ピクシブ百科事典

ハザードフォーム

はざーどふぉーむ

『仮面ライダービルド』に登場するフォームの総称の一つである。
目次[非表示]

スーパーベストマッチ!

アンコントロールスイッチ! ブラックハザード!
ヤベーイ!

概要

仮面ライダービルドの強化形態の総称。
ハザードトリガーを装着したビルドドライバーベストマッチフルボトル2本を装填して変身する。
宇宙船160号の解説によればベストマッチ以外の組み合わせでも変身できるとされるが、本編には登場していない。

ラビットタンクスパークリングフォームよりも強力ではあるが計り知れないリスクを抱えたフォームであり、「使ったら誰かを傷つけてしまいかねない」「でも使わなければ守れない」の二律背反に戦兎は苦しめられることになる。

変身時には鋳型のような専用のフレームハザードライドビルダーでプレスされるように変身するが、黒と黄色の警戒ラインで変身時からすでに危険を警告している

容姿

ハザードは止まらない
ブラックハザード


フルボトルの組み合わせで様々に色が変えるビルドとは真逆の黒一色のボディ。
複眼のみがフルボトルに応じて変化する。

モチーフは実験に失敗した黒焦げの科学者との事。

能力

ハザードトリガーに内蔵された強化剤により基礎攻撃力・耐久力が大幅に向上。
さらに強化剤を全身に浸透させることにより、徐々にハザードレベルを上昇させていく

また腕部・脚部の「HZデッドリーグローブ」「HZヴァニッシュエンドシューズ」は接触した対象を分解・霧散させる機能を備え、必殺技発動時には攻撃対象の装甲を消滅させて剥き出しの中枢に攻撃を叩き込むことが可能であり、やはり相手を破壊・抹殺することに特化した「兵器」としてのビルドの真骨頂と言えるだろう。
この特性のため、登場時点では仮面ライダーローグに唯一有効打を見舞えるフォームであった。

また、ホークガトリングハザードフォームなら背中にソレスタルウィングが出現するなど、オリジナルのベストマッチフォームの能力も発現させる事も可能。
見た目は変わらないが、一応各ボトルの特性も反映されている。

また、強化剤を変身者の脳の特定部位に浸透させることで闘争本能を刺激して攻撃力を上げている。
だがこれにより戦闘が長時間続いてしまうと変身者の脳が刺激に耐えられなくなり、最終的に自我が消滅して破壊衝動の赴くままに戦う暴走状態に陥ってしまうデメリットを抱えている。

暴走状態

理性が消し飛んだ野獣のようなものではなく、余分な思考や感情の一切を廃して顎・首・鳩尾といった急所ばかりを狙うようになるものであり、戦闘マシーン化と言ったほうが近い。

一度暴走してしまうと敵味方区別なく、生身の人間にさえ襲いかかり目に映る全てを破壊しようとする。
視界にいる敵を優先的に倒そうとするが「敵」を認識できないため、第25話ではローグに誘導されてグリスに襲いかかってしまった。

変身解除されるほどのダメージを与えるかハザードトリガーをベルトから取り外せば暴走を変身ごと解除することが可能だが、ハザードフォームの猛攻を掻い潜りながら行うのは極めて困難である。
代表戦に向けて戦兎が開発した「強制停止装置」も、逆にハザードレベルを急上昇させて戦兎ごと消滅させるというものであった。

後に開発されたアイテムでハザードトリガーを安全に使えるようになり、戦兎がハザードトリガーを使い続けて強化剤に慣れたことで、理性を保てる時間が延長されている。

オーバーフローモード

ラビットタンクハザードフォーム


マックスハザードオン!
オーバーフロー!……ヤベーイ!

変身した後、再びスイッチを押すことで強化状態「オーバーフローモード」への移行する。
一時的にハザードレベルを上昇させ、敵のみならず味方までもが恐怖を感じるほどの戦闘能力を発揮できる。
基本的に暴走状態に陥ってからこのモードになるため、戦兎自身の意志で使用されたことはなかった。

フォーム一覧

本編登場

禁じられた変身



飛翔する災害


ホークガトリンガーを武器に戦う。

災害の反逆者


カイゾクハッシャーを武器に戦う。

ファンタジスタハザード!


ビートクローザーを武器に戦う。

番外編登場

仮面ライダービルド スマホウルフハザードフォーム


ネットムービー『ハザードレベルを上げる7つのベストマッチ』に登場。

必殺技

  • ハザードアタック

通常時の必殺技。劇中未使用。
というか発動するまで意識を保つことができなかった。

  • ハザードフィニッシュ
オーバーフローモード中の必殺技。
全身から漆黒の強化剤を黒いオーラのように噴出し、敵装甲内を霧散させ中枢に直接攻撃を叩き込む。

余談

Pixivでは本編に登場しないハザードフォームも投稿されている。

ニンニンコミックハザード
ゴリラモンドハザード


なお、上記のように物語の展開には優しくないフォームなのだが、流用には優しいフォーム…なのかもしれない。
デザイン初期は複眼も黒くする予定だったので、結果的に想定されるフォーム数が多くなることとなった。

関連タグ

仮面ライダービルド ハザードトリガー

Vシネマ「ビルドNEW_WORLD 仮面ライダーグリス」に登場する新たなビルド。
ハザードフォームのボディに両目は黒ずんだタンク。

バーニングフォームファングジョーカープトティラコンボタイプデッドヒート:同じく暴走のリスクが伴う強化フォーム。ファング・プトティラとはガンバライジングにて「チームヤベーイ」を結成。
アメイジングマイティ:同じく黒いボディとなった強化フォーム
アルティメットフォーム:黒いボディで暴走する危険を孕んだフォーム。

仮面ライダーG4:黒主体のボディに同じく科学技術によって作り出された仮面ライダー。装着者に多大な負担をかける点や、最終的に変身者の身体を部品の如く扱う点、開発者ですら危険視した点などが類似している。

フォント・ボー:機動戦士クロスボーン・ガンダムゴーストの主人公。作中で“超高速航行形態を持つ搭乗機のみで核ミサイルを撃墜する”と言う離れ業をやってのけるのだが、そこで脳の限界を超えて思考を続けた事が切っ掛けで、余分な思考や感情の一切を廃した合理的の過ぎる思考状態へ入り掛けてしまう。
様はオーバーフローを生身で起こしてしまった人間と言え、続編ではそれを安全に使う手段を模索している(現状では超思考の後に強い眠気が来ると言う“安全弁”を付けている)。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハザードフォーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70512

コメント