2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

暴走フォーム

ぼうそうふぉーむ

暴走フォームとは暴走する(可能性のある)形態。この記事では特に仮面ライダーシリーズの暴走フォームについて取り上げる。
目次[非表示]

概要

暴走フォームとは変身者の意思、理性に反した行動をとる形態である。フォームチェンジの概念があまりなかった昭和ライダーには見られないが、平成令和仮面ライダーシリーズでは頻繁に登場する概念であり、作品を重ねるにつれて変身理由、暴走原因、変身経緯、行動理念、対処方法などが多様化している。

暴走の大きな傾向として「理性の抑制や消失による暴走」、「理性はあるが力の扱いが困難(もしくは不明)なため起きる暴走」、「洗脳による暴走」、「単なる不備」がある。

中間フォーム最終フォームが多く該当し、強化の代償に暴走することが多い。
そのため基本フォームがこれに該当することはほとんどない。

一覧

平成ライダー

仮面ライダークウガ

祝CSMアークル!


戦いの果てに、ベルト型変身器官「アークル」に埋め込まれた霊石よる肉体改造が極限にまで到達し、生体兵器として完成した「究極の闇」。
変身者の「聖なる泉」が枯れ果てる、すなわち優しさが失われた姿とされており、対抗すべき存在にも等しい心無き殺戮者としての暴走を示唆されたが、TVシリーズ本編における当代のクウガ・五代雄介は強い精神力で優しさと真っ当な人間性を保ち続けたために、黒目ではなく赤い目のまま変身し、暴走には至らなかった。

読了


小説仮面ライダークウガに登場するもう一人のクウガ。
攻撃力は上記のクウガよりは強いものの、容易に心の闇を増幅させ『凄まじき戦士』へ容易く変貌させる重大な欠点を持つ。
暴走を危惧した先代の変身者は、ギリギリのところで自害して凄まじき戦士が起こす二次被害を防いだが、現代の変身者は憎しみを駆り立てられて暴走し生物兵器へと変貌してしまった。しかし・・・。

仮面ライダーアギト

アギトの力を授かった者達全員)

目覚めろ!その魂!


創造主の「光の側面」が人類に授けた「進化」の力に目覚め、異形の肉体に変身した姿。目覚めて間もない頃は急速な肉体の進化に精神が追いつかず、変異した肉体の本能に自我が呑まれて暴走することもままあった。目覚めてから時間が経ってもさらに進化を遂げるとまた暴走の危険性が出てくることもある。

仮面ライダー G3-X


強化装甲服であるG3-XのAIが装着者を『その意識や身体限界を無視して強制的に動かす』という不具合による暴走。実際に銃を向けてきたV1を敵と認識してボコボコにしてしまっている。
のちに開発者の小沢澄子の手で制御システムが更新され、暴走を克服した。
なお、『その意識や身体限界を無視して強制的に動かす』とはあるが、実際はAIが最善の行動を選択しているに過ぎず、可動範囲も身体能力の限界を超えずに最大限に活用しているだけであり、(戦闘によるダメージ以外では)AIの行動により装着者の命が危険にさらされることはない。事実、制御システム更新前に津上翔一が装着した時は暴走することなく使いこなしている。
(とはいえ、AIに反発して行動すれば肉体に凄まじいほどの損傷を負うことになるため、そう言った意味では危険な代物ではある。)

G4


強化装甲服であるG4のAIが装着者を『その意識や身体限界を無視して強制的に動かす』という不具合による暴走。後に改善されたG3-Xと違い、小沢から盗み出され陸上自衛隊でロールアウトされたG4ではそれが「死を背負って戦う」仕様として残され、風谷真魚のような超能力者に制御させないと(なお、この制御は超能力者の側も死んでもおかしくない負担がかかり、実際に劇中でも真魚より前に制御役をやらされた超能力者が何人も死んでいる)、最終的には制御AIが機能停止しない限り本当に装着者がスーツの中で死んでも動かされ続けるほどの暴走状態に陥る。

仮面ライダー剣

仮面ライダーブレイド キングフォーム


変身時に融合しているスペードスートのアンデッド13体の精神干渉による暴走。劇中で暴走したのは一度のみ。
なお、『複数のアンデッドと同時に融合して支配下に置く』というジョーカーに非常に近い性質になっているため、ジョーカーがキングフォームの力に共鳴、闘争本能を掻き立てられ暴走してしまう要因にもなっていた。

センシティブな作品


変身時に融合しているクラブスートのスパイダーアンデッドの精神干渉による暴走。
スパイダーアンデッドに完全に支配され、意のままに操られていたこともあった。
メイン変身者である上城睦月も作中は長期にわたって精神を毒されていたが、
物語終盤、キングフォームになろうとしてラウズアブゾーバーでクラブのカテゴリーQカテゴリーKの封印されたカードをラウズしたことで二人が睦月の心身に干渉し、それによって睦月から切り離されたスパイダーを睦月が倒したことでスパイダーに対する封印が完全なものとなり、精神汚染もなくなった(スパイダーが封印されたクラブのAも絵柄が毒々しい青紫色から橙基調の暖色に変化した)。

仮面ライダーカブト

1・2・3 Rider Kick!


劇中で暴走したのは一度のみ。周囲のワームを敵意・種別関係なく見境なく殲滅するまで攻撃し続ける。設定上は仮面ライダーガタックにも搭載されている。

仮面ライダーキバ

エンペラーフォーム

黄金皇帝


キバの変身者である主人公・紅渡が、ビショップファンガイアの血を覚醒させられて暴走。名護啓介の呼びかけで暴走自体はすぐに治まっている。
また、変身時ではないため便宜上ここに記すが、ザンバットソードを初めて手にした紅渡も剣の力に振り回されて暴走したが、アームズモンスターの協力で制御に成功した。

飛翔態
劇場版では最初レジェンドルガの力で強制的に変身させられ、暴走したが、紅音也の呼びかけで治まった。

仮面ライダーディケイド

KgR...............


元来のクウガでは到達すら想定していない領域に、地の石の力で強引に押し上げた超究極の形態。この地の石の力はクウガを強化すると同時に意志を奪い、石の持ち主の操り人形にしてしまうため、実質的には「洗脳」状態に類する。
最終的に持ち主が地の石を破壊したことで解放された。小野寺ユウスケが再度変身した際は自我を失っていない状態(レッドアイ)だった。

アルティメットフォーム(ブラックアイ)

聖なる泉枯れ果てし時


上述の本家クウガこと五代雄介が至らずにすんだ、本来の仕様の終着点である「究極の殺戮生物兵器」としてのクウガ。
ディケイド本編におけるクウガである小野寺ユウスケが、TV本編最終話でキバーラ魔皇力を注入されたことで強引に覚醒させられて初変身した
ディケイド門矢士を庇って傷つき倒れた無防備なところにこの処置を受けたこともアルティメットとしての凶暴化を煽ったのか、つい先刻まで仲間として共闘し、身を挺して庇いまでしたはずのディケイドに邪悪な笑みを浮かべて変身し、躊躇なく襲い掛かっていた
そこから時を経た完結編である劇場版「MOVIE大戦2010」では独力でこの姿に変身してディケイド激情態と渡り合っていたが、暴力性は剥き出しになっていたもののユウスケとしての自我までは失っていなかった(「初変身から時を経て力に慣れた」、「『闇に墜ちてでも大事なもののために戦う』という強い覚悟を決めていた」などが理由として考えられる)。その為か、変身した瞬間のみ目が赤く発光している。

仮面ライダーW

ファングジョーカー

実験作品


ファングメモリの仕様により暴走。
園咲冴子はファングメモリが暴走するのはフィリップを手段を問わずに防衛しようとする仕様に起因すると予測している。
肉体の制御を半分受け持つ左翔太郎と彼のガイアメモリの力により制御に成功。

仮面ライダーOOO

プトティラコンボ

仮面ライダーオーズ プトティラコンボ


厳密にはフォームの効果ではなく、変身に必要な「体内に紫のコアメダルを取り入れること」及び「紫のコアメダルの力で徐々に進行するグリード化」によって暴走する。
そのため、上記の原因による変身者自身の暴走さえ抑制できれば、暴走なしで戦うことができるが逆に抑制できない時はタトバコンボですら目が紫色になって暴走したこともあった。

先代オーズ(タトバコンボ)

800 years ago


プトティラ同様、フォームのせいではないが変身者自身の過剰な欲望により暴走。作中では前者の暴走と比較して、(メダルの魔性に引きずられたものではない『純然たる自前の欲望』ゆえか、『自分の欲望を持つこと』を肯定する鴻上会長の理屈から言えば)プラスの暴走として言及された。

仮面ライダー鎧武

バトスピ 仮面ライダーブラーボ キングドリアンアームズ


ある人物によって謎のエネルギーを注入されて変貌したブラーボ。変身者の意識はなく、唸り声をあげながら暴れまわる。
最終的に新たな形態となったグリドンによって変身解除された。
その後は問題なく変身可能となった模様。

仮面ライダードライブ

lap.16「沢神りんなは何故ソワソワしていたのか」


制御できる駆動時間を超過して暴走ゾーンに入ると、変身者は正気のままだが)体が勝手にメチャクチャに暴れ始める。暴走してしまったら現状では制御法は、外部からの力技(仮面ライダーの必殺技クラスの一撃)で強制変身解除して止めるくらい。
劇場版では暴走のリスクのない亜種フォームが2種も登場している。

俺は…強くならなきゃなんて焦る必要はない…


同じシフトカーを使ったフォームなので、基本的にドライブのデッドヒートと同じ症状。
のちに、は自身の力で完全制御を果たす。
さらに小説版ではこの進化系(完成形)といえるフォームも登場している。

仮面ライダーゴースト

乗っ取りゴースト


厳密には後述の乗っ取りフォームに該当する形態で、その関係上全シリーズを通してこのフォームには一度しか変身せず、変身者の新たな力にもならなかった。
深海マコトアランによってネクロムゴーストアイコン
ゴーストドライバーに装填された事により、このフォームに強制的に変身させられた。
変身中はマコトの意思が封じられてアランの操り人形と化しており、タケル達が強制的にドライバーからアイコンを取り除いた事で元に戻れた。

仮面ライダーエグゼイド

ドラゴナイトハンターZ !


四人で使用することを想定としたガシャットを一人で使用したことに起因する制御の難しさによる暴走。本人の意思や熟練度、想定通りの使用により制御可能。それゆえ、同じガシャットで武装を分け合った「協力プレイ」状態であるエグゼイド(ハンターアクションゲーマーレベル5・ドラゴンファング)、ブレイブ(ハンタークエストゲーマーレベル5・ドラゴンブレード)、スナイプ(ハンターシューティングゲーマーレベル5・ドラゴンガン)レーザーハンターバイクゲーマーレベル5・ドラゴンクロー)は、一人で使う場合と違い、重い負荷も暴走も発生しない。

タドルメグルRPG


ガシャットギアデュアルβに収録された、「プレイヤーが魔王となって勇者を倒す」というゲーム内容である「タドルファンタジー」の力で変身する。
それまで使われていた、形態レベルが1ケタ台だったフォームらとはパワーも負担も一線を画す「レベル50」であったことと、「プレイヤーが魔王となる」というゲーム性、そしてまだバグスターウイルスに対する飛彩の抗体や錬度が弱かったため、最初に変身したときは魔王の鎧「ファンタジーゲーマ」の力に呑まれて暴走してしまった……が、その戦闘の最中に、「世界で一番のドクターになる」という初心を思い出して奮起した飛彩の精神力により、なんとか制御に成功し、以降はタドルレガシーガシャット入手まで飛彩の最強戦力となった。

仮面ライダービルド

キードラゴンフォーム

『封印のファンタジスタ!』


ドラゴンフルボトルの強大な力をベストマッチであるロックフルボトルでも制御しきれずに暴走。ドラゴンフルボトルはそれに特化したシステムである仮面ライダークローズに主に使われることになる。

ハザードフォーム

HAZARD


変身者の自我を消滅させることによる暴走。初登場のインパクトと劇中で起こしてしまった惨劇その後の展開から、視聴者から暴走フォームの中でも特にトラウマと称される形態
後にフルフルラビットタンクボトルの開発、使用により制御に成功。
一応この形態でも、ハザードトリガーを外すか、フルフルラビットタンクボトルを使用して別の形態に変身するなど、自我が消える前に対策を行えば問題なく戦える。

時期により、別々の暴走の可能性を秘めたフォームが登場する。
クローズチャージ

ツイッター1時間お絵描き其の93


変身者の攻撃本能を高めることによる暴走。のちに自身の想いにより制御に成功する。

クローズマグマ

Cross-Z Magma


変身者の中に宿る力の活性化による暴走。戦兎の奇策によりベルナージュの力をぶつけたことで暴走分を相克させて克服。

令和ライダー

仮面ライダーゼロワン

メタルクラスタホッパー

仮面ライダーゼロワンメタルクラスタホッパー


暴走そのものを目的として敵対勢力に作り出されたフォーム。強さ・危険度共に一線級の恐ろしさを持ち、登場して間もないにも関わらず、視聴者からトラウマとして刻み込まれている
更にプログライズキーを介してゼロワンドライバーのラーニングが発生した結果、他の形態に変身する機能もブロックされており、対策もできなかった。
のちに外付けの制御アイテム「プログライズホッパーブレード」により、制御可能に。ほかのプログライズキーも使用できるようになった。
だが、悪夢は最悪の形で繰り返されることに……。

