ピクシブ百科事典

サプライズ・フューチャー

さぷらいずふゅーちゃー

仮面ライダードライブの劇場版作品。2015年8月8日公開。2016年1月6日より映像ソフト化。
目次[非表示]

ついに究極のクライマックス!

未来に、希望はあるのか。仮面ライダードライブは、人類を滅ぼす<悪魔>だった。

概要

正式名称は『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』。
仮面ライダードライブ』の劇場版作品。2015年8月8日(土)公開。

MOVIE大戦スーパーヒーロー大戦の系列ではない、ドライブ初の単独劇場版作品でもある。
夏の劇場版作品としては非常に珍しく、テレビ本編とも密接に連動した内容になっており、映画と本編とをリンクさせるショートドラマも放映されている(後述)。
ちなみに、毎年恒例のOP&スポンサー紹介映像での映画本編映像公開も行われている。

また、『劇場版 仮面ライダー超・電王&ディケイド NEOジェネレーション 鬼ヶ島の戦艦』でシルバラを演じた柳沢慎吾が、警視庁参事官の古葉進次役でゲスト出演している。

同時上映は『劇場版 手裏剣戦隊ニンニンジャーTHEMOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖!』。

本作限定の登場人物

泊エイジ2035年からやってきた進ノ介の息子を名乗る謎の青年。
花咲未来:犯罪撲滅キャンペーンに起用された売れっ子タレント。
古葉進次:警視庁の参事官。

ロイミュード108:スパイダー型下級ロイミュードの一体で、ロイミュードとしての階級が最下位の存在(彼らは全部で108体存在しておりナンバーが若いほど位が高い)。その気性の荒さが災いしてどこかに幽閉されているらしいが……?

パラドックス・ロイミュード:謎のロイミュード。その正体や目的などは謎に包まれている。

本作限定の仮面ライダー

劇場版限定フォーム超デッドヒートドライブタイプスペシャル
劇場版限定ライダー仮面ライダーダークドライブ

主題歌

『re-ray』 /歌:Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE

映画公開記念! 1分間ストーリー

7月19日の第38話放送から、TV本編の最後に泊エイジを主人公にしたショートドラマが放送される。東映公式サイト曰く、「エイジが何を目的に、そして如何にしてダークドライブに追われながら現代にたどり着いたのかを描く完全新作の撮り下ろし」。
映画本編のみならず、その週のTV本編の内容ともリンクしているドライブファン必見の作品。
ちなみに、前述した映画本編映像の挿入も第38話より行われている。

各話リスト

第1/4話(7月19日放送・本編第38話後)『クリム・スタインベルトの真意はなにか』
第2/4話(7月26日放送・本編第39話後)『2035年の未来はどんな世界なのか』
第3/4話(8月2日放送・本編第40話後)『時間の道を開くのはだれか』
第4/4話(8月9日放送・本編第41話後)『泊エイジはいつの時代にたどり着いたのか』

※出典・引用元はこちら(東映公式サイトへの外部リンク注意)

余談(微ネタバレ注意)

ライダー関係

本作ではみんなで宇宙キターッ!』以来3年ぶりに次回作の主役ライダーが先行登場する(公式サイトなどで明かされている)。

夏の劇場版に限定フォームが登場するのも『inマジックランド』のインフィニティードラゴン以来の2年ぶり。

時系列について

上記のショートストーリーの様にTV本編との繋がりが仄めかされている本作であるが、時系列については2015年8月30日(第45話放送日)の東映公式サイト更新により、「映画の時間軸はテレビの第40話と第41話の間」(引用元への外部リンク)であると明言された。

映像ソフト化

2016年1月6日(水)より、DVD&Blu-rayで発売中。

予告動画


外部リンク

劇場版公式サイト

関連項目

仮面ライダードライブ 
超デッドヒートドライブ タイプスペシャル
仮面ライダーダークドライブ
ネクストライドロン(ダークドライブが乗ってきた次世代型トライドロン)

仮面ライダーゴースト 

サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯! ← サプライズ・フューチャー → 100の眼魂とゴースト運命の瞬間

pixivに投稿された作品 pixivで「サプライズ・フューチャー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 322270

コメント