ピクシブ百科事典

サウザンド・カスタム

さうざんどかすたむ

サウザンド・カスタムとは、漫画「機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト」に登場するモビルスーツ群である。
目次[非表示]

概要

サーカス(Thou-Cus)の略称を持つ、木星共和国の特務仕様モビルスーツ群。
木星共和国のタカ派技術者達は、コロニー間紛争が盛んな宇宙戦国時代に於いて、資源が限られ大規模な戦力を保有出来ないというコロニー国家の欠点を補うべく、ローリスク・ハイリターンを目的に少数精鋭を突き詰めた結果、「一騎当千」というコンセプトに行き着くに至り、サーカス機はこれを体現するべく開発されたシリーズである。 。
「一騎当千」というコンセプトを体現するべく、サーカス機には1機で戦局を覆
認可が降り開発が行われたサーカス機は全7機。これら以外にも認可が正式には降りなかったものの実機の建造が行われた地上侵攻用の機体が3機存在し、全10機がロールアウトした。

全機とも(フレーム段階から独自の仕様を採用しているものもある)ワン・オフ機だが、機動兵器運用の基本として(例:エゥーゴガンダムMk-Ⅱを鹵獲した際は1機を残して分解し、予備パーツとした)、稼働機以外に予備パーツが2機分(合計3機分)製造されており、後先を考えなければ同型の機体をもう1機建造する程度の事は可能である。

機体特性としては、「一騎当千」の謳い文句とは裏腹に、ファントムを除いた各機ともが既存技術のマイナー・アップデートを用いた設計に過ぎず、その特性は長所と短所が明確となったピーキーものばかりである。これらの機体に対して、各パイロットがエース級以上の技量をもってして、短所を無理矢理押さえ込む、もしくは長所の有用性をさらに伸ばす事によって、力づくでコンセプトを達成している。
また、各機とも運用方法を一点に絞った上で、それに必要な能力のみに特化した設計であるのも特徴と言え、宇宙用か地上用、あるいは接近戦仕様か射撃戦仕様、および攻撃重視か防御重視のいずれかに偏っており、特に宇宙世紀0150年代のMSとしては珍しく、ミノフスキー・エフェクトを利用した1G環境下飛行機構を有していない機体が過半数となっている(デスフィズがビームローター、ファントムがミノフスキー・ドライブ、エスピラルがミノフスキー・クラフトを採用しているのみ)。
更にデスフィズは接近戦特化仕様、エスピラルは大気圏内限定仕様のため、「全領域汎用MS」となるのはファントムただ1機だが、当機は失敗作(未完成品)に終わっている事、さらにサナリィバイオ・コンピューターの起動にも失敗している事から木星共和国側の技術力(地球環境に対する想像力)の限界が垣間見える。

これらの他、全機に共通する機構としてサナリィF91F97が採用していた、フェイスオープンのギミックを採用しており、頻繁に放熱を行う。
しかしながら、このフェイスオープン機構はF91、F97の頭部に搭載されたバイオコンピューター(高熱に弱い)を集中的に強制冷却するギミックであるため、ファントム以外の各機が何のために頭部からの放熱を行うのかは定かではない。
(上述の通り、ファントムにおいてバイオ・コンピューターの起動に失敗している事から、他機に採用されている可能性は低い。)

木星戦役「神の雷」計画を経て共和国制へ移行した木星共和国と木星の経済を支えるユピテル財団が、旧木星帝国の思想を引きずる木星のタカ派に対する一種のガス抜きとして開発を許可した経緯を持ち、本来は要求性能を高く設定することで開発を難航させることを目論んでいたが、その予想とは裏腹にある程度の開発成果が上がってしまう。
そして、開発チームはこれらの機体群の実戦投入の機会を執拗に狙い、宇宙細菌「エンジェル・コール」を巡る争奪戦に於いて傭兵としてこれら機体群を投入。木星の特殊部隊「蛇の足」を再編した「クロスボーン・バンガード」と交戦する事になる。

正式認可機体一覧

ラロ

型式番号EMS-T01。パイロットはロナルド。
ザンスカール帝国製モビルスーツゲドラフと同様のコンセプトを持つ小型モビルスーツ。
本来は一騎当千機として開発されながらも唯一量産を視野に入れて開発された試作機である。
ゲドラフのアインラッドに代わって「ライドボール」と呼ばれる、球型の攻守機動一体のサポートメカとの連携運用を前提としており、その姿は玉乗りをしているピエロに喩えられる。通常状態は恍けたピエロの顔を見せるが、フェイスオープン時にはその装甲の下から恐ろしい顔が覗く。
アビジョとその原型機アラナに代表されるSサイズフレームをベースに開発が行われており、その全長は10メートル足らずとゲドラフよりも更に小型となっている。Sサイズフレーム採用機の例に漏れず、小型故に運動性に特に秀でており、同じく10m級サイズのライドボールの走破性能によって地上を高速機動する。アインラッドと比較した場合、走破性については直径に劣る分最高速度で後れを取るが、球形のメリットとして360度の任意方向に瞬時に転換でき、装甲厚については大きく上回る。この「小型」、「球形」によってライドボールは機体全体の常時防御を捨てることになったが、一方向に対する防御能力を向上させつつ、高度な運動性能を獲得している。しかしながら、防御方向が一方向に限られるということは、パイロットには常に敵機の攻撃から自機をライドボールの影に隠し続けるポジショニング能力が必須となるため、この要求操作技量の高さからラロの量産は見送られてしまった。
サーカスではこのポジショニングを可能とするエースパイロットが搭乗したことにより、絶対防御と高運動性能という機体の真価を存分に引き出され、本機は部隊の「盾」とも言える存在となり、サウザンド・カスタムの中で特に攻撃力に秀でたデスフィズとは対の関係を成すに至っている。

武装として上下対照形状のビームライフルを装備しており、これは分割する事で二刀のビームサーベルとして運用することが出来るマルチプル・ウェポンとなっている。
ライドボールもまた、それ自体が質量武器となり敵機を轢殺するが、Sサイズフレーム故の低質量を補うためビームカッターが内蔵されている。

なおライドボールは、最終的には敵勢力に鹵獲、利用されてしまうという、アインラッドと同じ欠陥を晒す事となった。

ファントム

型式番号EMS-T02。
過去にサナリィから強奪したミノフスキー・ドライブ実験機と木星製モビルスーツのデータを組み合わせて開発された機体。
ミノフスキー・ドライブ・システムが一定以上のレベルで完成していれば、それだけで『一騎当千』となり得る事を証明する機体
詳細はファントムガンダムを参照。

バイラリナ

型式番号EMS-TC03。パイロットはコーシャ。
両脚部にヴェスバー(可変速ビームライフル)のマイナー・アップデート武装である「ニードル・ヴェスバー」を内蔵した、超長距離狙撃機である。
このニードル・ヴェスバーは、コーシャが「絞り込む事に特化した」と語った通り、ヴェスバー元来の機能である射撃ビームの出力・速度(収束率)の連続帯域調節機能において、標準となる収束率を高域値に設定した武装であり、ジェネレーターへの負荷を小さくした状態で高貫通力・長射程のビーム撃ち出す事が可能となっている。
高い収束率に照準を合わせた分、拡散率の高い破壊力(破壊面積)の高いビームの射出は不可能となっており、この意味では本来ヴェスバーの利点であった、1モジュールでの複数任務対応能力を捨てた事になるが、コロニーを一撃で撃ち抜く貫通力と、地表付近から衛星軌道を狙撃可能な射程を手に入れている。よって、Iフィールド・ビームバリアを多重に纏ったファントムですら、ニードル・ヴェスバー一基の通常出力弾を受け流すのが精一杯であった。

機体構造としては、脚部にほとんどの『砲撃機能』を集中・積載しており、脚部に内蔵したヴェスバーに、大腿部に積載したジェネレーターを直結していている(両脚部にジェネレーターを搭載した設計はΖガンダムに近い面もある)。さらに膝下全体をビームを収束させる為のバレルとする事で、長射程ビームライフルを内蔵しながらも小型・単純な機構を両立させている。しかしこの代償として、脚部は重力下での歩行性能が著しく低く、「無いに等しい」と評されるレベルとなった。
なお、MS形態時の両腕には攻防一体武器であるビーム・ファンを装備し、脚部のヴェスバー砲口からビームサーベルを発生させる事も可能であるものの、前述の歩行機能の低さから特に1G環境下における格闘戦能力はそれほど高くはない。
また、ニードル・ヴェスバーそのものの欠点としては、高出力のビームを極限まで収束させるバレル部への負担が大きく、短時間に連続で使用した場合は砲身がその熱に耐え切れず融解してしまう事が挙げられる(このため、二基あるヴェスバーは交互での使用を前提としている)。

――以上が本機のスペックであるが、あらゆる長距離レーダーが無効化されるミノフスキー粒子下(例として、宇宙世紀0096年において開発された超々ハイコスト機・ユニコーンガンダムでさえ、センサー有効半径は僅か22,000m)での機動戦闘において、『命中させる事のできない長射程ビーム兵器を搭載した機体』の開発例は枚挙にいとまがなく、過去、それら機体のいずれもが大きな戦果を挙げる事無く消えていった。
当然ながらバイラリナも同じ道を辿るはずであったが、パイロットであるコーシャが、地表付近から衛星軌道上のザンネックにニードル・ヴェスバーを連続命中させるという、神業と評するしかない狙撃能力を有していたため、本機の価値は180度反転。戦略級の機能を有すると言っても過言ではない有用性を示す事となった。
上記の狙撃は、ザンネックがテストパイロットの操縦によりほぼ静止していた事と、ビームの直進性により狙撃元の位置特定が不可能ではなかったとは言え、モニターに全く映っていない衛星軌道(最低でも地表から300,000m)のマト(18mサイズ)に何度も直撃を与えた事になり、ザンネックの撃墜後の状況も把握できていたことから、コーシャの特殊能力・狙撃技量はかのアムロ・レイすら大きく上回っていたといっても過言ではない
ただし、サイド4の資源コロニー『ミート・オブ・トゥーン』におけるファントムとの戦闘において、市街地への被害、さらにはコロニー外壁に穴を空けるという、スペースノイドから「鬼畜」の烙印を押される最低最悪の戦闘行為を躊躇いなく実行している事から、彼女自身は一面では完全なる狂人である。

最終的にバイラリナは、特殊なMSに敗北しているが、これは宇宙細菌の確保という任務的制約があったためであり、キゾ艦隊の補足範囲外から一方的に攻撃していれば、全くの無傷で彼らを撃滅する事が容易に可能であった。

デスフィズ

型式番号EMS-T04。
両腕にビーム・ファングを装備する格闘戦特化機。パイロットはジャック・フライデイ
詳細はデスフィズを参照。

ガラハド

型式番号EMS-TC05。パイロットはゴードン・ヌブラード。
宇宙空間でも有効な攻撃方法である「大質量物体を用いた質量弾」を主観に置いて開発された機体。
詳細はガラハドを参照。

バンゾ

型式番号EMS-TC06。パイロットはラーザブ。
ビーム兵装とビーム・シールドの運用に特化した宇宙世紀150年代の死角を突くコンセプトの下に開発された大型モビルスーツ。
詳細はバンゾを参照。

グレゴ

型式番号EMS-TC07。
ファントム(ミノフスキー・ドライブ)を除く、5機の機能を集約させた機体であり、サーカス部隊の指揮官であるクォ・グレーの専用機。
詳細はグレゴを参照。

非正式認可機体一覧

地球侵攻をコンセプトとした為に開発認可が降りなかったサーカス機。それぞれ型式番号の末尾に【G】(陸戦用)、【M】(海戦用)、【S】(空戦用)のスペルが配されている。

キルジャルグ

型式番号EMS-TC-G01。パイロットはアニマール・ベルヴァ。
地球侵攻をコンセプトとした為に開発認可が降りなかった3機のサーカス機内の1機。型式番号EMS-TC-G01。パイロットはアニマール・ベルヴァ。
地上での運用を想定し、不整地であっても安定した機動力を発揮させる事をコンセプトとしており、人型形態にこだわる事を捨て、四足歩行形態への変形機構を持たせる事でそのコンセプトを完成させている。
この四足歩行形態は「アニマルモード」と呼ばれ、ライオンを彷彿とさせるシルエットを成している。加えてこの形態こそが本領である事を示すように、放熱のフェイスオープンは明らかにアニマルモードを前提とした形状になっている。

ライオンの鬣(たてがみ)に相当する部位にはそれぞれビームサーベルが搭載されており、合計10基のそれを集約させた際の突破力はビームシールドを容易に突き破る出力を発揮し、加えて突進時には機体を守る盾ともなる。四肢を利用した急速な方向転換から繰り出される体当たり攻撃を防ぐ事は困難であり、その姿は「走る弾丸」に喩えられる。この『大出力・大型ビームサーベルを用いて敵機を完全撃破する』運用思想は、大気中ではMSを爆発さないで行動不能にしなければならない(=核爆発を起こしてはいけない)という、宇宙世紀0120年代以降のMS戦における絶対の基本原則を完全に無視しており、地球環境への核汚染に対する理解の無い木星共和国ならではと言える。
更に、当然ながら平地におけるスピードは車輪型のアインラッドに大きく劣るため、不整地で“のみ”運用価値の在る機体である。

加えて携行武装は電磁鞭のみと、ビームライフルのような射撃武器を装備していない。この電磁鞭は一定の延長機能を有しているが、宇宙世紀0150年代のMSは、上記のアインラッドも含めミノフスキー・エフェクトによる大気圏内での自由飛行が常識となっている事から、(劇中のような探索任務でなければ)空爆(絨毯爆撃)を受けた場合に文字通り手も足もでなくなってしまう。
このように本機は既に「時代遅れ」とすら言える設計であり、「一騎当千」というよりは、市街地へのテロ行為を想定した機体と見なすべきである。

カルメロ

水中戦仕様の開発未認可機。型式番号EMS-TC-M01。パイロットはマーメイド・ヌブラード。
海が無い(=大量の水を自由に使えない)木星に於いて、大量の水の中で活動する機体を設計する事は困難であったが、過去の地球侵攻にあたり、沿岸部から都市部を攻撃する事に対する有効性に着目した開発部が、「水中で接地した状態で遠距離攻撃可能な機体」として考案した機体がこのカルメロである。
背部に展開式の脚部ユニットを有し、これを展開する事で水底に接地し、海上であっても安定した長距離砲撃を行う事が出来る。カルメロ自体は小型機に分類されるが、脚部を展開した際の全高は30mに達する。
防御力に関しては、水中に潜んでしまえば水が緩衝材となるという事もありあまり重要視されておらず、水陸両用モビルスーツが接近戦を仕掛けてきたとしても脚部に装備された8基の水流ジェットエンジンを用いる事で敵の接近を拒み(カルメロ自体は接地している事から水流に流される事はない)、巨大な脚部はそれ自体が巨大な質量を持った「凶器」となりうるが、水流は側面に向けて発生させる事が出来ないという欠点を有する。
携行武装は遠距離攻撃用の機体という事でロング・ライフルを装備する。本武装は木星戦役時にクロスボーンガンダムX-2改も使用したものだが、カルメロ本来の武装か、X-2改のものを流用したのかは不明。

なお、地形(地域)によるが、一般的に水深30m程度となるのは沿岸から2,000~3,000mという極近距離であり、ミノフスキー粒子下とはいえセンサー有効半径内に探知される距離である(当時代はゾロアットでさえセンサー有効半径は30,000mに達しており、軍事基地の場合は当然更に広がる)。加えて、静止状態での精密狙撃という運用思想上、目標の狙撃後は即、海中へ離脱しなければ、海上に出ている上半身が簡単に攻撃に晒されてしまうため、「一騎当千」というよりは市街地(センサーによる警戒を行っていない地域)へのテロ行為、または敵沿岸部拠点への威力偵察を想定した機体と見なすべきである。
無論、深度のある海域も高速で航行可能ではあるが、木星開発陣が地球環境に対してい未だに理解が浅い事が災いして、深海では重い頭部の方が下になってしまう仕様となってしまっている。よって、離脱のための長期潜航および潜伏の際に木星出身パイロットが受けるストレスは、「1Gが24時間かかるだけでもつらい」というベルナデット・ブリエットの言葉から察するに、凄まじいものとなるため、強靭な精神力と忍耐が要求されるのは想像に難くない。

エスピラル

コルニグスの簡易型として開発された開発未認可機。型式番号EMS-TC-S01。パイロットはディーヴァ・ダッダ。
簡易型とは言えコルニグスのコンセプトを強化する方向で開発が進められており、本体にミノフスキー・クラフトを搭載する事で機体を浮遊させ、胴体側面に配された二基のリング状パーツに、推進システムと高圧ビーム砲を装備した同型のアーム(その内二本は腕として使用する事からマニュピレータを装備する)を合計六基配置し、このアームを高速で移動させる事によって複雑な機動と全方向への射撃を両立させている。

内蔵されているビーム砲とジェット推進は高圧かつ高出力で一発でもファントムの防御を揺るがし、機動性もファントムと同等かそれ以上である。リングについてるアームの基部や肩アーマー、関節は360度可動し、あらゆる方向へ向けることができる。
本来は宇宙用の機体として開発されていたが、アーム全てに推進装置を内蔵した結果として推進剤(熱核スラスター用燃焼剤)の積載容量不足から稼働時間の低下を招いてしまい、更にパイロットがこの複雑なシステムを使いこなせば使いこなす程に、稼働時間が短くなってしまうという致命的とも言える欠点が露呈してしまう。この事から、推進システムを空気圧縮式のジェット推進システムに換装することで解決させた。しかしながら、当然これは大気が十分にある環境――つまり地上でなければ運用不可能な機構であるため、正式な採用を見送られたという経緯を持つ。

劇中においてハロロからは「既存の技術を組み合わせただけ」という低評価を受けているが、宇宙世紀100年代において、ミノフスキー・クラフト搭載機は頭頂高が30mを越えていた事や、上記コルニグスの大気圏内用追加ユニットにさえ通常の熱核スラスターしか搭載されていなかった事を鑑みると、本機の細いボディフレーム内にミノフスキー・クラフトを搭載させた技術力は、驚異的と評していい。

開発部の目下の目的は、この技術的な問題を克服し、この機体を宇宙で使用できるようにする事にあると言える。

関連項目

機動戦士クロスボーン・ガンダムゴースト
木星帝国

pixivに投稿された作品 pixivで「サウザンド・カスタム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15085

コメント