ピクシブ百科事典

ファントムガンダム

ふぁんとむ

ファントムガンダムとは、漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト』に登場するモビルスーツ。 同作の主人公機にあたる。
目次[非表示]

"幽霊"の名を持つ機械よ―――

もし消えゆく人の痛みと悲しみが
ほんのひとかけらでも、わかるなら―――!

概要

木星共和国(旧木星帝国)で開発された可変モビルスーツ。型式番号EMSTC-02。
主なパイロットはフォント・ボー
本来ガンダムとして開発された機体ではなく、「ガンダム」の称号はパイロットであるフォントが(心の中で)名付けた物であり、フォント以外からは専ら正式名称である「ファントム」の名で呼ばれる。

本機は「一騎当千」をコンセプトとする特務用モビルスーツ「サウザンド・カスタム(サーカス)」の内の一機であり、その中で二番目に開発認可が降りた機体である。
木星帝国が過去にサナリィから強奪したレコードブレイカーのデータと、アマクサをベースにしたミノフスキー・ドライブ搭載の惑星間高速移動能力機であり、単機で連邦の要所を電撃的に襲撃する『テロ行為』を視野に入れて開発が進められていた。
惑星間という長距離を移動する設計思想上、機体を構成する四つのブロックの位置を入れ替え、巡航形態「蜃気楼鳥(ミラージュ・ワゾー)」へ変形する機構を備える。

ただし、本機に搭載されているミノフスキー・ドライブは技術的に未成熟であり、同時期にリガ・ミリティアで開発・運用されていたV2ガンダムと比較した場合、その完成度は50%程度でしかない。このため、ドライブを稼働させた際には、余剰エネルギー放出の欠陥である「光の翼」が常時発生してしまう(そもそもV2ガンダムのミノフスキー・ドライブ自体が完成から程遠く、機構上「光の翼」が全く発生しない仕様となってようやくミノフスキー・ドライブは「完成」と言える)。
ドライブの力場を安定させる為に、全身にサブスラスターを増設して余剰エネルギーの排出口を多数化し、更に補器として複数のIフィールド・ジェネレーターを外装して力ずくでベクトルを収束させる事で、推進システムとしての機能を確保した。が、これによって莫大なエネルギー消費が生じる事となり、排熱の問題が発生。結果的に稼働時間が短くならざるを得ず、『惑星間航行』という長期間連続運用のコンセプトに対して、完全な失敗作となってしまった。

しかしこれにより、ミノフスキー・ドライブを起動させた場合、「ファントム・ライト」と呼ばれるミノフスキー・ドライブの機動力とIフィールド・バリアの対ビーム防御を併せ持った現象を、短時間ながら引き起こすという、設計思想外の戦闘力を手に入れている。

機体特性としては、ミノフスキー・ドライブ搭載機というその性質上、推力・機動力に秀でており、特に蜃気楼鳥形態時の加速力・巡航能力は、事実上の上位機であるV2ガンダムを除いて、既存のモビルスーツ、モビルアーマーのそれを上回る。
ただし、設計者がミノフスキー・ドライブを稼働させなくとも1機のMSとして一定の完成度を目指した弊害として、本来不必要であった熱核スラスターおよびその推進剤も、通常のMSと同等推力に相当するものが搭載されており(ジャブロー戦ではファントム・ライト未使用状態でも、重力下において飛行していたため、パワー・ウェイト・レシオは1倍を大きく上回る)、V2ガンダムがスラスターをあくまでサブ推進機とすることで軽量化を果たしていたのとは逆に、必然的に重量(質量)増加による慣性の不利を背負ってしまっている。
更に加えて、ミノフスキー・ドライブの本来のメリットの一つである20Gレベルの機動すら実現させる慣性制御(緩和)機能は、本機の完成度では稼働せず、リニアシートによる加速Gの相殺に頼るしかないため、加速中に急旋回を行った場合はパイロットはおろか、機体の耐久力をも上回るGが発生する欠点を抱く(劇中のフォントは、10G前後が限界と語っている)。
防御面に於いても、ビームシールドが搭載できず、Iフィールドによって内側に押さえ込んだメガ粒子が、自機を損傷させる可能性がある(本機のフェイス・エクステリアとツインアイを有しているが、これはファントム・ライト稼働時に自身のメガ粒子から本来のカメラアイを保護するためのカバーとして機能させる二次装甲であり、内部には木星式モノアイを搭載している)など、ミノフスキー・ドライブが未熟であるが故に、数多くのの問題を抱えてしまう事となった。
特に、ファントム・ライト稼働限界後に切り替わる強制放熱モードでは、全身から冷媒を吹き出す事から、稼働時オーバーロードによる莫大な熱量負荷が伺われる。この内、サナリィの一部のF9グレードでも採用されていた、頭部バイオ・コンピューター(熱に非常に弱い)集中冷却用ギミックである、『フェイスオープン』は、機体のオーバーロードレベルに応じて最大二段階まで展開する仕様となっており、第二段階になるとフェイス部分に加え頬のパーツまでもが展開する。

機体制御は本来ならばバイオ・コンピュータによって行われる予定であったが、木星側ではバイオコンピュータの解析が遅れていた為(原因は八掛けの吊り橋の配線)、本機の完成を急ぐ木星のタカ派上層部の意向で木星式のOSをも組み込むことで「取り敢えず」完成させられた。
しかし、不完全なバイオコンピュータと木星式OSの組み合わせは相性が悪く、その結果通常のMSとして起動する事すらままならくなり、「失敗作」あるいは「未完成機」の烙印を押され、封印されることとなった(この際にミノフスキー・ドライブも予定していた能力を発揮出来ない事が判明していた為、可変機構は物理的なロックを噛ませ封印されている)。

その後、サーカスへ捕らえられたフォントが脱走する際に搭乗。ハロロのサポートを得て起動させ、更にプログラムの不具合を解決させ、以降彼の乗機となった。これはハロロをダウンロードした際にハロロがファントムのプログラムに絡め取られて抜け出せなくなってしまったことも起因している。

数々の激戦を乗り越え、モビルスーツという単一の戦闘単位を超えた活躍を見せるが、マリア・シティでの戦闘にて迫り来る核ミサイルを迎撃する為に封印されていた可変機構を開放するべく自刃し、ロックを強引に解除した上でミノフスキー・ドライブ飛行を敢行。核ミサイルの迎撃には成功するもののこの結果機体に著しいダメージが発生し、作戦後カーティス・ロスコらの手によって改修が行われ、「ゴーストガンダム」へと生まれ変わっている。

なお、本機は可変機として設計されているものの、その可変機構は客観的に見た者から「壊れていく」と形容されるような代物であり、(人型状態よりはマシだが)蜃気楼鳥のフォルムも既存の航空力学に則っているとは言いがたい。

総合的に言えば長所と短所の落差が激しい非常にトリッキーな機体である。Iフィールドの嵐による反則じみた防御力があるとは言え、機体の構成上固定武装がフレイムソード一対しか無く、純粋な”戦力”としては頼りない。ある意味「戦闘は苦手だが知謀と機転で立ち回ることが得意」なフォントだから真価を発揮出来る機体であると言える。

武装

ファントム・ライト

本機に搭載された完成度の低いミノフスキー・ドライブ。
ファントムがミノフスキー・ドライブを起動させると、そのエネルギーが「光の翼」として放出されるが、本機のそれは全身に搭載されたIフィールドによって無理やり抑えこまれた結果、揺らめく炎のような形となる。
これは本来のファントムの仕様上にある能力ではなく、Iフィールド搭載によって偶発的に備わった機構である。
ただし、全身に外装されたIフィールドの効果により、強力な「Iフィールドの嵐」を身に纏った状態となるため、ビーム兵器類に対しては射撃・格闘・防御用を問わず無力化し、またビーム・シールドでの防御が不可能なヴェスバーの砲撃すらも受け流す事が可能となる。機体の出力自体も大幅にパワーアップしており、自分よりも大柄なMSを単純な力だけで振り回すほどの威力を見せつけた。むしろファントム・ライト展開時は力に物を言わせた肉弾戦で相手を沈める場合が大半である。
ただし膨大な排熱への処理問題が解決していない為、最大機動時の連続使用時間の上限は15分と機動兵器として運用するにはあまりにも短い。
この弱点を補うためバックパックに装備した緊急冷却用カートリッジによって一度の出撃で一回のみ、ミノフスキー・ドライブの稼働時間をもう15分程度延長が可能である。
なお、蜃気楼鳥形態時は推進ベクトルやエネルギー循環効率などが長距離移動に適した形へと再構成される事もあって稼働時間は延長されるが、これを用いても3分程度の延長が限度である。
また、変型後の形状は空力学的には不利だが、Iフィールドのミノフスキー・エフェクトにより空気抵抗を軽減する事で、MS形態よりも巡行性能が向上する。

ファントム・ライトの危険性

上述の『カメラアイを保護するためのカバー』が必要な事から、「光の翼」をIフィールドの“嵐”で強制的に抑え込んでいる弊害として、ファントム・ライト稼働中はメガ粒子が自機を傷つける可能性が高いと推察される。
Vガンダム』劇中の、「メガ粒子砲の粒子一つに直撃されても、人間は即死でありますから」というセリフの通り、超高熱の粒子は容易にMSの装甲を蜂の巣にする(逆にこれを利用して、収束率を落とす事で直撃させることなく敵機を撃墜する武装も存在する)。よって理論上、ファントムガンダムはファントム・ライト稼働のたびに全身装甲のフルメンテナンスを必要とする、極めて整備性・稼働率の悪い機体であると言える。
当然ながら周囲に近づいた「人間は即死」させるため、市街地での稼働についても十二分に熟慮しなければならない。
(なお、小説版『F91』においてシーブックの父親は、ビームが近くを通り過ぎた事で穴だらけの死体となってしまった。)

Iフィールド・ビームバリア

全身に装備された対ビーム・バリア。原理などの詳細は別記事参照。
本来はミノフスキードライブの安定の為に増設された物だが、複数のIフィールドジェネレーターを搭載した結果、本機のIフィールド・バリアは非常に強力なものとなる。更に副産物としてこれまで例の無い「Iフィールドの力場操作が可能」となった。これによりビーム攻撃を分散・拡散させて周囲への被害を大きく軽減させる事も可能である。

しかしながら、Iフィールドの原理上実体弾に対する防御能力はゼロであり、加えて本機はビームシールドを搭載していない(Iフィールドを纏うせいで搭載できない)。
このためジャブロー戦では、パイロットが対ビーム防御能力を過信した事もあって、マシン・キャノンという単純兵装によって小破させられている。

フレイムソード

ファントム本来の武装。
腰部に二本備えられた大型のビームソードであり、ファントム・ライト時には光の翼同様「Iフィールドの嵐」にさらされる為、刀身が揺らめいて見える。
敵のビームシールドによる防御に対して、シールドのビームを巻き込み無力化する事が可能となっており、ビームシールドを基本とする当時のモビルスーツの防御手段を無視した強力な攻撃手段となりうる。
また、ビームを発さずともデバイス部分を加熱する事によってヒートダガーとして運用する事も可能。
このモードはファントムが蜃気楼鳥形態へ変形する際に可変機構の封印を解く際にも使用された。

バタフライバスターB

クロスボーンガンダムX0のバタフライバスターをブラックロー運送が解析、リニューアルした装備。クロスボーン・ガンダムX0のメインウェポンだが、ファントムも使用する。
六挺しか存在しない試作武器を元にしているものの、使い勝手に関してはバタフライバスターと同様。加えてオリジナルと比較して12%の出力UPに成功しており、宇宙世紀0150年代の平均的なビーム兵器よりも若干高い出力を有している。ただし、ビームサーベルビームシールドに力づくで競り勝てるほどの出力は有していない。

なお、上述の“Iフィールドの嵐”の原理上、ファントム・ライト稼働中はサーベルモードのビーム刃が揺らめき、バスターモードでは射線が歪むはずだが、これらの運用上の不都合は見られなかった。本件についてはマンガ演出的な都合のためだろうが、原理としては謎である。ファントム解析の際に問題視されたIフィールドの対策がなされていると考えるべきか。

ビームローター

宇宙世紀0150年代に実用化された、ミノフスキー・エフェクトによる重力下長距離飛行システム。機構的な詳細はこちらの該当項を参照。
「Dust」の舞台である宇宙世紀0168年時に左腕へと増設された追加装備だが、ザンスカール製MSのそれというよりもデスフィズのビームファング的な複合兵装(ビームローター+近接戦用ビームドリル)として扱われる。

蜃気楼鳥形態時には機首部に配され、レシプロ機のようなシルエットになるが、ビームローターは垂直下方面に斥力場を形成して浮遊し、更にその斥力場にわずかな密度差を作る事で、『見えない滑り台をゆっくり滑り続ける』システムのため、この配置では飛行・推進システムとして機能しない。これは、ビームが質量ゼロの縮退状態にあり、空気や海水といったあらゆる流体から、抵抗を受けないためである。

このため、蜃気楼鳥形態時のビームローターは、前面防御のみのために使用している事になるが、『F91』以降の各作品で言及されているように、発光の強い(敵機からの視認確率を激増させる)ビームシールドを連続使用するようなパイロットは素人同然であり、フォントが本質的にはエンジニア――パイロット適正が低い事を表している。

なお、ビーム兵器である必然として、これもやはりIフィールドの嵐の影響を受け、形状が不安定化する。

「Dust」劇中ではバタフライバスターBやフレイムソードの使用シーンが無い(「ゴースト」最終戦時に消失したため)ので、おそらくはこれらの代用品として搭載されたものと思われる。

ファントムV2

機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST出演時のファントムの呼称。V2の番号を振られているが、これは単純にバージョン2といった意味であり、機体内容が変わったわけでは無い。
銀色の特殊金属コーティングがされたゴーストガンダム形態からキゾ中将との最終決戦を経てコーティングが剥げ落ちたため、改めて元のファントムに戻ったかたちである。
キゾ中将との激戦を経たあと、15年間にわたって宇宙を彷徨っていたため、機体にダメージが蓄積されてしまっており、全盛期の75%程度まで出力が落ちている。ミノフキー・ドライブの出力低下と固定武装であったフレイムソードの消失を補うために搭載された新武装:ビームローターがV2形態の特徴と言える。
技術レベルが大幅に下がった「宇宙戦国時代」においてはロストテクノロジーに類する機体であり、ガタがき始めているとは言っても未だに最強クラスの実力を持った機体である。だが、機体の補給パーツも無ければ完全に修理する技術もないため、余り無理は利かない状況である。
実際問題、ファントムを完全な状態に治そうと思ったら技術が衰退していない木星まで持って行くしかないのである。

外部出演

ガンダムVSガンダムシリーズ

非映像化作品出典やMSV出身の機体も珍しくなくなってきた本シリーズで、
漫画でしか活躍を拝めなかったファントムガンダムがまさかのガンダムVSシリーズに参戦することがガンダムエースにて報じられ、
「GUNDAM VERSUS」チームバトルトーナメント in C3AFA TOKYO 2017決勝大会会場にてが正式に公表の後、家庭版には400コストのDLC機体として、アーケード版には2500コストとしてそれぞれ2017年9月26日にそれぞれ参戦した。

原作通り変形が可能でファントム・ライトは時限強化武装、フレイムソードは時限強化状態でのみ使用可能な特殊格闘派生やその間のみ変化するBD格闘で使用する。
フォントのCVは石川界人氏。ゲーム作品等々で声優が決定した非映像作品の登場人物は彼に限った話ではないが、VSシリーズからというのはこれが初。
注目すべきはそのファントムライト。開幕は0からスタート、時間経過でゲージが200溜まると使用可能になる。 発動中はビームはおろかバズーカやハンマーも含めた実弾等々も防ぐ事が出来る全身射撃バリア状態で、発動中と被弾時にはゲージを消費するするものの、再入力で防御技である“Iフィールドの嵐”が発動可能、さらに機動力や格闘性能も強化され専用の格闘も使用可能になる。
その反面、素の格闘は弱判定ゆえにファントムライト無しだと格闘戦を挑みにくく、通常時は変形時の武装も併用してようやく並の機体レベルに射撃戦を展開できるという心許ないピーキー仕様となっている為、ファントムライトを如何に運用するかが鍵となる機体である。

覚醒技は二段階強制放熱モード。これはダメージを与える武装ではなく、使用するとゲージが300状態でファントムライトが強制発動。ただし、デメリットとして効果が切れてから通常のファントムライトが再リロードまで時間が追加されその状態だと機体性能が低下するというもの。
とはいえ、終了後のデメリットこそあるが、覚醒技による強制発動は、換装の回転率を一時的に上げる切り札である。 ここぞというところで使いたい。

尚、ゲームとは一切関係ないが

もしもEXVS FBにファントムさんが参戦したらっ!


2013年の時期に同シリーズでの参戦を見事に言い当てた猛者がいる。
5枚目イラストでの覚醒技採用候補は見事としか言いようが無い

余談

劇中のジャブロー戦において、本機はコクピットシートに直接パイロットが二人乗りしているが、これは機動兵器の操縦において絶対に行ってはならない操縦法である。
物理的に、上に座っている人間の体重の分、加速Gが下の人間にかかるため、下の人間は事実上倍のGを受けて圧死が免れない
現実の戦闘機などにおいてももちろんであるが、『逆襲のシャア』でアムロチェーンを乗せる際や、『Vガンダム』でファラがキールを乗せる際に簡易複座席をセッティングし、また同じく『Vガンダム』においてシャクティがウッソ機に搭乗した際すぐに後部スペースに移るのは、このためである。
その他、小説版『F91』において成り行き上セシリーをこのように身体上に乗せたシーブックは、ラフレシアとの戦闘後に「グシャグシャに潰れているのではないか」と、セシリーに深く心配された。

後の最終決戦でも、小柄な子供とはいえ再び人を膝の上に乗せて戦う事となった。
Gを緩和する特殊なジェルでコックピットを満たしていたとはいえ、パイロットであるフォントにかかるGはすさまじいものであったことを本人も感じていたが、それが逆に戦いの行方を握るカギの一つとなった。

関連項目

機動戦士クロスボーン・ガンダム
機動戦士クロスボーン・ガンダムゴースト 機動戦士Vガンダム
機動戦士クロスボーン・ガンダムDUST

サウザンド・カスタム デスフィズ アマクサ レコードブレイカー
フォント・ボー ゴーストガンダム
V2ガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「ファントムガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 148141

コメント