ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

『現時点での最強装備だ。しかしまだ未完成だ、思い出せ! あの時のハートと同じようになるぞ!』

「オレもそう思ったがね、もう考えるのはやめた!止め方は…走りながら見つける!!」

『止むを得ない……このままでは剛が危ない! 行くぞ進ノ介!』

「あっ、ぐっ、うおぉっ……!」


『DRIVE! TYPE-DEAD HEAT!!』


「おおっ!体が…ちょっとマッハっぽい」


概要

ハートロイミュードのデッドゾーン(戦闘能力が格段に上がる暴走状態)に対抗しうる様に開発されていた仮面ライダードライブの新形態。

ドライブシステムとネクストシステムを併用したことで、更に高い力の発揮を可能としており、この関係上シフトデッドヒートはマッハも同様の効果で使用が出来る(デッドヒートマッハ)。

ただし、元となるシフトカーが一品物の為、2人のライダーが同時に使用する事はできない。


初登場は第16話だがこの時点ではまだ未完成で、戦闘終了後に制限時間を超えた為タイヤがバーストして進ノ介の意志を無視した暴走状態に陥り、マッハの必殺技で止めてもらっている。

その後ハーレー・ヘンドリクソンによる最終調整を受け後述の完成形となるが、この状態でも気を付けていないとタイヤがバーストしてしまうというリスク自体は改善されなかった(ハートのデッドゾーンを再現するものであるため仕方ないのだが)。

なお、=マッハは後の第24話にて自らの意思でデッドゾーンの暴走状態を完全制御することに成功している。


変身に使うシフトカーであるシフトデッドヒートは初登場時、車体に大きな窪みがありまるでオープンカーの様な形状だったが、最終調整の完了したシフトデッドヒートは、シフトカーの右舷部に白いシグナルバイクが付けられたサイドカーの様なデザインとなる。

通常のシフトカーと構造が異なるので、従来のようなシフトアップによる強化はない。


スーツはデッドヒートマッハと共通。頭部とベルト、シフトブレスを付け替えることで使い分けている。


マッハドライバー炎ver.

超MOVIE大戦ジェネシス』にて、進ノ介用マッハドライバー炎 にシフトデッドヒートを装填して変身した、もう1つのタイプデッドヒート。外見や性能はほぼ同じ。

ベルトの違いからデッドヒートドライブと呼ばれていたが、公式の仮面ライダー図鑑ではこちらもタイプデッドヒートとして統合されている。


スペック

パンチ力15.3t
キック力23.7t
ジャンプ力36.5m
走力3.2s/100m (112.5km)

(※マッハ、ドライブ共通)


ドライブは全スペックが基本形態タイプスピードよりも上がっており、ジャンプ力以外は大幅にパワーアップしている。一方、マッハは通常形態と比べて攻撃力が向上しているが機動力が少々低下している。


容姿

胸部と左肩はタイプスピード、それ以外のスーツはマッハに酷似したデザインで、後頭部には逆さになったマッハのが付いている。

右肩のタイヤにはバロメーターが表示されている。

胸部ブラストカウルにたすき掛けで装着されたタイプデッドヒートタイヤは赤と白のラインが入ったデザインとなっているが、ドライブが暴走状態になると縦に赤い亀裂が入ってパンクしたようなバースト状態へと変化する。


能力

ハートのデッドゾーンに匹敵する高パワーを持つほか、タイヤ型のエネルギーを発射することができる。


タイヤ交換

タイヤはデッドヒートの制御に必要なパーツであるためタイヤ交換は不可能かと思われたが、第20話にてメディックへのとどめにマックスフレアを使用した(メディックは死神ロイミュード盾にして逃走した)。

デッドヒートを乗りこなせたから使えるようになったのか、あくまで奥の手として使用したのかは不明。


タイプデッドヒート フレア

第20話で初使用。元々高パワーにより熱いエネルギーを放っていたデッドヒートに火炎を操るマックスフレアを装備したことで、相乗効果によって更なる超高温の炎を操る事が可能になった。


必殺技

レバー操作ができないので、シフトブレスのイグナイターを押すことにより「デッドヒート!」の音声と共に発動する。

上述の機構によりシフトアップとフルスロットルを兼用している動作のため、技の発動モーションで使い分ける。


  • 名称不明1

ドライブドライバーのアドバンスドイグニッションを起動させて発動。

赤い稲妻状エネルギーを放ちながら、高熱の連続パンチを叩き込む。

第16話にて未完成の状態で発動した際はデッドゾーンに入ったハート・ロイミュードを終始圧倒してみせた。

完成後の第26話でもハートに対して使用し彼を追い詰めたが、魔進チェイサーの乱入によって破られてしまった。


  • 名称不明2

名称不明1からシフトブレスのイグナイターを押すことにより「デッドヒート!」の音声と共に発動。赤熱化したエネルギーを纏い、強力なパンチを叩き込む。

ハート・ロイミュードは1度は受け止めたが、力が込められたもう1発をくらい吹き飛ばされてしまった。


  • 名称不明3

ドライブドライバーのアドバンスドイグニッションを起動させて発動。

赤いタイヤ型エネルギー弾を出現させ、標的に向け蹴り飛ばす。


シフトスピードのスピードロップの強化版。

第16話では名称不明3からシフトブレスのイグナイターを押すことにより「デッドヒート!」の音声と共に発動。下級ロイミュード2体を蹴散らした。


フレアの状態でも使用。


作中ではトライドロンとの連携バージョンは披露することがなかった。


ライドウォッチ

ドライブタイプデッドヒートライドウォッチ

シグナルバイク!シフトカー!2つの力を宿したドライブ タイプデッドヒート!


「GPライドウォッチ16」の一つとして発売。

必殺技は「ヒッサツ」。


余談

「仮面ライダードライブ-ファイナルステージ-」にて、ドライブドライバーが転送された剛がこれに変身。


『おもしれぇ!一度、ドライブになってみたかったんだ!!』


ドライブがメインの映画やスピンオフでタイプフルーツを除く形態では唯一登場する機会がなかったが、平成ジェネレーションズでようやくデッドヒートドライブではないタイプデッドヒートが登場した。


関連記事

仮面ライダードライブ タイプスピード

仮面ライダーマッハ デッドヒートマッハ

ハート・ロイミュード

強化フォーム 暴走フォーム


激走戦隊カーレンジャー(楽曲):イントロの裏メロディが変身後の待機音の元ネタではないかと言われている。また、ドライブ作中でもカーレンジャーネタが登場している。


中間フォーム(1つ目)

ジンバーレモンアームズタイプデッドヒート闘魂ブースト魂

関連記事

親記事

ドライブ(仮面ライダー) かめんらいだーどらいぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 160760

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました