ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

超デッドヒートドライブ

ちょうでっどひーとどらいぶ

『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』で泊進ノ介が変身する特殊なドライブ。
目次 [非表示]

進ノ介「二度と世界を止めさせるか!変身!」


『SIGNAL BIKE・SHIFT CAR!』


『RIDER!CHO!DEAD HEAT!』


概要

『劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー』にて登場する劇場版限定フォームに相当する形態。ただし東映監修の『仮面ライダーの超常識』によれば別のベルトを使ってフォームチェンジをする他のライダーとは異なり、別のライダーとして扱われている。


変身にはドライブドライバーではなくマッハドライバー炎を使用する。そのため、正式名称は「仮面ライダー超デッドヒートドライブ」(他のドライブのフォーム名は「仮面ライダードライブ タイプ〇〇〇」)。


超全集では「ドライブ超デッドヒート」と記されている。


スペック

パンチ力4.0t
キック力5.6t
ジャンプ力26.0m
走力6.5s\100m (時速55km)

急場凌ぎの形態であるためか各スペックは極めて低く、ドライブ系列のライダーでは量産型の仮面ライダー純を除けば最弱レベルであり、プロトドライブはおろかパンチ力を除いて後に登場したゼロドライブにすら劣る。

そのため劇中で未来のロイミュードを倒せたのはこの形態の力というよりは進ノ介の実力と経験値によるところが大きい。


容姿

メインカラーは黒と赤で、魔進チェイサーに酷似したマッシブでメカメカしいボディにタイプスピードを基調としつつ左半分が機械パーツが露出している黒い頭部とジャンク品を寄せ集めたような外見をしている。


トライドロンキー

劇場版公式サイトにて存在が記されたアイテム。ドライブとベルトさんのこれまでの戦闘データを蓄積したバックアップキー。トライドロンのエンジン始動用に使う。

仮面ライダーのマーク部分を押すことでトライドロンを遠隔操作することが可能。


これをマッハドライバー炎に装填する事で超デッドヒートドライブに変身する。

劇中では説明されなかったが、公式サイトにおけるのちに登場したとあるライダーの記述によると、チェイスのマッハドライバー炎にはシグナルチェイサー開発時に新たなライダーを試作する拡張機能が追加されており、超デッドヒートドライブもこの機能によりもたらされた形態と思われる。


また、DXドライブドライバーにトライドロンキーをセットした際には「タイプスーパーデッドヒート」という音声が鳴る。


尚余談だが、玩具版のピン配列はライノスーパーバイラルコアと同一である。


能力

ブーストイグナイターを連打して限界稼働状態にすることで仮面ライダーマッハやシフトアップしたタイプスピードのように高速移動による攻撃が可能。


更にデッドヒートの名通り熱気を纏いながら戦い、必殺技時に赤い装甲部分が赤熱化する。


劇中での活躍

ドライブドライバーを破壊しドライブへの変身能力を失っていたため、チェイスから託されたマッハドライバー炎を使おうとするもチェイス用のベルトとシグナルチェイサーの組み合わせで変身できずピンチになった泊進ノ介がとっさにドライブのデータが詰まったトライドロンキーを使って変身した(ちなみにこの時、シグナルチェイサーは盛大に投げ捨てられている)。


元々急場凌ぎの形態なことに加え、未来型ロイミュードダークドライブのいずれも戦闘力が高い敵であったため苦戦する描写が多かったが、それでも未来型ロイミュードの内の1体を撃破している。


必殺技はライダーパンチ。他のフォームのようにキック技も存在すると思われるが詳細不明。


なお、トライドロンキーは終盤でベルトさんを復活させるため、ダークドライブ用のドライブドライバーにデータとして取り込まれ、超デッドヒートドライブに変身することは不可能となった(ベルトさんが復活したため超デッドヒートドライブに変身する必要もなくなったのでトライドロンキーが再生産されたとしても再び変身する可能性は低い)。


……かに思われたがファイナルステージでまさかの再登場を果たした。


余談

  • 急場凌ぎで不完全な形態故の歪な容姿、それに伴う超低スペック、普段使わない変身アイテムと言う浪漫の塊のような設定なため視聴者からの人気は高い(何なら終盤ではマスク割れもしている)。
  • マスクはプロトドライブのものを、スーツは魔進チェイサーのスーツを改造したもの、マッハドライバーは仮面ライダーチェイサーのプロップを使用しているため、スーツは全てチェイスが変身する形態で出来ていることになる。後にスーツの仕様は魔進チェイサーの状態に戻されている。
    • テレビ放送後に開催された『ファイナルステージ』では新たに用意されたのか両戦士の共演が実現している。

  • また、姿や音声関連が魔進チェイサーのものになっているのは「チェイスのベルトを使用しているからでは」という意見もある。
    • マッハドライバーの拡張機能は入力された戦闘データとベルト内部の戦闘データを組み合わせるものなので、今回の場合はトライドロンキーとチェイサーの戦闘データが合わさったということになる。正確には進ノ介が直前までシグナルチェイサーでの変身を試みていたため、装填されたそれとドライバーに蓄積されたデータがトライドロンキーとミックスされ拡張機能が働いた結果、ライダーチェイサーの前身である魔進チェイサーのデータに近い超デッドヒートドライブが形成されたといえる。


  • のベルトを使用した超デッドヒートドライブもまた異なる姿になるのかは不明。その経緯を踏まえると、ドライブの戦闘データがどちらにもない組み合わせで変身ができなかったのはこの辺りの問題と思われる。

  • マッハドライバーにトライドロンキーを装填したのは進ノ介の咄嗟の機転によるものだが、上記の通りトライドロンキーは本来トライドロン始動用の鍵であり、かつデータバックアップのためのキーでしかなかった。つまりマッハドライバーの変身音声に反してシグナルバイクでもなければシフトカーでもない完全な異物を用いて変身したことになる(何故キーにシフトカーやシグナルバイク同様の認識レーンがあったのは気にしない方がいいだろう)。

  • あまり話題にならないが、明確にライダーシリーズ上でパトカーに乗った唯一の警察ライダーである。ロイミュード108を追う際に援護に駆けつけた追田のただのパトカーを借りる形で変身した状態のまま搭乗した。

  • 何故急場凌ぎのフォームなのに「超」が付くのかは不明。

  • 初変身はデコトラの突進を片手で受け止めながらというものであったが、デコトラと進ノ介が接触した時点では進之介の全身をアーマーがまだ覆う前の生身の状態である。言っておくと彼は人外ではなく、普通の警察官である。

  • 『S.H.フィギュアーツ』のローマ字表記では「SUPER DEADHEAT」となっていた。

  • 変身シーンの撮影時に竹内氏はマッハドライバー炎を強く叩きすぎて破壊してしまい、そのままバレないようにしらばっくれていたため、普段から使用していた稲葉友氏と上遠野太洸氏が疑われる羽目になり、最終的に稲葉氏によってバラされきっちり怒られた。

関連イラスト

超デッドヒート超デッドヒート仮面ライダードライブ 超デッドヒート超デッドヒートドライブ

【超デッドヒート ドライブ】SUPER DEAD HEAT超デッドヒート真っ赤に燃える 太陽背中受けて


関連タグ

仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー ドライブ(仮面ライダー)

泊進ノ介 マッハドライバー炎 タイプデッドヒート


劇場版限定フォーム 仮面ライダー超デッドヒートドライブ 超デッドヒート


仮面ライダージョーカー・・・劇場版にて(初)登場・主人公が変身する・主人公が普段変身するライダーとベルトが違う等、共通点が多い。

デッドヒートドライブ・・・マッハドライバー炎とシフトデッドヒートで変身した形態。ドライバーは進ノ介用で外見や性能はタイプデッドヒートとほぼ同じ。


劇場版限定フォーム

鎧武・闇 ブラックジンバーアームズ超デッドヒートドライブ/タイプスペシャルダーウィン魂

関連記事

親記事

マッハドライバー炎 まっはどらいばーほのお

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 127384

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました