ピクシブ百科事典

魔空戦神

まくうせんじん

魔空戦神とは、アニメ『ヤマトタケル』に登場する機動兵器の名称。
目次[非表示]

概要

宇宙の破壊と支配を企む邪神ツクヨミが生きた金属を使用して制作した人型機動兵器。

かつてオーナム星系の7つの惑星を滅ぼした破壊の神『ヤマタノオロチ』の化身と云うべき存在で、各個体ごとに外見や特徴は異なるが胸部に脱出装置を兼ねた球体上のコックピットを持ち、内部の黒い球体に手を入れて操縦する点は共通している。
体内にはオロチダマと呼ばれる物がありパイロットの精神力や意思に反応して起動するため、それ次第で暴走することもある。

岩石鉱物、もしくはそれらが溶けたマグマがエネルギー源であり、経口摂取する事で補給するが、長い間エネルギーを補給しないと休眠する。この補給は二次的なもので、ツクヨミ陣営には補給装置が存在する。

一定期間を迎えると昆虫と同様にを作り、脱皮する事で第二、第三の形態へとパワーアップする。サイズは個体差があるが、基本的に第一形態は15m、第二形態は20m、第三形態は30m。最終段階で容姿や体色すら変わる。

本来はスサノオ以外は回収され、8人の魔空戦士に宛がわれた(これらの挿話はCDドラマで判明している)。ガイオウはスサノオに内包するオロチダマを移植された戦神で、双子でもあり本来の破壊神スサノオとも云える存在である。

アマノシラトリと合体する事で超魔空戦神へとパワーアップが可能。

一覧

名称武器操縦者モチーフ
スサノオ剣、盾タケルハニワ
タマノオ剣、盾アマツミ→カオン(オト)勾玉
ツキノオハヤミカ三日月
カゼノオキリオミ
シシノオ青龍刀キリュウ
トキノオクシナダ
アラノオオウカ
シュラノオ鍵爪アモン「ミカヅチ」
ガイオウミカヅチ、オト


関連タグ

ヤマトタケル

pixivに投稿された作品 pixivで「魔空戦神」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1325

コメント