ピクシブ百科事典

ライジングフォーム

きんのくうが

仮面ライダークウガのフォームの一つ。特定のフォームではなく「ライジング○○」という名がつくフォームの総称。
目次[非表示]

概要

 仮面ライダークウガの強化フォーム。本来のクウガは4色+不完全な白が基本だったが、メ・ギノガ・デとの対決の際に攻撃を受けて弱体化した五代雄介が、電気ショック治療を受けた際に手に入れた能力。
ギノガ変異体との戦いの折から片鱗は出ており、ガリマ戦直後に雄介が科警研に無理をいって特訓を行った事で力を完全習得した。

パワー防御力などが一段階上昇し、直径6㎞に及ぶ敵怪人自爆にも無傷で耐えるなどの異常なスペックを有する。
 明らかに色合いの異なるライジングタイタン意外はあまり変わっていないように見えるが、よく見ると金色装飾が増え、ベルトバックルの色が金色になっているのがお分かりいただけるだろう。

このフォームへの変身能力を受けてからは雄介の体への変化が加速しており、筋肉の活動電流の増加、アマダムから脳に及ぶ神経系の増殖が著しくなっている。
電流とこのフォームに目覚めたことの関係に対して、雄介は「電気ショックを受けたことと、(その後程なくしてグロンギの強さが上がったため)自分も強くならないと駄目だと思うことが多くなったことの相互作用」という考察を挙げている。
これに対し、椿一条は「五代の意志がアマダムの力を導き出して身体的な変化を引き起こしている」という見解に至った。
 
 初期は体に負担がかかるため30秒しか変身できなかったが、後に再度雄介が電気ショックを受けたことで永続使用が可能となった。

ライジングフォームの一覧


リ・イマジネーションライジングクウガ

 『仮面ライダーディケイド』に登場する小野寺ユウスケ門矢士の変身するクウガは特に電気ショック云々のエピソードが無いからか特に登場しなかったが、劇場版『オールライダー対大ショッカー』ではゴルゴムの力で洗脳されたユウスケが真の姿としてライジングアルティメットに変貌を遂げた。
本来ライジングフォームは「一段階上昇」ではなく「アルティメットの力の片鱗」なので、クウガ本編でアルティメットフォーム以上に強力なフォームが登場しなかったのは「作りようがなかったから」であり、予算の関係とかではない。

二次創作

上記ライジングアルティメットの登場に合わせたかは不明だが、ライジンググローイングの設定やイラストを作っているファンも多数存在する。

余談

上記の通り、ライジングフォームは電気ショックを受けたからこそ発現したフォームであるため、古代の戦士である先代クウガはライジングフォームになっていない
アルティメットフォームはそうおいそれと変身できるようなフォームではないため、先代クウガはライジングフォームなしで通常フォーム級の必殺技を2発以上受けても戦闘続行可能(例:ガメゴはタイタンにぶっ刺されてもピンピンしていたし、ザザルはドラゴンとマイティの必殺技を立て続けに受けても気合で霧散させていた)なゴ集団グロンギを全員殺さずに封印した可能性も大いにある。
(現代のグロンギが古代より強くなっている可能性を差し引いても)古代の戦士恐るべしである。

関連イラスト

仮面ライダークウガ
だから、みててください…おれの、へんしん!



関連項目

 電気 強化フォーム 中間フォーム
ドラゴンスタイル

関連記事

親記事

超変身 ちょうへんしん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ライジングフォーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9257

コメント