2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

フルアーマーガンダム

ふるあーまーがんだむ

フルアーマーガンダムは、メカニックデザイン企画『MSV』(モビルスーツバリエーション)に登場するモビルスーツ(MS)。
目次[非表示]

機体データ

型式番号FA-78-1
所属地球連邦軍
開発地球連邦軍
生産形態試作機
頭頂高18.0m
本体重量62.5t
出力1,380kW
推力60,500kg
装甲材質ルナ・チタニウム合金
固定武装60mmバルカン砲×2、360mmロケット砲、ミサイル・ベイ×4、ビーム・サーベル×2
携行武装2連装ビーム・ライフル


概要

フルアーマーガンダムは、模型企画『MSV』に登場した地球連邦軍モビルスーツ(MS)である。
型式番号FA-78-1

FSWS計画に則り、RX-78ガンダムに簡易増加装甲、追加武器、補助推進装置を装備させた機体。
追加装備によって自重は増加したものの、補助推進によって機動性は損なわれていない。
フルアーマーガンダム1機で戦艦1隻と同等の火力、またはコストが掛かっているという説もある。
一説にはニュータイプ部隊による集中運用も計画されていたが、そのハイスペックから量産計画は難航したと言われている。

武装はガンダム本来の60mmバルカン砲に加え2連装ビーム・ライフル、ミサイル・ベイ、360mmロケット砲。オプションとしてビーム・サーベルも装備する。
ゲーム作品などではビーム・サーベルやバルカンを持たない機体(或いはそもそも使えない仕様)に位置づけられている場合が多く、火力重視の中距離戦用機という設定になっている場合もある。
また、支援兵器であるバストライナーを運用するケースもあった。

一年戦争において、ソロモン12月24日のサイド6リボーコロニー沖におけるジオン核攻撃部隊阻止ア・バオア・クーでの目撃・交戦の証言があり、またハインツ・ベア中尉が本機に搭乗しMS37機、艦艇2隻を撃沈し、連邦軍7位のスコアを残している。
しかし本機が実際に作られたかどうかについては確定しておらず、その存在を疑問視する声も少なからずある。

バリエーション・関連機体

ヘビーガンダムなどはFSWS計画を参照。

フルアーマーガンダム(タイプB)

FA-78-1B FA Gundam Type B


形式番号FA-78-1B
雑誌企画『MSV-R』に登場。
G-3ガンダムをベース機とし、単機で中規模艦隊と互角以上の戦闘を可能とする機体として計画された機体。
通常機と比べ増設されたジェネレーターに改良を加えており、エネルギー伝導率を最適化。点射・連射・バースト可能な三連装ビームライフル、22連装の大型ミサイルランチャーなどが追加され、左腕部増加装甲にビーム・サーベルが2本収納されている。
その時代を卓越した爆撃性能のために実在が疑われ、実機は存在しなかったとも言われている。
後のU.C.0090年に行われたFSSの第二次MSV調査によって機体データがサルベージされ、ルナツーでシミュレーション上での評価試験が行なわれたが、それまでは完全に表舞台に出ることはなかった。
漫画『機動戦士ガンダム バンディエラ』では実機不在と見られていたタイプBが宇宙世紀0079年の地上キャリフォルニア・ベースで実戦投入されていたことが判明する(但し、一部隊による独断という開発経緯や劇中の描写や展開などから、軍の記録に残されていない可能性が高い)。
パイロットは元サッカー選手のシモン・バラ伍長。元々は第226師団北米支部のハッティ・ドルングス大尉が搭乗する予定だった。
武装は三連装ビームライフルが未装備の代わりに、スパイクシールド(形状はジム・ストライカーの物に酷似しているがガンダムシールド並みに大きい)を携行している。
ミデアから降下したジム・ナイトシーカーと共にジオンのパレードを強襲、迎撃してきたグフを両断するとマゼラアタックを踏みつけて破壊した。また、作戦のターゲットであったユーリー・コーベルのザクⅡとの戦闘では、左足の膝にヒートホークの投函攻撃を受けピンチに陥るシーンもあったが、ガンダムの圧倒的パワーで徐々に形勢逆転し最後は腕部のビーム・サーベルで止めを刺している。
第42話では、武装を腕部ビームサーベルから三連装ビームライフルに換装し、ア・バオア・クー攻略のためジム・インターセプトカスタム3機と編成を組みトラファルガー級宇宙空母に搭載されて地球を出発した。
しかし月軌道を通り過ぎる前にグラナダから発進したジオン軍のレプス隊の新型MSレプスの待ち伏せに合い、迎撃のため出撃したフルアーマーガンダム(タイプB)はレプスを駆るユーリー・コーベルと再び戦うことになる。