ヘルライジングホッパー

仮面ライダーゼロワン ヘルライジングホッパー


悪夢を乗り越えた或人が楽園を止めるために変身した形態。
そもそも変身に使用するヘルライズプログライズキー自体、世界を滅ぼす為のキーであり、変身としての使用を想定されていない
その為、その破壊力は暴走と呼ぶには生温い程に常軌を逸しており、まるで臨界反応したかのように、赤い装甲部位が赤熱化し、最終的に爆発する危険性に加え、「攻撃のたびに自分の骨が砕け折れ、損傷した部位がその都度むりやり再生される」という凄惨極まり無いシーンから「最早暴走フォームではなく自害用フォーム」とまで言われる程。

仮面ライダーセイバー

禁断の書


変身者の意識を乗っ取る形での暴走。症状は上記のレンゲルや電王ガンフォームと同様だが、火炎剣烈火刀身をつかんで逆手持ちするなどプトティラコンボを思わせるような荒々しい戦闘スタイルとなっている。
第27章にてワンダーライドブックに宿る意思を孤独から救い出し、新たなワンダーライドブックを用いた新形態となる形で暴走を克服することに成功する。
変身アイテムとなるワンダーライドブックには暴走克服後もプリミティブドラゴンの意思が宿っており、仮面ライダーストリウスとの最終決戦において思わぬ形でこのフォームが飛羽真の危機を救った。

仮面ライダーリバイス

悪魔の得意技


五十嵐一輝ローリングバイスタンプリバイスドライバーに使用した結果、肉体の主導権を内に宿る悪魔バイスが奪う形で変身した仮面ライダー。仮面ライダーリバイ仮面ライダーバイスを掛け合わせたような黒塗りの外見と、荒々しく自由気ままなファイトスタイルが特徴。
公式ではこの形態を暴走フォームであると同時に乗っ取りフォームと新たに定義している。
しかし、第27話にてギフの覚醒に共鳴した影響か、一輝とバイスの意識が無くなり、ギフの邪魔をする者は見境なく攻撃するようになった。

EVIL


五十嵐大二に宿る悪魔カゲロウが宿主の肉体の主導権を奪って変身する仮面ライダー。本記事とは微妙に趣旨が異なり、変身者及び変身するライダー自体が常に明確な悪意をもって暴れ回るという、いわば暴走フォームならぬ暴走ライダーとでも言うべき別の意味でタチが悪い存在。
見境なく暴れ回る上に奸計を巡らせて周囲を(あらゆる意味で)滅茶苦茶にする危険な存在だったが、最終的に大二が肉体の主導権を奪い返し、仮面ライダーライブへの変身に成功する。しかし、大二が何らかのダメージを負う事で再びカゲロウが現れるため、完全に消滅した訳ではない模様。
カゲロウが自主的に肉体の主導権を明け渡すか、エビルにライダーキックを叩き込むことでカゲロウを引っ込めることができるが、逆に大二が変身するライブにライダーキックを叩きこむことでカゲロウを意図的に呼び出すことも可能。…大二にとってはたまったものではないが。

Century Break


過去の1971年から未来の2071年に飛び、そこから現在の2021年に精神体の状態でやって来た百瀬龍之介が、実の息子である百瀬秀夫の体を強引に借りて変身した、センチュリーの不完全形態。
本来、センチュリーは同じ遺伝子を持つ2人の人間が変身する必要があるのだが、ある理由から龍之介を憎んでいた秀夫が彼を拒絶したため、力を制御できず暴走。リバイスやセイバー、ブレイズに襲い掛かってしまった。
なお、暴走していてもディアブロやリバイス、セイバーやブレイズと互角に渡り合える強さを持つ。

関連タグ

仮面ライダーシリーズ 平成ライダー 令和ライダー
フォームチェンジ 中間フォーム 最終フォーム 乗っ取りフォーム
ライダーウェポン

暴走タイプ:こちらはウルトラシリーズの暴走形態。幸か不幸かライダーと比べて数は少ない。

関連リンク

公式仮面ライダー図鑑・暴走フォーム(実装済みフォームのみ)

関連記事

親記事

基本フォーム きほんふぉーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「暴走フォーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 393643

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました