ピクシブ百科事典

魔空戦神ガイオウ

まくうせんじんがいおう

アニメ『ヤマトタケル』に登場する機動兵器。
目次[非表示]

概要

スサノオが第二形態に進化した際に体から抜け落ちたオロチダマをツクヨミが回収し、新たに製造した魔空戦神
パイロットはミカヅチ。第三形態。

スサノオの兄弟機と言える機体で、この機体のみコックピットが胸部に露出しておらず操縦桿である球体の形も違う。
オロチダマの影響で体内にはヤマタノオロチの邪悪な意思が宿っており、その内部に取り込んだミカヅチを悪の心に染め上げ、彼のツクヨミ軍団からの離反を招いた。
背中に背負っているトライデントや拳から発射するエネルギー弾、敵のエネルギー吸収能力が武器。だが戦闘力はタマノオシュラノオと互角程度と抜きんでて強い訳ではない。それでも最強と言われているシュラノオを大気圏外にまで吹き飛ばすほど並み以上のパワーは持っている。

超魔空戦神ガイオウ

ガイオウが悪の手に落ちたアマノシラトリと合体する事で完成するパワーアップ形態。
機体各所にアマノシラトリのパーツが追加されているほか、頭部にある兜の形状も変わっている。

ミカヅチとオロチの呪いを受けたオト・タチバナの二人が搭乗し、シシノオトキノオを圧倒し、シシノオのコックピットを抉りだして大破させた。
最終決戦ではツクヨミとも互角に渡り合い、オロチダマの力でヤマタノオロチを復活させその力を手にしようとしたものの、あまりにも強すぎるヤマタノオロチの力に逆に飲み込まれ、アマノシラトリ諸共爆散した。

関連タグ

魔空戦神

pixivに投稿された作品 pixivで「魔空戦神ガイオウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47

コメント