フルアーマーガンダム陸戦タイプ

FA-78 (G) Full Armor Ground Type


形式番号FA-78[G]
『MSV-R』に登場。同企画の最終回(Vol.52)を飾った機体。
陸戦部隊の上級士官からの要望に伴い、同機の設計データを転用しRX-78-1を基に設計された地上限定機。構想上、陸戦用であるために重量55%にまで削ぎ落とされた代わり、装甲面積が相応に減っている。
さらに設計上のFA-78-1と比較して火力はやや低いが、それですらジオン地上軍の殲滅には過分だったとも言われている。
本仕様は緑色の迷彩パターン、白色の寒冷地仕様など複数のタイプが検討されシミュレーションも作成されたが、正式採用されることはなかった。

フルアーマー・ガンナーガンダム

型式番号不明。
漫画『機動戦士ガンダム MSV-R 宇宙世紀英雄伝説 虹霓のシン・マツナガ』に登場。
フルアーマーガンダムを丸ごと1機用意し、その機体の各部装甲やバックパック、武装を変更する形でガンナーガンダムを再現した機体。
詳細はフルアーマー・ガンナーガンダムを参照。

デルフィニウム

形式番号TRX-007
漫画『機動戦士ガンダム ヴァルプルギス』に登場。
宇宙世紀0083年のデラーズ紛争後に開発され地球連邦軍極秘機関"嵐(あらし)"に配備されていた試作戦略兵器。フルアーマーガンダムをコアMSとする。
詳細はデルフィニウム(MS)を参照。

フルアーマーガンダム(ムーア同胞団配属機)

型式番号FA-78
漫画『機動戦士ガンダム サンダーボルト』に登場。
一年戦争終盤、宇宙要塞ア・バオア・クーへのジオンの重要な補給線である「サンダーボルト宙域」に投入された。試験的な装備が数多く導入されており、そのため通常のフルアーマーガンダムとはシルエットが大きく異なっている。
1/144と1/100MG Ver.kaでプラモデルが発売され、MGキットは初代キット同様に装甲排除が可能となっている。
詳細はフルアーマーガンダム(サンダーボルト)を参照。

ガンダムアーマードタイプ

型式番号不明。
ガンプラ「マイクロガンダム」で設定された機体。
フルアーマーガンダムから胸部と脚部のアーマーをオミットした軽装仕様。武装などは、脚部のミサイル・ベイが省かれた以外はフルアーマーガンダムに準じている。
「ガンダムヘビータイプ」や「ガンダムディザートタイプ」といったバリエーションも存在するが、アーマードタイプからの変更点は塗装を除き不明。

Gベース

型式番号不明。
ガンプラ「SDガンダム BB戦士」で設定された機体。
フルアーマーガンダムの支援メカとして開発された機体で、ベースパーツと機首パーツの2つの部位から構成される。
フルアーマーガンダムの武装・増加装甲を装着することで「Gベース フルアーマーVer.」と呼ばれる形態を取ることが可能な他、Gキャリアーと合体する機能も有している。

デザインの由来

元々はプラモデル然としたパーフェクトガンダムをミリタリー色の強いMSVに似合う形にリデザインした機体。
後に、『プラモ狂四郎』本編に青系にカラーリングされたフルアーマーガンダムが「パーフェクトガンダム2号機」として逆輸入されている(それでも当時のボンボンKCで登場した巻の第5巻の表紙や裏表紙では、緑色主体のカラーリングで登場していたが)。
(ただし作中初登場時は『ガンダム増加ウェポンシステム』と呼称され、フルアーマーガンダムと呼ばれるのは2度目の登場から)
さらに、この青色のフルアーマーガンダムは雑誌企画『MS-X』にてバストライナーを操る機体として宇宙世紀に再度逆輸入されている。

立体物

ガンプラ

MSV旧キットでは1/601/1001/144が発売され、増加装甲なしで組めるのは1/100のみ、すべてのスケールでビームサーベルは付属しない。
2010年6月発売のMGガンダムVer,2.0流用のMG1/100キットでは腰後部にジム・コマンド同様のサーベルコネクターを設定し、装備が可能になっている(同時に増加装甲排除も可能。ただし装甲固定用の「ゲルシート」の評判は芳しくないとされる)。
MGではプレミアムバンダイ限定でブルーカラーバージョンも販売されている。

ガンプラ(SD)

元祖SDガンダムではパーフェクトガンダムとフルアーマーガンダムの着脱セットとして登場。但し、基本パーフェクトガンダムなのでフルアーマーガンダムの装甲を付けた時は緑色の装甲が浮いている。
BB戦士ではパーフェクトガンダム対応のガレージキットパーツがB-CLUBで発売された後、単体でGFFリファインデザイン基準の物が発売されている。

フィギュア

2001年にGFF第一弾でカトキハジメデザインの物が発売。MSV準拠ながら大型化した連装ビームライフルに左シールドに予備のバレルが装着されているデザインなど独自の印象を与える。これらは後に発売されたBB戦士にも影響を与えている。
後に出たMSinアクションROBOT魂ではMSV準拠のデザインになっている。

ガシャポン

SDガンダムフルカラーシリーズにてラインナップ。カラーリングは、プラモ狂四朗にて登場したブルーver。

ゲーム

機動戦士ガンダム スピリッツオブジオン

『修羅の双星』および続編『戦士の記憶』でステージボス機体として登場する。
パイロットはゲームオリジナルキャラクターのタカシ・キタモト(CV:北本卓士)。
戦闘の途中でアーマーの一部をパージして半脱ぎ状態になるのだが、その素体となっているガンダムは形状も塗装もプロトタイプガンダムそっくりである(おそらくプロトタイプガンダムのCGモデルをそのまま流用したのだろう)。

ガンダムバトルユニバース

地球連邦0079のミッション「光る宇宙」をSランククリアする事で入手可能な機体。
移動速度は低いが、攻撃力と防御力に優れている。
武装は2連装ビームガン(主武器1)、ミサイルポッド(主武器2)、240mmキャノン(副武器)。
他のゲーム作品では省略される事が少なくないシールドも本作品では装備している。
ビームサーベルはもっておらず、格闘はボディブロー→裏拳→裏拳の3連撃。

機動戦士ガンダムオンライン

2014年7月30日にコスト340の重撃機として実装。
全ての武装が内蔵武器になっており、武器の切り替えモーションが発生しないのが長所。
固有モジュール「実弾装甲」のおかげで実弾属性攻撃に強い。

機動戦士ガンダム バトルオペレーション2

2018年9月13日に地上・宇宙両用のコスト450機体(支援機)として実装。
なお、フルアーマーガンダム[タイプB]は2019年11月14日に地上・宇宙両用のコスト500機体(支援機)として、フルアーマーガンダム陸戦タイプは2020年1月30日に地上専用のコスト450機体(汎用機)として実装された。

Gジェネレーションシリーズ

『クロスレイズ』以外の宇宙世紀シリーズが登場する作品に登場。初代ガンダムから開発できる。フルアーマーシステムを持つため数値以上の耐久力を発揮できるが、格闘武器を持たないので、接近戦に弱いのが難点。フルアーマー系の起点となる機体で、RX-81アレックスFAパーフェクトガンダムに発展する。

スーパーロボット大戦シリーズ

『COMPACT2』『A』『GC/XO』に登場。
COMPACT2では条件を満たすと現れる、初代ガンダムを撃墜すると使用可能になる(同じく出現するシャア専用ザクは第2部で高機動型ザクとして使用可能になる)。この作品ではガンダムに戻れないが、他の作品では撃墜されてもガンダムやG-3に戻れるのが強み。『A PORTABLE』では2周目以降Gファイターも入手できる(『A』や1周目はどちらかのみ)ので、変幻自在な運用をこなせる。

関連イラスト

FULL ARMOR OPERATION!!
フルアーマーガンダム(タイプC)



関連タグ

MSV MSV-R
RX-78 FSWS計画
パーフェクトガンダム
フルアーマーガンダム(サンダーボルト)

大河原邦男 池原しげと やまと虹一

プラモ狂四郎
機動戦士ガンダムサンダーボルト

関連記事

親記事

FSWS計画 えふえすだぶりゅえすけいかく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 538518

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました