2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

今週のビックリドッキリメカ発進!

概要

発祥はヤッターマン
ヤッターマン達がドロンボー一味に追い詰められた際、犬型ロボット「ヤッターワン」など、ヤッターメカにメカの素を与えることでヤッターメカの機内で大量に製造される小型メカ
序盤は苦戦描写すらなくドロンボーメカと遭遇して即発動する回もあった。ヤッターペリカン用は「ビックショックメカ」と呼称される。
大抵は・・・というか確実にこのメカのお陰で形勢が逆転し、ドロンボー一味はお仕置きを受けるハメになってしまう。

メカを出す直前にファンファーレが流れる。これは前作タイムガイコッツが繰り出す度に自爆した「今週のハイライト」の流れを汲む。また、このシーンで使われる曲のフィニッシュ部分は前作60話で先行導入されている。

同一の小型メカを文字通り量産してドロンボーの秘密兵器を攻撃するものであるが、そのモチーフは様々。
「●●メカ」という名称で、基本的に「●●」のみを繰り返し言うのが特徴。
そのため「大型の母機から子機が大量に出てくる」系のイラストに、ビックリドッキリメカ(或いは今週のビックリドッキリメカ)のタグが付けられることがある。

三悪が必死の抵抗を試みる場面も見どころで、初期エピソードでは前作でお馴染みの「今週のハイライト」(※)で迎撃を図るも、コクピットに用意した冒頭のファンファーレ用小型メカを破壊され不発。後期エピソードでは意趣返しの如く三悪もビックリドッキリメカを用意して迎撃する事があったが、やはり最終的に敗北・爆散。
※初期はドロンボー一味とマージョ一味が同一人物扱いされていた名残。また、今週のハイライトについても(ファンファーレメカも引っ提げて)猛攻を掛けた後、ビックリドッキリメカで逆転されるパターンも存在。

平成版ヤッターマンでは「ハリセンメカ」など、そこそこの頻度で同一の小型メカが集まって巨大なメカになるというメカも存在する。単体ではドロンボーメカに有効な攻撃ができなくても、巨大なメカになることで強力になる。

また、ありえねーとか、どうしてこうなったなギミックや目的のメカ、或いはひたすら大規模で巨大なメカも「ビックリドッキリメカ」と呼ばれることがある。
、どちらの意味でも使われることがある。
と言う意味では、長谷川裕一が執筆するガンダム漫画に登場する長谷川裕一ガンダムMS&MAは正にビックリドッキリメカのオンパレードと言える。

現実世界でのビックリドッキリメカといえば・・・うん、やっぱりあの国だね。
尤もこの国とか、この国とか、この国とか、この国とか、この国もかなり強烈な「今週のビックリドッキリメカ」を作ることがあるけどね・・・。

関連イラスト

【PFNW】 全自動洗濯機 【機械の遺跡】
ポケモン描いてみた



関連タグ

タイムボカン ヤッターマン
兵器 超兵器 珍兵器 秘密兵器 最終兵器 変態兵器
ピクミン 数の暴力
タイムガイコッツ
エースコンバット 鋼鉄の咆哮 アーマードコア 長谷川裕一ガンダムMS&MA
オーバードウェポン あんなもの
ドクター・トラウム

現実のビックリドッキリメカ

パンジャンドラム(みんな大好き英国式自走爆雷)
バケットホイールエクスカベーター(世界最大の重機

表記ゆれ

今週のビックリドッキリメカ びっくりドッキリメカ ビックリどっきりメカ びっくりどっきりメカ

もしかして
英国面

関連記事

親記事

架空兵器 かくうへいき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 263048

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました