ピクシブ百科事典

シフトデッドヒート

しふとでっどひーと

シフトデッドヒートとは、特撮ドラマ「仮面ライダードライブ」に登場するキーアイテムの一つ。
目次[非表示]

概要

対ハート用の装備として製造されたシフトカー。従来のシフトカーと異なり、リボルビングストラクチャーが採用されていないのが特徴。

当初は、シフトカーを模したボディのみだったがハーレー・ヘンドリクソンによる調整で、シグナルバイクを模した側車が付いた事でシステムバランスが安定し無事に完成した。

そのデザインは、サイドカーが装備されたバイクやバイクとスポーツカーが並走しているようにも見える。

特徴

ドライブのタイプスピード、タイプワイルド、タイプテクニックを超える能力値を持っているため
通常のパンチ攻撃やキック攻撃が必殺技級に強化されている。
マッハにも対応している。スピードが少々低下してしまうが、パワーが増大し 通常状態よりも遥かに強力な攻撃を繰り出すことができる。

欠点

Dead Heatコウリンのメーターが一定値を振り切れてしまうと、タイヤがバーストし【暴走状態】になる。 この状態になると敵・味方関係なく攻撃を加えてしまう。
ドライブとマッハの共用キーアイテムのため、どちらか片方はデッドヒートになることができない。
中盤で活躍後はシフトフォーミュラが登場したこともあり、終盤までマッハ用装備として活躍することになった。

ロイミュード大戦終結後

製造主の意思で、封印される。 が、ある事件にてコア・ドライビアが搭載されていないタイプが登場する。


立体物

DXトイ、SGシフトカーシリーズにて販売。 前者は【シグナルキケーン】とのセットで販売されていて劇中同様のヒンジによる折り畳みギミックが再現されている。


後者はヒンジによる折り畳みギミックがないが、初期の状態のシフトデッドヒートを再現することが簡単になっている。

構造の関係で、シフトアップができないがシフトブレス装填時の待機音やマッハドライバー炎装填時の待機音が変更されている。

ブレイクガンナーに装填した場合は『NEXT SYSTEM』 マッハドライバー炎の場合は『SIGNAL BIKE  SHIFT CAR!!』という音声が鳴る。

シフトデッドヒートが生まれた経緯とは?


キッカケは、仮面ライダー鎧武に登場する「戦極ドライバーゲネシスドライバーの一部を装着して機能拡張してパワーアップする」というもの。

『このように一風変わったパワーアップはできないだろうか?』と考えて導き出された答えが
【ドライブとマッハが共有して使うことができるシフトカー】になった。

上述の通り、ドライブかマッハどちらか片方しか使用できないため もう一人は【ブレーキ役】というポジションを与えるために 使用している側は、【暴走】してしまうというシステムが組み込まれた。

※ちなみに、撮影用スーツは仮面ライダーマッハのベーススーツを使用していて 新規に製造されたマスク、胸部プロテクター、両肩の装甲と二種類のタイヤで構成されている。


関連タグ

仮面ライダードライブ 仮面ライダーマッハ シフトカー

pixivに投稿された作品 pixivで「シフトデッドヒート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 623

コメント