ピクシブ百科事典

仮面ライダードライブ

かめんらいだーどらいぶ

「仮面ライダードライブ」とは、2014年より放送の特撮ドラマ作品。「平成仮面ライダーシリーズ」としては第16作目となる。
目次[非表示]

あの日、世界は静止し、崩壊するはずだった。
一人の男と、一台の車がその運命を変える。
この男、刑事で仮面ライダー!!

概要

2014年5月に商標登録公開。平成ライダー16作品目。
同年8月下旬にムック「THE仮面ライダーEX VOL.2 」や幼児雑誌などで概要が先行発表、8月28日に製作発表が行われた。メインスタッフは東映プロデューサーに大森敬仁、メインライターに三条陸という『獣電戦隊キョウリュウジャー』のコンビとなる。
2014年10月5日よりオンエア、全48話で2015年9月27日をもって完結した(但し、最終回は本編の後日談+次回作仮面ライダーゴーストとのコラボ回であり第47話が実質的な最終回だった)。

をメインモチーフとしており、史上初めてバイクに全く乗らない代わりに自動車に乗る仮面ライダーである

主人公警察官で、刑事ドラマものの要素も取り入れられている。そのため「とりあえず戦うぞ!」というタイプの主人公が多いライダーシリーズに置いては群を抜いた知性派の主人公として話題を呼んだ。

また、物語前半こそコメディを織り交ぜた明るめの作風ではあるが、物語が進みドライブの変身者が広く知れ渡る出来事を境にシリアス色が強くなっていき、後半では前番組に勝るとも劣らない、ハードで視聴者に多くのトラウマを植え付けるような怒涛の展開が繰り広げられた。

更に怪人サイドに純粋な悪人とは言い切れない人物がいたり、逆に人間サイドに救いようのない卑劣漢がいたり…といった具合に、「怪人は悪で人類は正義」という単純な勧善懲悪論では割り切れない複雑なキャラクター設定がなされているのも大きな特徴である(一応、過去の平成ライダーにもいくつか前例はあるが、本作は特にそうした傾向が顕著である)。

主題歌松岡充がユニット「mitsuru matsuoka EARNEST DRIVE」名義で担当した。

なお、劇場版は久しぶりに次回作の主人公のゲスト出演が見られた他、前々番組『仮面ライダーウィザード』以来となる特別編が展開される。

そして約半年後、テレ玉お昼の時間帯で再放送が開始する。

あらすじ

半年前に起こった謎の怪現象「重加速」による事件、「グローバルフリーズ」。それがきっかけでやる気を失っていた警察官・泊進ノ介は警視庁特状課に配属されていた。そこで彼に戦士になるよう盛んに語りかける謎のベルト「ドライブドライバー」、再び発生する「重加速」。進ノ介は仮面ライダードライブとして、怪現象を引き起こす敵勢力「ロイミュード」と闘うことになる。

登場人物

仮面ライダー及びライバル戦士

とまりくん
仮面ライダードライブ


本作の主人公が好きな警察官。巡査。仮面ライダードライブの変身者。

ずっとマッハ!
閃光とマッハ
一緒に戦ってくれ。


詩島霧子の。冒険家兼フリーの報道カメラマンとして世界を旅行していたが、アメリカで仮面ライダーになるための訓練を受け、仮面ライダーマッハの変身者となって帰国。

さよならチェイス
rider_chaser
プロトドライブさんと【7,8話】感想絵
魔進チェイサー


紫のライダースーツを着たロイミュードの「死神」。魔進チェイサーに変身し、かつては仮面ライダーを敵視していたが、後に記憶を取り戻し人々の為に戦う仮面ライダーチェイサーとして再起する。

本願寺課長
仮面ライダー純


特状課課長。階級は警視。トラブル嫌いの穏健派で占いにこだわっている。しかし物語中盤では新たな一面が明らかになり、そして第44話では遂に…!?

蛮野3点セット
lap.41「黄金のドライブはどうやって生まれたのか」


ドライブドライバー(クリム・スタインベルト)の親友にして15年前にロイミュードを制作した今回の事件の元凶を作ったともいえる天才科学者
反乱を起こしたロイミュードの試作機たちに粛清され、既に故人となっているらしいが…。

警視庁特状課

  • 泊進ノ介

詳細は上記を参照。

本作のヒロインにして進ノ介の相棒的存在。巡査。

客員電子物理学者。重加速現象「どんより」の名付け親。

客員ネットワーク研究家。オタクらしい容姿に加え、オカルト的趣味も加えている。

  • 本願寺純
詳細は上記を参照。

特状課との連絡要員で捜査一課の警部補。重加速や怪人の存在を否定していたが実際に目撃して考えを改める。愛称は「現さん」。

ドライブの関係者

進ノ介がドライブに変身するための専用ベルト。通称「ベルトさん」。意思を持ち、自ら進ノ介の車「トライドロン」を動かす。

  • 詩島剛
詳細は上記を参照。

マッハの変身システム「ネクストシステム」を開発した科学者。クリムの恩師。

その他

特状課の前の部署にいた進ノ介の同僚。過去の進ノ介の失態で再起不能の重傷を負う。

  • 蛮野天十郎
詳細は上記を参照。

泊進ノ介の父親で、「警視庁でその名を知らない者はいなかった」と言われるほどの凄腕の刑事で、進ノ介が刑事に憧れるきっかけを作った。とある銀行強盗事件に巻き込まれたことで殉職し、現在は故人となっているが、彼の死の真相が物語の中で大きな役割を果たすことになる。

第29話より登場した女子高生。かつて前述の銀行強盗事件で泊英介に命を救われており、英介の死に纏わる謎を紐解くキーキャラクター。

有名な犯罪心理学者。しかし、その本性は…?
本編での出番は少ないが、シークレット・ミッションシリーズの殆どに登場しており(回想含む)、また、本編第27・28話では彼に関係した事件が起こっている等、『仮面ライダードライブ』全体で見ると地味に重要人物。

最終回に登場した、進ノ介の因縁の相手である犯罪組織ネオシェードの構成員。
彼曰く、自分は只の運び屋で組織のリーダーに脅迫されて悪事に手を染めていたらしいが…?

ロイミュード

人間に憧れる人工生命体で本作の敵怪人

  • チェイス
詳細は上記を参照。

赤いコートを着たロイミュードの指導者。ロイミュードたちを「友達」と呼び、とても大切に思っている。

緑のジャケットを着て眼鏡をかけたロイミュードの参謀。主に情報収集やハートの補佐を担当している。

黒いゴスロリ風の服を着たロイミュードの紅一点。ロイミュードの治療や強化改造を担当し、洗脳術を得意とする。

表の顔は大物政治家だが、その正体はロイミュードの幹部の1人。自分から行動することは少なく、裏で権謀術数を巡らせる策略家。

新年度から新たに就任した捜査一課。特状課を島流し部署として見下している。
真影やブレンと結託しており、終盤で融合進化態ロイミュードとなる。

終盤で登場した幹部の1人で、白いマフィアのような服装が特徴の青年。
既に進化態へと覚醒しているようだが、現段階ではその姿を明かしてはいない。ただし、生身でも仮面ライダーを圧倒できるほどの戦闘力を誇っている。

終盤で登場した幹部の1人で、バックパッカー風の男性の姿が特徴の青年。
既に超進化する目前の状態に到達している強敵で、超進化態になるべく暗躍する。

上級ロイミュードの1人で、スパイダー型。長い間行方不明になっていたが、終盤で姿を現した。
ハートたちの配下ではなく、ある人物の手駒として暗躍しているようであるが…。

呼称表
が\に進ノ介霧子りんな本願寺現八郎ベルトさんチェイス
進ノ介霧子りんなさん究ちゃん課長現さんベルトさんチェイス
霧子泊さん/進ノ介りんなさん西城さん課長現さんクリムチェイス
りんな進ノ介君霧子ちゃん西城君課長現八剛君クリムチェイス君
進ノ介君霧子ちゃんりんなさん課長追田警部補剛君ベルトさんチェイス君
本願寺泊ちゃん霧子ちゃんりんなさん究ちゃん追田警部補剛君クリムちゃんチェイス君
現八郎進ノ介嬢ちゃん先生課長さん/理事官ベルトさんチェイス
進兄さん姉ちゃんりんなさん究ちゃん課長さん/ボス追田警部補クリムチェイス
ベルトさん進ノ介霧子りんな西城本願寺追田警部補チェイス
チェイス泊進ノ介/進ノ介霧子クリム

シークレット・ミッションシリーズ

様々な媒体で展開される外伝作品の総称。本編とリンクしている・短編・前日譚や推理ドラマ等の本編では取り扱う事が出来ないテーマを扱っている、といった特徴がある。

MOVIE大戦フルスロットル』公開に合わせて、来場先着100万名に入場者プレゼントとして無料配布されたDVD作品。テレビシリーズの前日譚に当たる物語。プロトドライブの活躍が描かれる。

てれびくん』2015年1月号に付録として同梱されたDVD作品。『type ZERO』の後日談に当たる物語で、『MOVIE大戦フルスロットル』ともリンクしている。時系列は本編第4話と第5話の間とされているが、小説『マッハサーガ』では第6話以降とされている。

  • 『type HIGH-SPEED! ホンモノの力! タイプハイスピード誕生!』
ドライブのハイパーバトルビデオに当たる作品。『てれびくん』2015年3月号から応募が開始された、有料の応募者全員サービス作品。タイプハイスピードにせドライブが登場する。
時系列は第22話と第23話の間で、『type TOKUJO』の後(小説『マッハサーガ』より)。

  • 『type TOKUJO』
テレビ本編のBlu-ray COLLECTIONに特典として収録されている作品。特状課誕生の経緯と全てのシークレット・ミッションシリーズを繋ぐ謎を取り上げている。全4話。
グローバルフリーズ当日に起きたとある殺人事件を解き明かす推理ドラマの意味合いが強く、敵怪人との戦闘等の仮面ライダー要素はかなり少ない。
時系列は第22話と第23話の間で、『type HIGH-SPEED!』の前(小説『マッハサーガ』より)。
第1話「特状課はどうやって集められたのか」2015年4月8日発売の第1巻に収録
第2話「アニマシステムとは一体なにか」2015年7月8日発売の第2巻に収録
第3話「だれが小田桐教授を殺したのか」2015年10月7日発売の第3巻に収録
第4話「なぜ蛮野博士はグローバルフリーズを狙ったのか」2016年1月6日発売の第4巻に収録

  • 『type LUPIN ~ルパン、最後の挑戦状~』
MOVIE大戦フルスロットルに登場した「仮面ライダールパン」が登場する、シークレット・ミッションシリーズ最後の作品。時系列はテレビ本編の最終回直前(少なくとも下記の『仮面ライダーチェイサー』よりは前の時系列)で、ドライブとルパンとの本当の決着を描く。
10月1日発売の『てれびくん11月号』から募集開始。10月31日発売の『仮面ライダードライブ超全集』からも応募可能。ちなみに、応募者全員有料サービスDVD。
また、この作品もハイパーバトルビデオと言う扱いで、史上初のHBV第2弾である
youtubeの公式予告動画への外部リンク

ドライブサーガ

シークレット・ミッションシリーズとは異なる、仮面ライダードライブの新たなVシネマ作品シリーズ。

  • 『仮面ライダーチェイサー』
本編最終回終了後にその存在が明かされた外伝作品。
発売日は2016年4月20日(水)
時系列は本編第41話の直前、すなわち『サプライズ・フューチャー』の直後。
チェイスを主人公に据えて彼のルーツや心情に迫る作品で、プロトドライブの再登場魔進チェイサーの新たな姿である超魔進チェイサーが登場する。そして何と照井竜/仮面ライダーアクセルがゲストとして登場する。

  • 『仮面ライダーマッハ/仮面ライダーハート』
外伝作品第2弾。
発売日は2016年11月16日(水)
タイトル通り、主役は仮面ライダーマッハ/詩島剛ハート・ロイミュード/ハート
時系列は双方共に小説『マッハサーガ』の後。
新たな「仮面ライダー」として、仮面ライダーマッハチェイサー仮面ライダーハートが登場する。

正式名称は『ドラマCDドライブサーガ 仮面ライダーマッハ夢想伝』
仮面ライダードライブ作品初のドラマCD作品
発売日は2016年11月30日(水)
オリジナルキャラクターとして人工知能の「ヒュプノス」(CV:神谷浩史)が登場する。

公式外伝小説

"講談社キャラクター文庫"より発売中の正式な外伝小説作品。
著者:大森敬仁・監修:長谷川圭一
発売日はドライブサーガ第1弾と同じ2016年4月20日(水)。 
物語の舞台は本編から2年後。マッハこと詩島剛のその後と初変身の際のエピソード及び本編完結後に起きた事件を取り上げる。
なお、ドライブサーガとリンクする内容も文中に存在している。

放送休止情報

2014年11月2日:「第46回全日本大学駅伝」放送の為。第4話と第5話の間。
2015年1月4日:「石ちゃん&振分親方のご当地グルメとりわけ旅 新春SP」放送の為。第12話と第13話の間。
2015年6月21日:「第115回全米オープンゴルフ」放送の為。第34話と第35話の間。

関連イラスト

最古シリーズだいたいあってるだいたいあってない
仮面ライダードライブ キャラデザ
【仮面ライダードライブ】予想してみた
超人サイバーZ
仮面ドライバーライダー少女野生の公式
仮面ライダードライブ
ドライブさん
【架空ポスター】劇場版仮面ライダードライブ【ネタ】

※新しい用語や人物名が出た場合は公式HPや各種特撮雑誌、即効で見たい場合は本放送中のテレビの字幕で標示されており、新たなタグや記事を書くユーザーはこれらを参考にすることをお薦めする。

外部リンク

TV朝日公式サイト
東映公式サイト
番組公式Twitter

シークレット・ミッションシリーズ公式サイト
ドライブサーガ第1弾公式サイト
ドライブサーガ第2弾公式サイト

関連タグ

仮面ライダー鎧武 ⇒本作品⇒仮面ライダーゴースト

仮面ライダー 平成ライダー 平成二期 ハイパーバトルビデオ
- モチーフ 仮面ドライバー - ある意味こっちが正解?
マリオカート8 - 放送開始と同年に発売された、車やバイクが登場するゲーム作品。

特別作品

カウントダウンtoグローバルフリーズ
春休み合体1時間スペシャル
仮面ライダー4号

劇場版作品

MOVIE大戦フルスロットル
スーパーヒーロー大戦GP
サプライズ・フューチャー
超MOVIE大戦ジェネシス
仮面ライダー平成ジェネレーションズ

類似点のある作品・キャラクター

仮面ライダーシリーズ
仮面ライダーG3- 変身者が現職警察官その1。
仮面ライダーシザース - 変身者が警察官その2、ただし汚職警官。
仮面ライダーアクセル - 変身者が警察官その3、車(バイク)モチーフ繋がりのライダー。後に『ドライブサーガ』にて共演が決定
仮面ライダーG電王 - 変身者が時間「警察」の捜査官、車(パトカー)モチーフ繋がりのライダー。
仮面ライダーBLACKRX - 本作と同じく主人公が車に乗る。
仮面ライダー響鬼- 主人公に専用車が設定されている。

スーパー戦隊シリーズ
高速戦隊ターボレンジャー- 同じく車がモチーフとなっている。それ以外にもファンタジー要素がある。
激走戦隊カーレンジャー- 同じく車がモチーフ。
特捜戦隊デカレンジャー- 主人公が所属する組織が警察という繋がりがある。
炎神戦隊ゴーオンジャー- 同じく車がモチーフ。それ以外にも動物がモチーフとなっている。

ドラマ
相棒 - 同じく東映製作の現在人気の刑事ドラマ。主人公島流し、窓際部署、特状課特命係など共通点多数。また、映画のゲストもレギュラー出演していた。
ナイトライダー - イメージソースの1つであるとの事
アイアンマン - ベルトさんのモチーフなどこれもまたイメージソースの1つであるとの事

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダードライブ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15778521

コメント