ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ドラマCD『大冥界』に登場。「超常奇跡ロボ」との肩書きに加え、ゼオライマー以外の八卦ロボが合体したという設定や、「立体の暴力と言われるほどの凄まじい外見」という解説が付加されていた。


外部出演

のちに『スーパーロボット大戦J』に出演。

鉄甲龍の首魁・幽羅帝の乗機として登場し、ゼオライマーと主人公たちを迎え撃つ。

設定通り、八卦ロボ全ての機能を有するが、唯一ゼオライマーの次元連結システムだけは木原マサキの差し金もあって再現できず、メイオウ攻撃を始めとしたゼオライマーの武装は使用できない。

そのため最強武装は雷のオムザックの「プロトンサンダー」で代用される。

そして外観も、設定に違わずゼオライマーをより突起部分を長大化させて翼と尻尾を生やしたような、独特のフォルムをしている。


なお条件を満たして隠し要素を出すと、幽羅帝がハウドラゴンではなくグレートゼオライマーに搭乗するため、出番そもそもが無くなってしまう。

ちなみにグレードゼオライマーのプレイヤーユニットとして入手経路は、「大破したゼオライマーにハウドラゴンのパーツを使って修復&強化の末に誕生」したとなっており、ハウドラゴン自体は建造されていたか、グレートゼオライマーの完成で建造が中止されていた可能性が示唆されている。



さらに『機動戦隊アイアンサーガ』にもゲスト参戦。

超改造で「鉄甲龍」と機体名が変わり、参戦した全八卦ロボ中でも最高クラスの防御性を誇るようになる。また多重属性持ちで、相手の若手を突きやすいのも利点。

遠距離チャージ攻撃が多いため、無策で攻撃を繰り出していると懐に入られワンサイドゲームにされるため、武器のチャージ時間や隙を埋める対策が必要となる。




関連タグ

冥王計画ゼオライマー

八卦ロボ ラスボス 未完成

全部乗せ

関連記事

親記事

冥王計画ゼオライマー ぷろじぇくとぜおらいまー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2377

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました