ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

FA-78-2ヘビーガンダムはMS-Xに登場する地球連邦軍のモビルスーツ
ガンダムに追加装甲を施したフルアーマーガンダムとは違い、ガンダムの本体そのものの装甲を改造して厚くした機体。
装甲の強化により生存性は向上しているが、コアブロックシステムがオミットされており、コア・ファイターによる脱出は不可能となるジレンマを抱えている。
武装は右肩にジェネレーター直結型の大型ビームキャノンを装備する他、4連装ミサイルランチャーと大型ガトリング砲が一体になった複合火器システム「フレーム・ランチャー」を装備することが可能。また、ドラムマガジン状のエネルギーCAPによって射撃可能回数が約80%増加した専用ビームライフル、命中精度を高めた専用バズーカ等の装備も確認されている。
頭部のセンサーは信頼性の高かったガンキャノンと同様のものが採用されていて、従来のデュアルセンサーではなく、バイザー状となっている。
アムロ・レイが通常のガンダムで目覚ましい戦果を挙げたことにより「別にこんな強化いらないんじゃね?」と認識されてしまい一度は開発プランが中止されたが、戦後に再開されて数機が建造され、テストが行われた。

THE ORIGIN』世界観におけるMSDでは、ほぼ設定は変わらないものの局地型ガンダム→ガンダムFSDの系譜から発展したと設定されている。
こちらでは戦時中に開発され、ソロモン戦に投入されたらしい。
なお、全体的に装甲が強化されたオリジナルに対し、MSD版は手足は(少なくとも見た目は)変化が見られず、若干スリムな印象を与えている(その代わりか、FSDと同型の折り畳み式の大型シールドを装備している)

『機動戦士ガンダム MSV戦記 ジョニー・ライデン』では一年戦争後に連邦軍のジオン共和国駐屯部隊に配備されていたが共和国を襲撃したパーフェクトザクに太刀打ちできずに撃破された。

ジョニー・ライデンの帰還』ではガワはそのまま改修されバイオセンサーが搭載された機体がゴップによってイングリッド0の機体として用意された。

ガンキャリー

ヘビーガンダム用のサポートメカとして開発された輸送機。空中と宇宙の両方で使用可能。
Gファイターの発展型だがGファイターと比べると輸送及び防御に特化した機体である。

立体化商品

完成品フィギュアとしてガンダムフィックスフィギュレーションとしてカトキハジメによるリファインされたものが発売されており、頭部差し替えでプロトタイプガンダムに装甲を装着させる形となっている。
また、ガンプラではプレミアムバンダイ限定で1/100スケールでMGでキット化されている。MS-Xプラモ化はこれが初である。
1/144スケールことHGではMSD版が通常カラー版とロールアウトカラー版がそれぞれプレミアムバンダイ限定で発売された。

なお、BB戦士では武者激闘頑駄無として登場している。

関連タグ

RX-78 MS-X MSD
フルアーマーガンダム

関連記事

親記事

RX-78 あーるえっくすななじゅうはち

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘビーガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48536

コメント