ピクシブ百科事典

ロイミュード004

ろいみゅーどぜろぜろよん

ロイミュード004とは、『仮面ライダードライブ』の敵怪人ロイミュードの一体にして、最後に登場した幹部(一桁)ロイミュードである。

※この記事には、『仮面ライダードライブ』のネタバレが含まれています。






























「ロイミュードの心など、全てはコピーの産物に過ぎないよ」

演 / 声:クリス・ペプラー

概要

第39話の終盤、蛮野天十郎の裏切りで不意を突かれた泊進ノ介の前に突如現れ、ドライブドライバーを奪い取ったスパイダー型のロイミュード。初登場は第0話。なお、第38話で人間態が登場している(詳細は後述)。幹部格の1体ではあるが、ハートの召集にも応じずに、かつての005の様に独断行動を行っており、長い間ハートもその消息を掴めていなかった模様。

第40話で、なんと彼は蛮野の忠実な部下であることが発覚した。この時は進化態に覚醒しているかどころか人間態があるのかすら不明であり、台詞らしい台詞を一切言わず、忠実に蛮野に付き従っている不気味とすら言える程に寡黙な存在だった。

その正体はクリム・スタインベルトをコピーしたロイミュードであり、第38話より秘密裏に暗躍を始めた謎の人物、悪のクリム・スタインベルトその人であった。
001~003と同時期に作成されていたが、意図的に隠されていた。
彼には蛮野の支配プログラムが仕込まれており、15年前に001、002、003がクリム邸を襲撃し殺害した際に004も彼らとは別に密かにクリム邸に訪れており、死亡する直前のクリムをコピー。その姿と頭脳を手に入れた。そしてクリムをコピーした後に一旦全ての記憶を失い、その後蛮野と再会して記憶を取り戻し、彼の部下として暗躍を始めたのだ。プログラムの影響もあり蛮野を「蛮野様」と呼んで絶対的な忠誠を誓っており、同族の犠牲も顧みない彼の非道な命令にも従順に従う。

最後まで見せなかったので恐らく上級ロイミュードには進化していないと思われるが、戦闘力は下級ロイミュードにしては極めて高く、第43話では蛮野=ゴルドドライブのサポートに回ってドライブを苦しめた。
第44話では、一対一でも仮面ライダーチェイサーと優勢に戦い、タイプトライドロンの必殺技を受けてもコアどころか肉体さえも無事であるなどかなり規格外と言える頑強さも持っていた。

また、詳しい描写はないが、クリムから受け継いだ頭脳を活かしてバンノドライバーを製造した張本人のようである。
クリムの頭脳その物を持つ004を手に収めながらわざわざドライブドライバーの現物からデータを採ったのは、蛮野が欲する「ベルトを巻いた者を使役する力」はタイプトライドロン変身の際に副産物として獲得したベルトさんすら想定外の能力であるからと思われる(あるいは単に最新の状態のドライバーから複製すればより強い力を得られると判断したからか)。
なお、ドライバーを複製した際にベルトさんに悪性プログラムを仕込みサプライズ・フューチャーでの出来事に繋がるきっかけをつくっている。本来の歴史では彼がクリムとして人類を統べる王となり、ロイミュード達を率いる存在となる手筈であったが図らずも思わぬ存在の介入により未来は修正されることとなった。

第44話において、蛮野が誘き寄せた3ライダーたちの攻撃から、他のロイミュードたち(というよりは蛮野だけ)を護衛し戦うが、ハートの笑顔を取り戻したい一心で、自分の命と引き換えにメディックを助けて散っていったブレンの生きざまとその死を見て、激昂した進ノ介の猛攻を受けて倒れる。

しかしそれでも完全に息の根は止まっておらず、なおかつ最後まで蛮野の支配プログラムから解放されることも無く、004は邪魔なライダーたちと用済みになったハートらを消すための捨石となり自爆し、消滅した。ライダーに倒されるわけでも、ロイミュード同士の処刑対象になるわけでもなく、自ら死を選択したのはこの004だけである。その直前の、仲間の為に自らを犠牲にしたブレンとはあまりに対照的な、操り人形としての最期だった。

「私と共に死にたまえ・・・Good Bye!」

関連タグ

仮面ライダードライブ
ロイミュード ロイミュード(スパイダー型) クリム・スタインベルト
蛮野天十郎 ゴルドドライブ

pixivに投稿された作品 pixivで「ロイミュード004」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9370

コメント