ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「心清く体健やかなるものこれを身につけよ さらば戦士クウガとならん ひとたび身につければ 永遠に汝とともにありてその力となるべし」

概要

仮面ライダークウガに変身するためのベルト。
クウガは改造人間ではないが、後の黒影トルーパー仮面ライダーメイジなどとは異なり、誰でも変身できるわけではない。健全なる精神肉体を持った者だけが、クウガの力を使いこなすことができる。

アークルのバックルには霊石アマダムが納められており、一度でも着用すれば体内に吸収され、二度と外せなくなる。使い続けることで進化し続け、アークルと装着者の神経の同化が進んでゆく。しかし、それはクウガを戦うだけの破壊者と変貌させてゆく危険性を秘めている。
危機が迫ったり着用者の意志に呼応すると服の上から現れ、変身することができる。ちなみにアークル自体はカルシウムなどの人体に問題のない素材でできているらしい。

アマダムの色は出現時は灰色で、マイティフォーム変身時はドラゴンフォーム超変身すればペガサスフォームになればタイタンフォームになればに変化する(弱体化したグローイングフォームは朱色)。ライジングフォームの4形態とその上位形態であるアメイジングマイティではの色)に輝き、最強フォームであるアルティメットフォームライジングアルティメットになれば一色になる。

ライジングフォーム時はバックルに金色の装飾が追加されライジングアークルとなり、アルティメットフォーム時にはそこからさらに全体の色が金と銀二色に統一されたアルティメットアークルとなる。

最終決戦でン・ダグバ・ゼバパンチを受け破壊されたかに思えたが、別にそんなことはなかった

立体物

放送当時に発売された玩具での名称は「ソニックウェーブ DX変身ベルト」。
当時はLED電球の普及がいまいちだったため、カラーの電球で光らせていたとのこと。
アークルの名が使われるようになるのはコンセレ版からである。

コンセレ版はバックルに赤外線センサーが追加され、劇中同様に手をかざす事でアークル出現遊びができるようになった。

CSM版は劇中と同様の変身音を鳴らせるようになったほか、グローイングフォーム、アメイジングマイティ、アルティメットフォームへの変身も再現可能に。さらに、ペガサスフォームやライジングフォームの時間制限で変身解除してしまう機能や、BGM再生機能、DX版=ディケイド版の音声を収録した「Dモード」などさまざまな機能が追加された。

関連項目

五代雄介 変身ベルト グロンギ
小野寺ユウスケ クウガ・プロトタイプ

アークルオルタリング

関連記事

親記事

クウガ くうが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アークル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アークル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 83119

コメント