ピクシブ百科事典

タイプスペシャル

たいぷすぺしゃる

タイプスペシャルとは、仮面ライダードライブの究極形態。『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』に登場する。
目次[非表示]

「『変身!!』」

ドラァイブ!
タイプ・スペシャル!!

「俺の息子のドライブ、返してもらった!」
「未来の分の怒りもくらいやがれ!!」

概要

仮面ライダードライブシフトカー「シフトネクストスペシャル」を使用して変身した姿。

デザインはダークドライブタイプネクストと酷似しているが、マスクの形がよりドライブらしい形状になっていたり、体に走るラインが黄色に変わっているなど一部異なる。
胸部ディストロニックカウルにたすき掛けで装着されるタイプスペシャルタイヤも、タイプネクストタイヤとはカラーリングが異なっている。
シフトブレスのベルトに当たる左手首のパーツがどのタイプでも赤だったのに対し、ダークドライブと同じく変身によって黒に変化している。

腰のシフトカーホルダーに関しては、ドライブが元々所持しているシフトスピード・シフトワイルド・シフトテクニックの三台が装填されている。

武器はハンドル剣ドア銃などのドライブの通常武器だけでなく、シンゴウアックスゼンリンシューターなどのネクストシステムの武器も使用可能。
特撮マガジン「宇宙船」の特写ページではドア銃とゼンリンシューターによる二丁拳銃の姿になっている。

他のタイヤを装着しなかったものの、システム的に「タイヤ交換」は可能と思われる。


以下は『サプライズ・フューチャー』のネタバレとなります。まだ映画をご覧になっていない方は、閲覧の際にご注意ください。

























劇中での活躍

元々は仮面ライダーダークドライブが使用していたシフトネクストスペシャルが、霧子によってマッドドクターの治療を応用したチューニングを施されたことで現代のドライブに適応し、それを手にした進ノ介が使用することで誕生した。

霧子から進ノ介の元に渡る際にエイジの声がしたり、変身の際に進ノ介がエイジの幻と共に変身を行い、変身完了時にその幻が進ノ介に重なるなど、タイプスペシャルの力が時空を超えてきているためか、同じく時空を超えてやって来たエイジのことをオーバーラップさせている節がある。

時空を超えて未来のドライブの力を手に入れた姿であるため、同じく時空を超えた存在であるパラドックス・ロイミュードの「永遠のグローバルフリーズ」内でも問題なく活動することが可能となった。

パラドックスとの戦いではハンドル剣に加えシンゴウアックスも使用。デッドヒートマッハを一撃で変身解除に追いやった光弾を切り伏せるほどの力を持つ。また黄色い障壁を発生させ、鉤爪による攻撃を防御、そのまま障壁をぶつけると言った戦い方や、タイプスピードのような高速移動・高速攻撃も発揮し、パラドックスを追い詰める。

最後はそのパワーで天高くパラドックスを打ち上げ、ネクストライドロンと連携したタイプスペシャル版スピードロップとも言うべきライダーキックで完全に葬り去った。

special lap.10「親子の想いは未来を変えるのか」



そして本編の後日談を描く『ファイナルステージ』では、復活したパラドックス・ロイミュードと再び戦いを繰り広げた。

スペック

パンチ力24.0t
キック力40.0t
ジャンプ力50.0m
走力0.446s/100m


必殺技

  • スペシャルドロップ

電撃を纏ったパンチで敵を空中に放り上げ、空中へ駆け上がったネクストライドロンが青い光球を作り出して敵を捕縛し、上昇しながら回転キックでトドメを刺す。
名称は2020年に『ガンバライジング』で付けられたもの(従来のタイプと同じ命名法則)。因みに必殺技名には映画のタイトルも記載されている。

『ストームヒーローズ』および『トランセンドヒーローズ』では「スピードロップ・タイプスペシャル」表記。
シティウォーズ』では「スペシャルスピードロップ」表記。光球を作りだすところまでは同じだが、蹴り方は従来通りのライダーキックとなっている。
このように正式名称が無いためかそれぞれ独自の技名が付けられている。

余談

なお、未来にもドライブドライバーおよびネクストライドロンといったドライブの系譜を継ぐ装備が存在し、なおかつそれらの本来の所持者は未来世界で戦っていた本物の泊エイジ(仮面ライダードライブ タイプネクスト)であった。
また、ゲーム作品への出番が非常に偏っているフォームであり、劇場版限定フォームがほぼ高確率で実装されているガンバライジングバトライド・ウォーシリーズでは登場せず、大抵はトランセンドヒーローズやシティウォーズ、バトルラッシュなどのスマホゲームに限られていた。
そして、ガンバライジングバーストライズ04弾にてメモリアルフィニッシュとして実装される事が決定した。これで、残りの究極形態で未実装で残すところはインフィニティードラゴンゴールドのみである。

関連タグ

サプライズ・フューチャー ドライブ(仮面ライダー)
仮面ライダーダークドライブ:関係の深い存在
超デッドヒートドライブ

インフィニティードラゴン1号アームズ(?)←タイプスペシャル→テンカトウイツ魂

共通点のある歴代ライダーフォーム

スーパータトバコンボ・・・未来から来たアイテムで変身し敵の力を打ち消す究極フォーム
メテオフュージョンステイツ・・・最強フォームで出来た機能はオミットされるも純粋な戦闘力で勝る究極フォーム
エンペラーフォーム・・・ダークライダーと姿が酷似した最強フォーム

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「タイプスペシャル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61659

コメント