ピクシブ百科事典

F91

えふきゅうじゅういち

F91とは映画「機動戦士ガンダムF91」に登場するモビルスーツ。同作の主役機である。
目次[非表示]

解説

地球連邦に属する公的団体たる海軍戦略研究所「サナリィ」が、「フォーミュラ計画」に基づき開発した試作型小型モビルスーツ
主なパイロットはベルフ・スクレット、シーブック・アノー

それまで連邦系MSの生産を一手に担ってきたアナハイム・エレクトロニクス製のガンダムとは系統が異なる機体である為、形式番号に「RX」ナンバーを持たず、「F91」のコードネームはフォーミュラ計画の高性能試作機(9のナンバーは高性能機である事を示す)の1番機である事を意味する。
なお、本来「ガンダム」タイプとして開発された機体ではないが「ガンダムF91」と呼ばれる事もある。これは、機体デザインがガンダムに似ていたためにスペース・アークにて「ガンダム」と名付けられた事に由来する(同様の事例は第一次ネオ・ジオン抗争後に運用されたグリンブルスティ等が挙げられる)。

同じくサナリィが開発した小型モビルスーツである「F90」シリーズのノウハウを昇華させ、「現時点でのモビルスーツの限界性能の達成」を目指して建造したハイスペック・モデルであり、特にヴェスバーを装備したF90Vタイプの機体特性を強く受け継いでいる。
バイオ・コンピュータヴェスバーといった様々な最新技術が惜しみなく投入されているが、その性能を発揮出来るのは過去にニュータイプと呼ばれた者に限られると言われている。

過去のモビルスーツが恐竜的進化を進め、そのサイズを大型化させつつ機能を多様化させていったのに対して全長が15メートルと小型化されているのが特徴であり、分類上は「第二期モビルスーツ」にカテゴライズされる(第一世代MSであるRX-78ザク等がおおよそ18メートル。そこから恐竜的進化を極めた第五世代機であるΞガンダム等はおよそ30メートルにまで巨大化している)。
この小型モビルスーツ路線は、長い期間大きな紛争・戦争の無い平穏が続いた中で大型・多機能化が進んだモビルスーツの機体維持費が地球連邦軍の予算を圧迫するようになった事を受けてサナリィが打ち立てたものであり、同時期に運用されたヘビーガンGキャノンなどもこのコンセプトを元に開発されている。
ダウンサイジングの為に様々な試みが成されており、サイコフレームの派生技術である「マルチプル・コントラクション・アーマー(MCA)」の採用により、装甲やフレーム自体に電子機器としての機能を付与している。
更に新型の熱核反応炉の採用によって出力を維持したまま機体軽量化に成功しており、機動性は従来のMSを凌駕し、その基本性能は同時期の小型MSであるクロスボーン・バンガードのデナン・タイプをも上回っている。

第2次オールズモビル戦役に於いてベルフ・スクレット少尉の乗機として運用された後、フロンティアⅡへと運び込まれ、紆余曲折を経てシーブック・アノーの乗機としてコスモ・バビロニア戦争にて活躍した。
なお、第2次オールズモビル戦役時にはバイオ・コンピュータが未完成であった為、教育型コンピュータを搭載して運用されており、フロンティア・サイドに運び込まれた際にバイオ・コンピュータに換装され、本来の意味で完成を見ている。

バイオ・コンピュータ

F91のメインコンピュータとして搭載された新世代型コンピュータ。
生物細胞のデータや有機材料が使用されており、非ニュータイプ・パイロットでもリスク無しで使用できる次世代サイコミュの雛形として開発されたデバイスだが、元々は障害者補助のためのインターフェイスとして研究されていた福祉用の技術を軍事転用したものである。
多数のフェイルセーフやMCAが複雑に複合した構成を持つ機体を統括するのに最適として採用された。

パイロットの脳内電気信号によって機体とパイロットを相互リンクさせる機能を持ち、思考をダイレクトに操縦に反映できる他、機体のカメラや各センサーが収集した情報を思考イメージとしてパイロットに伝達することで、周辺の状況をより鋭敏かつ感覚的に認識させることが可能となる。
また、パイロットの技量や負担を分析して同調率や機体リミッターの調整、戦術判断の提案といったコントロールも行う。特にF91が最大稼働モードに移行して限界性能を発揮した際にパイロットに齎される負荷は常人には到底耐えられるものではなかったため、通常稼働時にはパイロットに負担がかからない程度にまでリミッターがかけられ、パイロットの技量と耐久力に比例してバイオ・コンピュータの判断によって順次リミッターを開放していくという措置が取られている。

バイオ・コンピュータ自体はあくまでもパイロット保護と操縦補助のための機体管制デバイスに過ぎないが、F91の物はサイコミュの増幅器として実験的にコクピット周辺に搭載されたサイコフレーム及びバイオセンサーと連動するシステムとして完成している。
バイオ・コンピュータと従来のサイコミュ・デバイスとの併用は例が無かったため、そのポテンシャルについては未知数であり、劇中ではシステムがシーブックの記憶や感情の領域にまで踏み込んだ介入を行う描写も見られた。また、終盤では宇宙に放り出されたセシリー・フェアチャイルドを捜索するためにシステムを調整して機体そのものを高感度サイコミュ・アンテナとして利用している。

有機材料を使用していることから通常のコンピュータと比しても非常に過熱に弱いという欠点があり、そのためF91には機体各部の放熱フィンを始めとして様々な冷却機構が設けられているが、偶然にもこれが結果的に質量を持った残像という特殊な現象を引き起こすことに繋がった。

開発者であるモニカ・アノー博士の独自の感覚によって設計されており、特にコンピュータ・シナプスについてはあやとりを応用した配線がなされている。そのため、モニカ博士の口頭説明ビデオ以外に正規の整備マニュアルが存在せず、あやとりの知識の無かったスペース・アークの技術者達には彼女の子供であるシーブックとリィズ達が来るまでメンテナンスも起動もできなかった。

武装

頭部バルカン砲

頭部に搭載されている近接戦闘用機関砲。主に牽制や威嚇を想定している。
バルカンポッドによって外装式となっているジェガンなどとは違い、頭部に直に搭載されている。

メガ・マシン・キャノン

胸部に二門装備されている大型機関砲。
頭部バルカン以上の威力を持ち、接近戦で用いた際には敵モビルスーツの撃破も可能。

ビーム・サーベル

左腰に2本格納されているビームの剣。
同世代の標準的なサーベルと同等の内部ユニットを使用しつつ性能が強化されている。
ビーム刃部の生成をある程度任意に変更する事が可能であり、ジェガンと同様のアイドリング・リミッター的な運用のほか、ビーム刃の長さを変更させる事も出来る。
また、手首を回転させて運用する事で簡易ビーム・シールドとして使用する事も可能。

ビーム・ライフル

15メートル級に最適化された、F91の携行武装。コンパクトな設計ではあるが従来の大型MS用のビームライフルと同等以上の性能を持つ。
出力調整機能を有しており、通常のビームの他、ビーム・マシンガンのように連射にも対応している。

ビーム・シールド

ビーム・サーベルと同等のビームを膜状に展開する攻防一体装備。
F91の物は非使用時は左前腕に半埋め込み状態で収納され、使用時に内部アームで展開するようになっている。通常の実体シールドと違い不使用時にデッドウェイトにならず、実弾・ビーム兵装問わず無力化する。ビームサーベル収納位置の反対の右サイドスカートに予備のデバイスを装備しており、本体から離れてもビームを展開し続ける機能を用いて投擲武器としても使用可能となっている。

ヴェスバー(V.S.B.R.)

可変速ビーム・ライフル(=Variable Speed Beam Rifle)。
低速で高威力のビームから、高速で貫通力の高いビームまでを無断階で撃ち分けられる装備。
F91の装備している物はF90Vタイプの運用試験データを基に改良を施した物でF90Vでは単純なクランクアーム接続だった物から「接続部をレールに配置しレールをバックパックから脇の下を通す形で配する」事で射撃体勢への移行をより素早く行える様にしておりまた大容量メガコンデンサを内蔵し接続部に分離機構を設ける事で機体から取り外しての運用も可能。

コスモ・バビロニア戦争序盤でクロスボーン・バンガードの機体が用いるビームシールドを突破出来た数少ない装備であるが、それ故にこの装備を実際に使用したシーブックは、その様子をして「強力過ぎる」と言わしめている。また内部構造や詳細なシステムはブラックボックス化されている程の最先端新機軸技術の塊であった為サナリィ自身もある程度は開発失敗を見据えており、後述の代替仕様のビームガトリングガン仕様も併せて開発している。

ビーム・ランチャー

パルス状のビームを砲弾に見立てランチャーと呼ばれる大出力ビーム砲。一年戦争時から存在するビーム・バズーカの発展形にあたる。
砲身後部にEパックを有し、非使用時には腰部ラッチにマウントされる。

質量を持った残像

F91に搭載されたバイオコンピュータが最大稼働にパイロットが耐えられると判断した場合、機体のリミッターが解除され最大稼働状態へ移行する。
この状態になると肩部冷却フィンが展開し、必要に応じ頭部フェイスガードが開き冷却触媒を排出する。しかし、それでも機体冷却が追いつかない場合、熱を帯びた機体の装甲表面(塗装又はコーティングとする説もある)が剥落するMEPE(Metal Peel-off effect、金属剥離効果)という現象を発生させて装甲そのものに強制冷却を行わせることになる。
この効果の副作用として、F91のシルエットをかたどったまま剥がれた金属粒子を敵機のセンサーがF91の機体そのものと誤認し、コクピットのモニターにF91の姿を映し出してしまう(MSの全天周モニターに映るのは実際の映像ではなくCG加工されたものである)。
結果、敵パイロットからはあたかもF91が分身をしているように見える

これはあくまでも想定外の副作用であり当初から意図されたものではないが、実戦での撹乱効果は絶大であり、殊にラフレシアのような外部情報をセンサーに大きく依存する操縦系を持った機体にとっては致命的となる。
ただしラフレシアは戦闘機などと同じ透過素材のキャノピーを採用していたため、パイロットであるカロッゾは漠然とではあるが何が起きているかを理解していたようであり、それ故に「質量を持った残像だというのか」との発言を残すことになる。

なお後述の量産型F91については本体冷却系の強化によりM.E.P.Eによる強制冷却を行わなくても最大稼働状態を維持することが可能となっているため、基本的にこの現象は起きないようになっている。

バリエーション

F91パワードウェポンタイプ

ヴェスバーが開発失敗した場合を想定して用意されていた代替兵装を装備したF91。
この武装ユニットはスライド式のビーム・ガトリングガンと4基の対艦ミサイルランチャーで構成されており、ヴェスバーと比較して面制圧能力に秀でるが、純粋な武装の威力面ではヴェスバーに劣るものとなっている。
一方で、肩アーマーへのアポジモーターの増設が行われており、機動性の向上が行われている。

F91ツインヴェスバータイプ

補助スラスターを内蔵した改良型ヴェスバーを追加装備した強化形態。
合計4基のヴェスバーを運用する為、ジェネレーターにも改良が施されており、その余剰出力を用いて両腕にビーム・シールドを装備。これらの改良によって攻・速・防全てのステータスが強化されている。
ヴェスバー非使用時はH字状、もしくは二重のハの字状の二種類の収納形態を採る。

量産型F91

コスモ・バビロニア戦争後、量産体制に移行したF91。
詳細は量産型F91を参照。

シルエットガンダム

アナハイム・エレクトロニクスが盗用したF91のデータを基に開発した実験機。
詳細はシルエットガンダムを参照。

ビギナ・ゼラ

ブッホ・コンツェルンがアナハイム・エレクトロニクスから入手したF91のデータを基に開発した実験機。

ガンダムF91RR

ガンダムトライエイジに登場するオリジナル機体。
小型モビルスーツたるF91に、新開発のグローアップ・ユニットを組み込んだ総合重装仕様機。
フルアーマーガンダムのように機体に装甲を着せるのではなく、四肢の末端や関節部に対する根本的な機能付加を行う形で機体が強化されており(このためフルアーマーとは違い任意に装備の排除ができなくなっている)、機体性能こそ向上しているものの、その改修プランは機体の体格を従来の大型機路線へ引き戻すという本末転倒な物となっており、これは小型機路線への変革を良しとしない連邦軍一部高官の意向が働いた結果生まれたプランであるとされている。
追加武装として両手両足にヴェスバーと大型ビーム・シールドを備えている事が挙げられ、更に肩関節部には白兵戦に対応可能なヴェスバー・サーベルを装備する。

ガンダムF91イマジン

ガンダムビルドファイターズ及びガンダムビルドファイターズAに登場するガンプラ
詳細はガンダムF91イマジンを参照。

ゲーム作品での活躍

ガンダムvsガンダムシリーズ

ガンダムvsガンダムガンダムvsガンダムNEXT

コスト帯2000枠にて登場。
ビームライフル、ビームランチャー、ビームサーベルを利用した格闘を持つビームライフルモードと、強制ダウン属性のヴェスバーをメインとし格闘が出来ないヴェスバーモードを切り替える換装機。
性能も武装も優秀で、格闘戦から砲撃戦までこなせる万能機。さらに小柄かつ高い運動性能を持つ。
ただし耐久力がコスト帯標準より低いのが最大の弱点。
一定時間誘導切り状態(この機体の演出で言うとステップやブーストダッシュの開始時などに残像が出現して、短時間だが、残像に攻撃が向かうようになる)MEPEという切り札を持つが、MEPE発動中に被弾すると被ダメージが2倍になる。
万能機であるが耐久値・換装・MEPEの要素により少々敷居が高め。
なお、ガンダムvsガンダムは7強といわれる機体の所為でバランスが悪いため、あまり使われることはない。

余談だが、ガンダムvsガンダムで1人用CPU戦においてCPU僚機として登場した場合、あっさり落とされて味方の戦力ゲージを消費していくことが多い。
低耐久力な上、「回避」に設定していてもMEPE発動→2倍のダメージで勝手に大ダメージを受けるためである。
下手をすると1000コストの機体より役に立たないことも。
NEXTではMEPEの仕様変更もあり、こういうことはなくなった。

ガンダムvsガンダム EXTREME V.S.

コスト2000、高機動、豊富な射撃武器などNEXTまでと基本は同じだが、換装が無くなり武装が一本化された。
豊富で扱いやすい射撃兵器と使い勝手のいい格闘攻撃。それらに加え軽快な機動力を持ち合わせ、攻撃面においては同コスト内ではトップクラス。
しかし耐久力は同コスト帯中最低であり、誘導切り状態になるM.P.E.P.中にうっかり被弾すると、被ダメージが1.5倍になるので正確な操作を求められるテクニカル機体。

Gジェネシリーズ

テンション(スパロボで言う気力に近い)が超強気になるまでは、射撃攻撃がすべてBEAM属性なので、Iフィールド持ちには格闘攻撃を仕掛けるしかなく爆発力に欠ける。
しかしそれらに耐え、超強気になると最大稼動状態になるのでIフィールドを貫通する(それでも与えられるダメージはかなり減る)ヴェスバーが解禁となり、それまでの鬱憤を晴らすかのような爆発力を手に入れる。
また最大稼動状態ではパイロットの能力に上方補正を加えるバイオコンピューターが発動され、命中率などが強化される。
クロスボーンガンダムのハリソン・マディンを搭乗させると、専用機となり最大稼動状態にはならなくなるが、常時ヴェスバーが使用可能となる。
「オーバーワールド」にて大幅な変更が加えられ、超強気状態で発動した最大稼働モードが削除。代わりに劇中で見せた、「質量のある残像」は「M.P.E.P.」として、特殊攻撃となった。
使用すると、10のテンション低下というデメリットこそ有るものの、攻撃が当たればテンションが20上がるので差し引き10のテンションアップとなるので、さしたるデメリットではない。
それどころか特殊攻撃を搭載したことにより、これまで苦手としていたIフィールド持ちに対しても大ダメージを与えやすくなった。
また最大稼働モードの削除により、バイオコンピューターの常時発動・ヴェスバーの常時使用可と言う変更も加えられている。
また、前作ではハリソン・マディンを搭乗させないと使用出来なかった量産型F91が、F91からの「開発」で入手可能となった。
量産型と銘打っているものの、性能や開発コストはF91そのものと完全に同一。


ガンプラ

俗に旧キットと称される1/100スケールキットが放映当初の1991年に発売。
その後マスターグレードにて2006年に発売。
そして放映から22年の時を経て2013年12月にHGUCシリーズで発売されることとなった。なお、ハリソン専用機も同じくHGUCで登場する。

関連イラスト

F91的な~


F91ハリソン機



関連項目

機動戦士ガンダムF91
シーブック・アノー

pixivに投稿された作品 pixivで「F91」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 904095

コメント