいたいあってるだいたいあってない
仮面ライダードライブ キャラデザ
【仮面ライダードライブ】予想してみた
超人サイバーZ
仮面ドライバーライダー少女野生の公式
仮面ライダードライブ
センシティブな作品
【架空ポスター】劇場版仮面ライダードライブ【ネタ】

※新しい用語や人物名が出た場合は公式HPや各種特撮雑誌、即効で見たい場合は本放送中のテレビの字幕で標示されており、新たなタグや記事を書くユーザーはこれらを参考にすることをお薦めする。

関連タグ

特撮 仮面ライダー 平成ライダー 平成二期 仮面ライダーシリーズ ドライブ(仮面ライダー) ポリスライダーズ
カウントダウンtoグローバルフリーズ サプライズ・フューチャー
春休み合体1時間スペシャル スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー4号
MOVIE大戦フルスロットル 超MOVIE大戦ジェネシス 仮面ライダー平成ジェネレーションズ
:モチーフ 仮面ドライバー:ある意味こっちが正解?

仮面ライダージオウ2018年9月から放送された過去作の平成ライダーが登場する作品。本作の登場人物やライダーも登場する。

マリオカート8:放送開始と同年に発売された、車やバイクが登場するゲーム作品。

ブレードランナー:同じ社会に紛れ込むアンドロイドと戦う刑事の物語。グローバルフリーズの光景はまさに当映画の世界観をスローモーションで彷彿している。人間の本質を問う哲学もある。

ロボコップ:正真正銘の警察官の改造人間。昭和の仮面ライダーを知っているが、ドライブについて何も知らなければこちらを連想してしまうかもしれない。

機動刑事ジバン:↑まあそんなことを言ったら東映特撮には既にこれがあるのだが。

ニチアサ同期:烈車戦隊トッキュウジャー手裏剣戦隊ニンニンジャー(30分前)、ハピネスチャージプリキュア!Go!プリンセスプリキュア(30分後)

仮面ライダー鎧武仮面ライダードライブ仮面ライダーゴースト

関連記事

親記事

平成二期 へいせいにき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「仮面ライダードライブ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「仮面ライダードライブ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28181857

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました