ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ヘビーガンダム

へびーがんだむ

ヘビーガンダムは、模型企画『MS-X』に登場する地球連邦軍のモビルスーツ(MS)。
目次 [非表示]

機体データ編集

型式番号FA-78-2
所属地球連邦軍
開発地球連邦軍
全高18.4m
本体重量52.2t
出力不明
推力不明
装甲材質ルナ・チタニウム合金
固定武装肩部ビーム・キャノン、ビーム・サーベル
携行武装フレーム・ランチャー、専用ビーム・ライフル、専用バズーカ、専用シールド

概要編集

型式番号FA-78-2

模型企画『MS-X』に登場。


FSWS計画に則り、RX-78ガンダムをベースに開発したモビルスーツ(MS)。ガンダムに追加装甲を施したフルアーマーガンダムとは違い、ガンダムの本体そのものの装甲を改造して厚くしている。

装甲の強化により生存性は向上しているが、コアブロックシステムがオミットされており、コア・ファイターによる脱出は不可能となるジレンマを抱えている。

武装は右肩にジェネレーター直結型の大型ビームキャノンを装備する他、4連装ミサイルランチャーと大型ガトリング砲が一体になった複合火器システム「フレーム・ランチャー」を装備することが可能。また、ドラムマガジン状のエネルギーCAPによって射撃可能回数が約80%増加した専用ビームライフル、命中精度を高めた専用バズーカ等の装備も確認されている。

頭部のセンサーは信頼性の高かったガンキャノンと同様のものが採用されていて、従来のデュアルセンサーではなく、バイザー状となっている。

アムロ・レイが通常のガンダムで目覚ましい戦果を挙げたことにより「別にこんな強化いらないんじゃね?」と認識されてしまい一度は開発プランが中止された。開発プランは戦後に再開。都合3~4機製造されたらしい。

著名なパイロットとしてはデン・バザーク大佐が知られる。


漫画『機動戦士ガンダムMSV戦記 ジョニー・ライデン』では、一年戦争後に連邦軍のジオン共和国駐屯部隊に配備されていたが、共和国を襲撃したパーフェクト・ザクに太刀打ちできずに撃破された。


漫画・アニメ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』世界観における模型企画『MSD』では、ほぼ設定は変わらないものの局地型ガンダムガンダムFSDの系譜から発展したと設定されている。

こちらでは戦時中に開発され、ソロモン戦に投入されたらしい。

なお、全体的に装甲が強化されたオリジナルに対し、『MSD』版は手足は(少なくとも見た目は)変化が見られず、若干スリムな印象を与えている(その代わりか、FSDと同型の折り畳み式の大型シールドを装備している)。


バリエーション・関連機体編集

ヘビーガンダム2号機編集

雑誌企画『MSV-R』に登場。

中止され棚上げになっていた開発計画が、戦後に再開されたため、戦後造られた機体。

再試験用の機体のため本体部に大きな変更はないが、ビーム・ライフル、バズーカ、シールドといった携行兵装が専用に準備された。カラーリングは1号機と違って黒を基調としたものに変わった。


イングリッド0仕様編集

漫画『機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還』に登場。

倉庫入りしていた2号機をゴップの依頼で強化人間イングリッド0専用へ改修した機体。

ガワはそのままだが、宇宙世紀0090年仕様に近代化改修され、更にバイオセンサーを搭載している。

最終決戦前にバイオセンサーの再調整と背部にコンテナを追加して第一次ネオ・ジオン戦争で入手したキュベレイタイプのファンネルを3基搭載した。また、本機のサイコミュシステムで遠隔操作可能にしたバストライナーも準備された。


ガンナーガンダム編集

型式番号RX-78SP

雑誌企画『MSV-R』に登場。

ガンダムに中距離支援・狙撃戦向けの装備を搭載した機体。一部の設計はヘビーガンダムのものを手直ししたものだとも言われている。

詳細はガンナーガンダムを参照。


シャトルガンダム編集

型式番号T1号(仮称コード)。

ムック『HOW TO BUILD GUNDAM WORLD 3 MOBILE SUIT Ζ GUNDAM』に登場。

一年戦争後に開発された可変MSの技術実験機。機体本体はヘビーガンダムの設計を参考にしている。

詳細はシャトルガンダムを参照。


ガンキャリー編集

『MS-X』に登場。

ヘビーガンダム用のサポートメカとして開発された輸送爆撃機。空中と宇宙の両方で使用可能。

Gファイターの発展型だが、Gファイターと比べると輸送及び防御に特化した機体である。

詳細はGファイターを参照。


立体化商品編集

完成品フィギュアとしてガンダムフィックスフィギュレーションとしてカトキハジメによるリファインされたものが発売されており、頭部差し替えでプロトタイプガンダムに装甲を装着させる形となっている。2020年2月にROBOT魂VerANIMEで一般店頭販売で商品化されている。

また、ガンプラではプレミアムバンダイ限定品として1/100スケールのMGでキット化されている。『MS-X』のプラモ化はこれが初である。

1/144スケールでは、HG THE ORIGINで『MSD』版が通常カラー版とロールアウトカラー版がそれぞれプレミアムバンダイ限定で発売された。


なお、BB戦士では『新SD戦国伝 地上最強編』にて、ヘビーガンダムをモデルにした武者激闘頑駄無が登場している。


関連タグ編集

RX-78 MS-X MSD

FSWS計画 ガンダムFSD

関連記事

親記事

FSWS計画 えふえすだぶりゅえすけいかく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 72897

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました