2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

高機動型ゲルググ

こうきどうがたげるぐぐ

MSV(モビルスーツバリエーション)に登場するジオン公国の量産型宇宙戦用MS。
目次[非表示]

概要

先行量産型のYMS-14先行量産型ゲルググやMS-14Aゲルググの背面パネルに高機動バックパック(B型バックパック)を装備した機体。
一年戦争時のジオン系量産機、そしてゲルググのバリエーション機としては最も高性能な部類に入る機体と思われる。

ジェネレーター出力を機動力へ回すために、射撃武装はあえてビーム・ライフルではなくロケット・ランチャーやジャイアント・バズといった実弾兵器を使用した(ビーム・ライフルは単に配備が間に合わなかったとする説もあり、ゲームでは普通に装備できる事がある)。
主にエースパイロットやベテラン兵が愛用し、特にエースパイロット部隊であるキマイラ隊にはこれ以外に11機分のB型バックパックが支給され、C型バックパックと併用して使用された。

主なパイロットはジョニー・ライデンエリク・ブランケユーマ・ライトニングヘルベルト・フォン・カスペンヴィンセント・グライスナーガルド・クレイズなど。

一年戦争後に於いても複数勢力によって運用された例が確認されており、水天の涙作戦の折にエリクが運用した機体はデラーズ・フリートより譲渡された機体である。
また、サイド4を拠点とする残党組織「ファラク」が本機を複数運用している。同組織の機体は白地に蛇の鱗を模した意匠を全身に纏っており、部隊章も相俟って「白蛇」の仇名で呼ばれている(このうち1機は、とある宇宙海賊との戦いで右腕を破壊され、ズゴックEの右腕を代替として装着したアシンメトリーな形状となっている)。
なお、ゲルググへのこだわりを持っていたユーマは戦後もゲルググを運用するにあたりアナハイム・エレクトロニクス社製の連邦系の技術・資材によって、開発され高度な改修をした機体を使っており、その性能は宇宙世紀0090年の現用機と同等以上の性能を持つ。かつてシャアがクワトロとなったのと同じ「裏ワザ」を用いて、連邦軍へとなって横領した連邦の部材を使用して、機体の補給やメンテナンスや修理が行われている。加えてユーマのリクエストによってジョニーのためにアナハイム・エレクトロニクス社が宇宙世紀0090年代の最新鋭の技術と最高の機材でライデン機を再建造しており、外見は一年戦争時の機体と殆ど同じ外見である。

バリエーション

高機動型ゲルググ ジョニー・ライデン専用機

キマイラ隊のジョニー・ライデンの高機動型ゲルググ。先行量産型ゲルググにB型パックを装備したもので、高機動型ゲルググの第1号機にあたる。

高機動型ゲルググ シン・マツナガ専用機

シン・マツナガ専用カラーに塗られた高機動型ゲルググ。しかし、シン・マツナガが高機動型ゲルググに搭乗した記録はなく、MSV-Rではマツナガ機はゲルググJであるとされている。本機は『ギレンの野望』シリーズに代表されるゲーム作品でのif機体であると言ってよく、ほかの高機動型ゲルググとどのような差違があるのかは不明。

高機動型ゲルググ ユーマ・ライトニング専用機

キマイラ隊のユーマ・ライトニングの高機動型ゲルググ。MS-14C-1Aと同型の高機動ランドセルと脚部の増設コンフォーマルタンクを装備する他、独自の形状の頭部を有する。

高機動型ゲルググ ヘルベルト・フォン・カスペン専用機

ヘルベルト・フォン・カスペンの高機動型ゲルググ。バックパックの仕様が一部簡略化された簡易型であるとされる。

高機動型ゲルググ R型

脚部装甲を排除し、稼働時間の短縮と引き換えに更なる機動性の向上を行った改修が施された高機動型ゲルググのカスタム機。
一年戦争時は4機改修され、キマイラ隊はア・バオア・クー戦に於いて3機を運用している。残り1機はライデンの計らいによって予備機がマルコシアス隊に配備されヴィンセントが搭乗している。

関連項目

MSV MSV-R
ゲルググ
ゲルググキャノン

関連記事

親記事

ゲルググ げるぐぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「高機動型ゲルググ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25655

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました